映画ときどき海外ドラマ

映画・ドラマを楽しむブログ。たまに雑学。

文字入力が青くなり、上書きされてしまう?Wordやブログ執筆中に起こる不具合の原因とは?

スポンサーリンク

キーボードInsertキー

パソコンで、Wordやはてなブログを利用している時のこと。文章の途中に文字を入力しようとすると、カーソルが青くなってしまい、カーソルより後ろの文字が上書きされてしまうことがあります。

 

こんな現象!パソコンで文字入力中にカーソルが青くなる!

 

例) 吾輩は猫である。 まだない。どこで生まれたか頓(とん)と見当がつかぬ。

 

 

 

たとえば、上の文章の「吾輩は猫である」と「まだない。」の間に、『名前は』という文章を挿入したいとします。

 

通常は、文章の途中にカーソルを合わせて文字入力すると、カーソル部分に新しく入力した文字が割りこみ、もとの文章は残ったまま後ろに押し出されてゆきます。

 

ところが・・・

 

文字入力が青くなる


不具合が起こっていると、挿入したあとの語句に青いカーソルがずっと現われ、後ろの文章が上書きされてしまいます。元の文字が1文字ずつ消えてゆくので、不便でたまりません。



原因は、「Insert」キーまたは「Ins」キーを押したこと!

 

文字入力した後の部分のカーソルが青くなり、上書きされてしまう現象。これは、標準で設定されている『挿入モード』から『上書きモード』へと、表示が切り替わってしまったことが原因です。

 

キーボードの右側に配置されている「Insert」キーまたは「Ins」キーを、うっかり押してしまったことが考えられます。このキーを押すと、入力モードが切り替わるのです。

 

標準的なキーボードの場合、「Insert」キーは「BackSpace」キーの右隣に配置されています。よく使う「BackSpace」キーなどの近くに配置されているので、誤って「Insert」キーを押しやすいのです。

 

 

キーボードから『上書きモード』を解除する

 

 キーボードにある「Insert」キーを押すことで、『上書きモード』を解除することができます。「Insert」キーの配置は、キーボードの種類によって配置が異なります。

 

「BackSpace」キーのすぐ右隣りの配置されている場合

 

デスクトップPCの標準的なキーボードの場合、「BackSpace」キーのあいだを挟んで右隣に配置されています。

 

この場合は、もう一度「Insert」キーまたは「Ins」キーを押すことで、『挿入モード』と『上書きモード』を切り替えることができます。

 

ファンクションキーの右隣りに配置されている場合

 

ノートパソコンなどでは、ファンクションキー(F1~F12)の右隣りの配置されていることがあります(文字キーの下に「Ins」などと印字されている)。この場合は、「FIN」キーを押しながら「Insert」キーを押すことで、もとの入力モードに戻すことができます。

 

 

テンキーの中に配置されている場合

 

テンキーの中にInsertキー

 

キーボードの右側に、0から9の10個のキーが並んでいることがあります。

 

これは、「テンキー」と呼ばれるもので、計算など数字をたくさん入力するときは便利なキーです。テンキーの左上にある「NumLock」キーを有効にすることで、数字の入力ができるようになります(ランプが点灯する)。

 

逆に「NumLock」キーがoffの場合、数字の下に印字されているEnd、PageUp、Homeなどの文字キーを使うことができます。

 

「NumLock」キーがoffの状態で、「Insert」キー(「0」と同じ場所)を押せば、『挿入モード』と『上書きモード』を切り替えることができます。

 

 

『Word』の設定から『上書きモード』を解除する

 

文書作成ソフト『Word』をお使いの場合は、『Word』の設定から『上書きモード』にならないようにできます。

 

① 『Word』を起動させ、「ファイル」タブをクリックします。

wordファイルから上書きモードを解除

 

 

② 「オプション」をクリックして、設定画面を呼び出します。

 

wordオプションからインサートを解除

 

 

③ 「オプション」の設定画面から「詳細設定」をクリック。「上書き入力モードの切り替えに、Insキーを使用する」のチェック(✔)をはずします。

 

上書きモードの切り替えにinsキーを使用する

 

これ以降は、『Word』をお使いの際に、「Insert」キーをうっかり押しても『上書きモード』に切り替わることはなくなります。

 

 

『挿入モード』と『上書きモード』の違いとは?

 

 『挿入モード』・・・いったん入力した文章の、文字と文字のあいだにカーソルを置くと、カーソルの後ろの文字が後退してゆき、文字を挿入できるモード。

 

『上書きモード』・・・文字と文字のあいだにカーソルを置くと、カーソルより後ろが青く表示され、入力するたびに文字が上書きされるモード。

 

 

ふつうに文章を書くぶんには、元の文字を消さずに文章を割りこませる『挿入モード』のほうが圧倒的に使い勝手がよいです。それでは、『上書きモード』は何のためにあるのでししょうか?

 

たとえば、あらかじめ記載する文字数の上限が決められているような場合。書類など、入力した文字分のスペース(空白)を削除しないくてはいけない場合。

 

『上書きモード』の 用途はあくまで限定的で、通常は使うことがないモードです。