映画ときどき海外ドラマ

映画の紹介と、雑学

NHKのBSで放送!映画『知りすぎていた男』あらすじ!ヒッチコックによる“巻き込まれ型サスペンス”の傑作

スポンサーリンク

NHKのBSで放送!映画『知りすぎていた男』あらすじ!ヒッチコックによる“巻き込まれ型サスペンス”の傑作

サスペンスの巨匠ヒッチコック後期の傑作『知りすぎていた男』が、NHKのBSでテレビ放送されます。

この記事では、映画『知りすぎていた男』のあらすじをご紹介。また、名曲ケ・セラ・セラやリメイク元となった映画、ヒッチコックのカメオ出演など、本作にまつわる情報をまとめました。

※なお、なるべくネタバレはしません。

 

映画『知りすぎていた男』NHKでの放送時間は? リメイク元の『暗殺者の家』とは?

 『知りすぎていた男』は1956年のアメリカ映画。アメリカ人の医師が観光に訪れていたモロッコで、国際的な陰謀に巻き込まれてゆくサスペンスです。

映画『知りすぎていた男』
原題 The Man Who Knew Too Much
製作年 1956年
製作国 アメリカ
ジャンル サスペンス
上映時間 124分
監督 アルフレッド・ヒッチコック(『サイコ』『鳥』『レベッカ』)
脚本 ジョン・マイケル・ヘイズ、アンガス・マクファイル
主題歌 ドリス・デイ『ケ・セラ・セラ』
出演 ジェームズ・ステュアート、ドリス・デイ、ブレンダ・デ・バンジー

 『知りすぎていた男』のテレビ放送は、2021年5月6日(木)。NHKのBSプレミアムの「BSシネマ」にて。

13:00 ~ 15:01

 

『知りすぎていた男』は、ヒッチコック監督が1934年に撮った『暗殺者の家』のセルフ・リメイクです。

国際的陰謀に巻き込まれた夫妻が、誘拐された子供を取り戻そうとするプロット(=物語の筋)は同じ。オリジナル版は誘拐されるのはリメイク版は息子、クライマックスの舞台設定も変わっています。

『暗殺者の家』では、『カサブランカ』にも出演している名優ピーター・ローレが、悪役として強烈な個性を放っています。

『知りすぎていた男』あらすじ【ネタバレなし】

舞台は、フランス領だった頃のモロッコ。

医師のベン・マッケナは、歌手の妻ジョーと息子のハンクを連れ、この地を観光旅行中でした。一家はバスの中で、商売人だと名乗るフランス人・ベルナールと知り合います。ベンとベルナールは一緒に夕食をとる約束をしますが、ジョーは質問の多いベルナールを怪しみます。

 

その夕方。

滞在するホテルで、ジョーと息子のハンクは、「ケ・セラ・セラ」の歌を練習していました。その一室にベルナールがやってきて、ベンとしばらく談笑します。

すると、見知らぬ男がドアを叩き、

「モンゴメリは? 一緒に飲む約束をしたのだが・・・」

 と尋ねてきます。どうやら部屋を間違えたらしく、男は立ち去ってゆきます。

 

その直後、なぜかベルナールは血相を変え、

「急用ができた」

 と言って、部屋を出てゆきます。

 

ドタキャンされたベンとジョー夫妻は、アラビア料理店に入店します。夫妻は、ジョーの歌の大ファンだというドレイトン夫妻と知り合い、相席して料理を楽しんでいました。

すると、女性を連れたベルナールが入店してきます。

 

「あいつ! 僕たちとのディナーより、女を優先させるなんて!」

ベンは文句を言いたくなりますが、グッとこらえるのでした。

 

その翌日。

マッケナ一家はドレイトン夫妻といっしょに、市場を観光していました。すると、白い覆面をした男が、警察に追いかけられているのが見えます。男はベンたちの前まで走ってくると、うめきながら倒れます。背中にナイフが刺さっています。

男の正体はなんと! ベルナールでした。ベルナールはベンに

「ある政治家がロンドンで暗殺される。ロンドンへ行け! “アンブローズ・チャペル”

と言葉を残すと、絶命してしまうのでした。

 

ベンとジョー夫妻は警察の事情聴取を受けることになり、息子のハンクをドレイトン夫妻に預けます。

ところが、取り調べの最中、謎の男から電話がかかってきて

「サツに(ベルナールから聞いた話を)もらせば、子どもの命はもらうぞ!」

と、ベンは脅迫されます。

 

ベンとジョー夫妻があわててホテルに戻ると、ハンクの姿がありません! ドレイトン夫妻もこつ然と姿を消しているではありませんか!!

ベンとジョーは息子を取り戻すため、“アンブローズ・チャペル”という言葉を手がかりに、ロンドンへ向かいますが・・・

 

 ドリス・デイの歌う主題歌『ケ・セラ・セラ』とは?

 主題歌『ケ・セラ・セラ』(Que Sera, Sera)は、ジョー役で出演している歌手ドリス・デイの楽曲。日本では、その後につづく歌詞と関連付けて、「なるようになるさ」という意味合いで使われますが・・・

この言葉は、1954年のアメリカ・イタリア合作の恋愛映画『裸足の伯爵夫人』に由来します。この中に、イタリア貴族の家訓として、「che sera sera」という言葉が出てきます。作曲家ジェイ・リビングストンはこれにヒントを得て、スペルをスペイン語風にアレンジした「Que Sera, Sera」という“造語”を生み出したようです。

『知りすぎていた男』は、この『ケ・セラ・セラ』の使い方が巧い!

まず、「12分21秒ごろ」に妻ジョーがピアノを弾きながら、息子ハンクとこの主題歌を口ずさみます。

これが、クライマックスへの伏線となります。主題歌がただの挿入歌ではなく、物語のカギを握るのが心憎い!

www.youtube.com

ヒッチコックのカメオ出演はどこ?

 ヒッチコックといえば、自身の監督作にちょこっとだけ映る「カメオ出演」が有名です。元々はエキストラ不足を補うために始まった試みでしたが、このカメオ出演はいつしか恒例となります。観客にとっても、ヒッチコックの登場シーンを探すのがひとつの楽しみとなってゆきます。

 

では、 『知りすぎていた男』のカメオ出演はどこか?

 

マッケナ一家が、ドレイトン夫妻とマラケシュの市場を観光する場面。広場で、アラブ人の男たちが組体操をやっていて、それを見物する観光客が集まっています。 

 25分42秒

画面の左側やや下。ベージュの服を着たビジネスマンが、背中を向けています。彼がヒッチコックです。中肉中背で、でっぷりしたお腹。後頭部がやや薄くなっている。この特徴を知っていれば、見つけるのは比較的ラクです。

ヒッチコックのお得意芸! “巻き込まれ型サスペンス”とは?

たまたま通りがかったとか、誰かと間違われた主人公が、大がかりな犯罪に巻き込まれてゆく・・・このタイプの物語を「巻き込まれ型サスペンス」と呼びます。ヒッチコックはこの「巻き込まれ型サスペンス」を得意としており、数作品がこの“型”を持っています。

 

  • 『三十九夜』(1936年)・・・たまたま匿った美女が命を奪われ、容疑者に
  • 『迷走迷路』(1942年)・・・航空会社の社員が、火災事故の容疑者に
  • 『北北西に進路を取れ』(1959年)・・・広告代理店の男が、極秘任務を負ったスパイに間違われる
  • 『フレンジー』(1972年)・・・元・空軍の男が、別れた妻が殺された事件の容疑者に

【2021年5月】BSプレミアムでテレビ放送されるヒッチコック作品と、放送時間

スケールの大きな舞台設定。想像力をかき立てるカメラワーク。そして、意外な真相。ヒッチコック作品は、私たちにリッチな映画体験を与えてくれます。

 2021年5月に、NHKのBSシネマでテレビ放送されるヒッチコック作品の放送時間と概要をまとめました。

 『サイコ』(1960年)

ヒッチコック、NHKでテレビ放送、サイコ、2021年5月

  • 放送日:2021年5月12日(水)
  • 時間:13:00 ~ 14:50
  • 出演:アンソニー・パーキンス、ジャネット・リー

会社の金を横領してしまったOLのマリオン。一夜の宿を求める彼女は、旧道沿いにさびれたモーテルを見つけるが・・・

恐怖をかき立てる効果音と表情。スタイリッシュなカメラワーク。展開の読めないストーリーテリング・・・今なお色あせない、サスペンスの傑作です!!

『めまい』(1958年)

  • 放送日時:2021年5月19日(水) 
  • 時間:13:00 ~ 15:09
  • 出演:ジェームズ・ステュアート、キム・ノヴァク

同僚を死なせてしまったショックから、高所恐怖症になってしまった刑事のジョン。学生時代の級友から頼まれ、彼の妻を監視することになるが・・・

曲がりくねった道路や、らせん階段。前衛的な視覚効果は、トラウマ級のトリップ感を味わわせてくれます。

『引き裂かれたカーテン』(1966年)

NHKでテレビ放送、ヒッチコック、2021年5月、引き裂かれたカーテン

  • 放送日:2021年5月26日(水)
  • 時間:13:00 ~ 15:09
  • 出演:ポール・ニューマン、ジュリー・アンドリュース

物理学者のマイケルは学会に出席するため、コペンハーゲンへ向かう。こっそり付いてきた婚約者のサラは、不審な行動ばかりのマイケルを怪しむが・・・

東西冷戦下の東ドイツを舞台に繰り広げられる、緊張感あふれるサスペンス。婚約相手の素性を知らない女性の視点から、極秘任務を負った男の正体が暴かれてゆきます。

『ハリーの災難』(1955年)

  • 放送日:2021年5月30日()(=29()の深夜)
  • 時間:0:00 ~ 1:40
  • 出演:エドマンド・グウェン、ジョン・フォーサイス、シャーリー・マクレーン

紅葉を迎えたバーモント州の小さな森で、ハリーという男の死体が見つかる。ウサギ狩りをする男、ハリーの妻など「ハリーを殺してしまったのでは?」と思いこんだ人物がやってきては、ハリーの死体を埋めては掘り返す、をくり返し・・・

ヒッチコック作品の中では、異色のブラック・コメディ。美しい秋の田舎を背景に、ユニークな登場人物の掛け合いが楽しい娯楽作品!!