映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

Netflix『レボリューション-米国議会に挑んだ女性たち-』感想!政治ドキュメンタリーが教えてくれたこと

スポンサーリンク

Netflix『レボリューション-米国議会に挑んだ女性たち-』感想

“いい映画”とは、これまでの自分を変えてくれる作品。新しい生き方や価値観を教えてくれる作品だと思います。

 

Netflixで見た政治ドキュメンタリー『レボリューション-米国議会に挑んだ女性たち-』は、まさにそんな映画でした。

 

Netflix『レボリューション-米国議会に挑んだ女性たち-』概要と内容

 

 『レボリューション-米国議会に挑んだ女性たち-』の概要

 

『レボリューション-米国議会に挑んだ女性たち-』は、アメリカの中間選挙に出馬した4人の女性新人議員を追った政治ドキュメンタリーです。

 

レボリューション-米国議会に挑んだ女性たち-
原題 Knock Down the House
製作国 アメリカ
配信開始 2019年
上映時間 86分
監督 レイチェル・リアース
出演 アレクサンドリア・オカシオ=コルテス

 

 クラウドファンディングで資金を集め、サンダンス映画祭で観客賞を受賞。動画配信サービスのNetflixで配信されています。

 

www.netflix.com

 

 

『レボリューション-米国議会に挑んだ女性たち-』の内容

 

 アレクサンドリア・オカシオ=コルテスは、ニューヨークの労働者階級。大学を卒業していますが、ウェイトレスとバーテンダーをしながら生計を立てています。

 

彼女は、2018年の下院議員選挙に立候補することを決めます。彼女の選挙区には、クローリー議員がいます。14年ものあいだ、対立候補のいなかった大物議員で、金融機関や製薬会社から多額の寄付金を受けています。

 

政治経験も資金もないオカシオ=コルテスは、無謀な選挙に挑みますが・・・

 

 

感想:政治ドキュメンタリー『レボリューション-米国議会に挑んだ女性たち-』が教えてくれたこと

 

選挙に立候補した4人の女性たちは、みな労働者階級。ウェイトレスや看護師など雇われの身であって、経営者ではありません。

 

ウェストバージニア州のポーラ・スウェアレンジンは、炭鉱夫の娘です。鉱業会社が水を汚染したせいで、炭鉱夫たちが癌で倒れてゆくのを見ています。

 

ネバダ州のエイミー・ヴィレラは、看護師。医療保険に加入していなかった娘が搬送されたとき、病院から検査を拒否され、娘を失っています。

 

 

みな、パーソナルな理由が原動力となって、立候補しています。当選するかどうかより、「世の中を変えたい」「自分が捨て石となっても、後に続く人が出てくれればいい」という思いで、行動を起こしています。

 

 

“お金や能力がそろってなくても、行動したっていい。一歩ふみ出そう!”

 

この作品が投げかけるメッセージは、政治に興味がない人にも響くと思います。

 

今日できることを明日に伸ばすタイプの私にも、突き刺さりました。よし、今日できることは、せめて今日の夜やろう!