映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

『キングスマン』シリーズ順番と時系列は?過去作のあらすじをふり返る!

スポンサーリンク

f:id:entafukuzou:20200117022951j:plain

007を彷彿とさせるスパイアクション、マシュー・ボーン監督の毒のあるユーモアで大ヒットとなった映画『キングスマン』シリーズ。2020年9月には、『キングスマン:ファーストエージェント』の公開も控えています。

 

この記事では、『キングスマン』シリーズの公開の順番と時系列をご紹介し、過去作については簡単なあらすじでふり返ってゆきます。

 

『キングスマン』シリーズの概要&タイトルの意味は?

 

映画『キングスマン』シリーズは、イギリス紳士風のスパイ・アクションです。

 

007シリーズなど過去のスパイ映画に敬意を表しながら、止め絵を使った印象的なアクション、強烈なブラックユーモアが散りばめられたエンターテインメントです。

 

 

 タイトル『キングスマン』は、どういう意味なのか?

 

これは、3作目の原題から読み解くことができます。【 King's Man 】、つまり直訳すれば、「王の男」ということになります。中世のイギリスにおいて、王の屋敷につかえていた執事、または王室の財産を守っていた管理人のことを指します。

 

映画においては、“世界の秩序と人命を守る、政府からは独立した機関”という意味合いで使われています。誰か特定の個人を指しているのではなく、「スパイ機関」のことを【キングスマン】と呼んでいます。

 

 

『キングスマン』シリーズ公開の順番は?

 

『キングスマン』シリーズの公開の順番は、以下の通り。

 

タイトル 原題 公開年
キングスマン Kingsman:The Secret Service 2015年
キングスマン:ゴールデン・サークル Kingsman:The Golden Circle 2017年
キングスマン:ファースト・エージェント The King's Man 2020年9月公開予定
キングスマン3(仮題) Kingsman3(仮題) 公開日未定

 

 上から3番目の『キングスマン:ファースト・エージェント』は、1作目の『キングスマン』の前日譚にあたります。スパイ機関【キングスマン】がどのように誕生したのか、描かれます。当初は2020年の2月に日本公開される予定でしたが、半年ほど先送りとなりました。

 

楽しみにしてたのに~!!

www.youtube.com

 

『キングスマン』シリーズの時系列は?

 

1作目に登場したエグジーとハリーの物語は、『キングスマン』『キングスマン:ゴールデン・サークル』『キングスマン3(仮題)』の3部作で描かれます。

 

3番目に公開される『キングスマン:ファースト・エージェント』は、第一次大戦前が舞台。イギリスに本拠地をおくスパイ機関【キングスマン】の誕生秘話が描かれます。主人公も、他の作品とは異なります

 

『キングスマン:ファースト・エージェント』(2020年9月)

『キングスマン』(2015年)

『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017年)

『キングスマン3(仮題)』(公開日未定)

 

時系列で並べると、3作目 ⇨ 1作目 ⇨ 2作目 ⇨ 4作目 となります。

 

 

 ※ここから先は、公開済み作品のあらすじです。完全なネタバレは避けますが、未視聴の方が知りたくない情報が含まれている可能性があるので、ご注意ください。

 

 

 

『キングスマン』(2015年)

 

f:id:entafukuzou:20200117024742j:plain

『ダークナイト』の大ヒット以降、アクション映画のトレンドはシリアス路線となります。

 

しかし、007(ダブルオー)シリーズなどの昔のスパイ映画は、非リアル路線。いわば、“あり得ないこと”の連続でした。悪役がとんでもない攻撃を仕かけてきたら、主人公もとんでもない発想で危機を回避する・・・そんな荒唐無稽さが魅力だったのです。

 

『キングスマン』は、そんな古き良きスパイ映画の荒唐無稽さを引き継ながら、毒の効いたギャグと、スローモーションを交えた最新アクションをミックス! 懐かしさと新しさのある娯楽映画となっています。

 

欠員発生! 新たなスパイ候補生を見つけろ!

 

 1997年、中東。

 

スパイ組織【キングスマン】のメンバーたちは、テロリストを捕らえ、仲間の居所を吐かせようとしていました。

 

ところがテロリストは小型爆弾を持っており、自爆します。1人のメンバーがとっさに相手を抑えこみ、爆風を食い止めます。そのメンバーは仲間を救ったものの、殉職してしまいます。

 

命を救われたハリー・ハート(=コードネームは、“ガラハッド”)は、亡くなったメンバーの家族のもとを訪れます。ハリーは、彼のまだ幼い息子に勲功のメダルを渡します。

 

「何かあったら困ったことがあったら、電話をくれ」

メダルの裏には、とある電話番号が刻まれていました。

 

 

17年後、アルゼンチン。

 

世界的な気象学者・アーノルド教授が、IT企業の社長・ヴァレンタインに誘拐されてしまいます。教授の監禁された小屋に、【キングスマン】のメンバー・“ランスロット”が救出に現われます。ところが、ヴァレンタインの部下で義足の女・ガゼルが現われ、“ランスロット”を返り討ちにしてしまいます。

 

 

その数日後。

 

イギリスのマンチェスターにある高級紳士服店の隠し部屋で、スパイ組織【キングスマン】の緊急会議が開かれます。【キングスマン】のリーダー・アーサーは、やられた“ランスロット”の代わりに、新しいスパイ候補生を集めるように各メンバーに指示します。

 

マナーが人間を作る!

 

元・海兵隊員の若者・ゲイリー・アンウィン(=あだ名は、“エグジー”)は、さえない日々を過ごしていました。彼の父は、17年前に仲間をかばって亡くなった【キングスマン】のスパイ候補生でした。

 

夫の死後、エグジーの母親はディーンという男とつき合うようになります。ディーンは暴力的な男で、たびたびエグジーたちを殴っていました。

 

ある日のこと。エグジーは、いきつけのパブで街の不良にからまれます。その帰り、エグジーは仕返しに不良の車を盗み、暴走! 警察につかまってしまいます。

 

拘留されたエグジーは、母に電話しようとしますが、思いとどまります。幼い頃の約束を思い出し、メダルの裏にある番号に電話してみます。

 

すると、高級紳士服を着たハリー・ハートが現われ、釈放してくれます。

ハリーは、エグジーの父親に命を救われたことを明かし、

「【キングスマン】のスパイ候補生にならないか?」

 と、提案します。

 

エグジーは

「貧しい家の出の自分には、どうにもならない」

と断ろうとしますが、ハリーは

生まれの貧しさで、人生は決まらない

と、はげまします

 

ハリーは、高級仕立て店にエグジーを連れてゆきます。お店の裏には、移動式のシェルターがあり、スパイ組織【キングマン】の本拠地につながっていました。本部には、各メンバーが連れてきたスパイ候補生が集まっていました。

 

上流階級出身のチャーリー、紅一点のロキシーなど、優秀な若者がそろっています。エグジーは彼らと競いながら、合格をめざすのでした・・・

 

 

『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017年)

f:id:entafukuzou:20200117024827j:plain

 2作目となる『キングスマン:ゴールデン・サークル』 では、前作『キングスマン』の主人公・エグジーのその後の戦いが描かれます。

 

 ストーリーは前作をふまえた内容となっていますので、1作目を観てからでないと話についていくのは難しいでしょう。ジュリアン・ムーア、ジェフ・ブリッジス、ハル・ベリーら、大物スターたちが脇を固めます。

 

そして、歌手のエルトン・ジョンも出演しています。ただのゲストというよりも相当な暴れっぷりです。グラミー賞歌手をこんな使い方ができるのも、マシュー・ヴォーン監督だけ?

 

かつての訓練生に命を狙われる!

 イギリス人の若者・エグジーの表の顔は、高級紳士服店の仕立て屋。しかし、独立したスパイ機関【キングスマン】のメンバーという別の顔も持っていました。

 

ある日のこと。店を出たエグジーは、突然、刺客に襲われます。彼を襲ったのは、チャーリー。かつて、【キングスマン】のスパイ候補生として、エグジーと競い合ったライバルでした。チャーリーは鋼鉄製のハイテク義手で、エグジーの命を狙います。

 

からくもチャーリーとその仲間を撃退したエグジーは、【キングスマン】の本部で恐ろしい事実を聞かされます。チャーリーはある犯罪組織の一員となった、というのです。

 

 

その組織の名は、【ゴールデン・サークル】。大麻・コカインなどを世界中に密売してもうけたお金で作り上げた、犯罪組織です。ボスは、ポピー・アダムスという女性。彼女の目的は、あらゆるドラッグを合法化し、お酒のように規制や税金をかけた上で売買できるようにすること、でした。

 

 ポピーの目的を達成するうえで邪魔になるのが、【キングスマン】の存在でした。そこでポピーは、ハイテク義手を【キングスマン】本部に潜入させ、世界中にある支部のデータを盗み出します。そして、各支部をいっせいにミサイル攻撃!

 

スパイ組織【キングスマン】を壊滅に追いこまれます。仲間と愛犬JBを失ったエグジーは、悲しみにくれます。生き残った教官・マーリンとエグジーは、倉庫にあったウィスキーの瓶に、【キングスマン】そっくりのシンボルマークを見つけます。

 

「ウチの組織と、何か関係があるのでは?」

 

そう感じたマーリンとエグジーは、ウィスキーの製造元・アメリカのケンタッキー州をに向かいます。

 

もうひとつのスパイ組織、【ステイツマン】!

 

ウィスキーの醸造所を訪れたマーリンとエグジー。見学コースから外れたエグジーは、腕時計の生体認証スキャンを使って、醸造所の隠し部屋に入りこみます。驚くべきことに、そこはスパイ組織【ステイツマン】の秘密基地でした。

 

彼らは、表向きはウィスキーの製造メーカー。実際は独立諜報機関として、政府の代わりに世界の秩序を守ります。【キングスマン】とそっくりのスパイ組織だったのです。さらに、エグジーを驚かせることが!

 

【ステイツマン】の本部には、エグジーをスパイに育ててくれたハリー・ハートがいたのです。喜ぶエグジーでしたが、ハリーは記憶喪失になっていました。頭に受けた銃弾が原因で、【キングスマン】のスパイだったことも、エグジーの教官だったことも忘れてしまっていたのです。

 

いっぽう。ポピー率いる麻薬組織【ゴールデン・サークル】は、恐ろしい計画を実行しつつありました。商品であるドラッグに致死性の毒を仕込んでおいたのです。麻薬の吸引者たちは、

① 顔や手に、青いスジがあらわれる

② そう状態(歌い出したり踊り出したり、ふつうではない状態)になる

③ 全身マヒののち、死にいたる

となってしまいます。

 

ポピーは、ドラッグの合法化を交換条件に、大統領に交渉を持ちかけます。ところが、大統領は麻薬常習者・犯罪者を一掃できると考え、ポピーに同調してしまいます。

 

やがて、エグジーの友だちや、エグジーの恋人・ティルデ王女の顔にも、青いスジがあらわれてしまいます。エグジーは、ハリーや【ステイツマン】の諜報員“テキーラ”と一緒に、解毒剤のある研究施設に向かうのでした・・・