映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマの紹介、教育

【はてなブログ】ブログカード(過去記事リンク)を,本文直下にベタ貼りすべきでない2つの理由とは?

スポンサーリンク

【はてなブログ】ブログカード(過去記事リンク)を,本文直下にベタ貼りすべきでない2つの理由とは?

ブログを訪問してくれた人に、たくさんの記事を読んでほしい。少しでもアクセス数を増やしたい。ブログ運営者なら、誰でもそう思うでしょう。

でも、下記のように、記事本文の下にブログカード(=カード型の過去記事リンク)を5つも6つも貼るのは逆効果です。

 

【はてなブログ】過去記事リンクを,本文直下にベタ貼りすべきでない3つの理由とは?、ブログカード

 

このような内部リンクの貼り方はユーザビリティを損なうだけでなく、SEO的にもマイナスです。

 【はてなブログ】過去記事リンクを,本文直下にベタ貼りすべきでない2つの理由とは?

1.ブログカードの連発は、表示速度を遅くしてしまう!

はてなブログにおいて、内部リンク(=過去記事リンク)には、「ブログカード」と「テキストリンク」の2種類があります。

 

「 ブログカード」とは、カードの中にアイキャッチ画像や記事タイトル、記事の概要が詰まった埋め込み形式のリンクのことです。⇩

www.entafukuzou.com

 

 これに対して、「テキストリンク」とは、文字列だけで設定された過去記事リンクのことです。アンカーテキストとも呼びます。⇩

【はてなブログ】サイドバーに任意のおすすめ記事を表示させる方法

 

見てわかるように、 「ブログカード」には小さくアイキャッチ画像が表示されます。ということは、5つも6つも「ブログカード」で過去記事リンクを貼ると、その数だけ(縮小されているとはいえ)アイキャッチ画像を貼っていることになります。

 

アイキャッチ画像を作ったときに、ファイルサイズを縮小してはてなフォトライフ経由で画像をアップしていれば、まだ影響は少なくて済みます。

しかし、編集画面からそのまま写真や画像を投稿していた場合は、アイキャッチ画像も重たくなっています。

 (⇦ はてなの編集画面からアップすると、自動的に1,200ピクセルにリサイズされるため)

 

つまり、ファイルサイズを縮小しない状態でアイキャッチ画像を作り、「ブログカード」を連発すると、ページが“激重”になってしまうのです。

2.本当に見てほしい部分が、目に入らなくなってしまう!

 本文の直下は、記事を最後まで読んでくれたユーザーさんが、アクションを起こしやすい場所です。

だからといって、下図のようにブログパーツや内部リンク、広告をベタ貼りすると、スマホユーザーにとっては見づらいページとなってしまいます。

 

記事の本文

 

 

ブログカード①

ブログカード②

ブログカード③

アフィリエイトリンク①

アフィリエイトリンク②

ブログ村のバナー

はてなスター

ブックマーク、Facebookなどのシェアボタン

Googleアドセンスのディスプレイ広告

関連記事

 

いくらなんでも欲張りすぎです。

ブログカード、アフィリエイトリンク、ブログ村パーツ、シェアボタンは特に重いので、表示速度がかなり遅くなります

検索エンジンは、スマホユーザーが快適に利用できるサイトを評価しますので(=モバイルファースト)、SEO(エスイーオー)でもマイナス評価を受けてしまいます。

  • ブログ村のバナーをクリックしてほしい ⇨ できるだけ広告は外すべき
  • アドセンス広告をクリックしてほしい ⇨ アフィリエイトリンクは必要ない

 

本文下に貼ってよいパーツや項目は、せいぜい3つ。
そもそも、“選択肢”がありすぎると、読者さんは逆に何もクリックしてくれなくなります。

 

 

また、内部リンクは、もっとも関連性の高い位置に貼ったほうがスッキリします。

はてなブログ、過去記事リンク、テキストリンク

まとめ

はてなブログは、ただでさえWordPressサイトに比べて重めです。

2021年6月中旬からは、コアウェブバイタル(Core Web Vitals)という新たな指標が、検索のランキング要因に加わります。この中のひとつにLCP(Largest Contentful Paint)という項目があり、これまで以上にページの表示速度が重視されるようになります。

  • 画像をアップするときは、圧縮した上ではてなフォトライフから取り込む
  • アイキャッチ画像が表示される「ブログカード」は、むやみやたらと貼らない
  • 内部リンクは、もっとも関連性が高い場所に設置したほうがクリックされやすい

読者さんが快適に読めるように気を配ること、ひと手間かけることが、長い目で見ればアクセスアップにつながります。