映画ときどき海外ドラマ

映画・ドラマを楽しむブログ。たまに雑学。

ゲリラ豪雨とは?発生する仕組み、気象庁が定義する雨量や時間とは?

ゲリラ豪雨の定義とは?原因と仕組み、雨量を解説

近年、夏になると、都市型の大雨が降るようになり、テレビや新聞で「ゲリラ豪雨」という表現が使われるようになってきました。

 

「ゲリラ豪雨」には雨量や雨の強さなどに、明確な定義があるのでしょうか?

 

気象庁では、「ゲリラ豪雨」という言葉は使わない!

 

新聞やテレビでは、突発的で局地的に激しい雨や落雷をもたらす雨を「ゲリラ豪雨」と表現することがあります。

 

ところが、気象庁の天気予報では、「ゲリラ豪雨」という用語は使いません。むしろ、使用を控えています。近い言葉を探すと、「局地的大雨「集中豪雨」などと言い換えることができます。

“ゲリラ豪雨”に近い気象用語
用語 定義 備考
局地的大雨 急に強く降り、数十分の短時間に狭い範囲に数十㎜程度の雨量をもたらす雨。 単独の積乱雲が発達することによって起き、大雨や洪水の警報が発表される状態でなくても、急な強い雨によって河川や水路が短時間で増水することがある。
集中豪雨 同じような場所で数時間にわたり強く降り、100㎜から数百㎜の雨量をもたらす雨。 積乱雲が同じ場所で次々と発生・発達することで起き、重大な土砂災害や家屋浸水などの災害を引き起こす

 

 

気象予報会社『ウェザーニューズ』の「ゲリラ豪雨」の定義とは?

 

定義があいまいな“ゲリラ豪雨”

 

 民間の気象情報会社『ウェザーニューズ』では、全世界の公的機関のデータを集め、気象庁とは違った独自の観測データをもとに天気予報を行なっています。

 

『ウェザーニューズ』では、「ゲリラ豪雨」を次のように定義しています。

 

“ゲリラ豪雨”発生回数の求め方

 “ゲリラ豪雨”をもたらす雨雲・雷雲は、予測可能な前線による雨雲とは異なり、“突発的”かつ“局地的”に発達するのが特徴です。

 

また、限られた数しか設置されていないアメダスでは、すべての降雨を正確に観測することは困難です。

 

そこで当社では、スマホアプリ「ウェザーニューズタッチ」の全国ユーザーから届く降雨報告において、“ザーザー”以上の強い雨(=5段階中の2番目以上)が報告され、かつ過去1時間に雨の報告が2割以下の場合を“ゲリラ豪雨”とし、10㎞四方ごとにカウントしています。

 

【ゲリラ豪雨傾向】Weathernews Inc.

 

 

「ウエザーニューズ」だけでなくマスコミは、局地的に短時間で降り、予測困難な大雨のことを“ゲリラ豪雨”と呼んでいます。ただし、あくまで便宜上の呼び方であって、雨量や時間に明確な定義はありません

 

ゲリラ豪雨の計測が難しい理由

 

天気予報で用いられる雨量の計測には、「アメダス」という気象観測システムが使われています。

 

地域気象観測(アメダス)

 

アメダスは1974年から運用されている機械で、降水量・風向・風速・積雪の深さなどを自動で計測することができます。全国におよそ1,300か所あります。ひとつの観測地点と別の観測地点は、平均で17キロメートル離れています。

 

ここに、雨量計測の盲点があります。つまり、17キロ四方より狭い範囲で局地的な大雨が降った場合、正確に計測できないのです。アメダスで「雨量ゼロ」と記録されても、すぐ近くでどしゃ降りが降っている可能性もあるのです。

 

スポンサーリンク

 

 

「ゲリラ豪雨」が発生する原因と仕組み

ゲリラ豪雨の原因は、発達した積乱雲

 

集中豪雨の原因

 

夏のように気温が高く日差しが強い状態が続くと、地面が熱せられて、地表近くの空気が暖められます。温かい空気は軽いため、上昇しやすい性質をもっています。

 

温かく湿った空気は、大量に水蒸気を含みながら上昇。空気の上昇速度が通常より早い(毎秒・数メートルから十数メートル)と、積乱雲にまで変化します。

 

ご存知のように、高度が上がれば上がるほど気温は低くなります。たとえば、地上で30℃を越えるような暑い日でも、3000mの高い山では約10℃ほどです。

 

上昇した積乱雲は、上空で冷たい空気に冷やされます。すると、雲の中に水滴がたくさん発生します。

 

この状態で温かく湿った空気が吹きこむと、さらに雲の中に大量の水がたくわえられることになります。やがてそれが支えきれなくなると、一気に雨となって降り注ぐのです。

 

ヒートアイランドも原因?ゲリラ豪雨発生のメカニズム

 

上記で示した豪雨が短期間で起こるのが、“ゲリラ豪雨”です。大気が不安定になり、雷をともなった激しい雨が降ると、強烈なゲリラ豪雨をもたらしやすくなります。

 

雷雨の発生には、2つの条件が必要となります。

 

  1. 大気の層の下方が湿っていて、対流不安定の状態であること
  2. 空気層を上空に持ち上げる強力な力がはたらくこと

 

 「対流不安定」とは、上空が乾燥していて、地上の空気が湿っているときに陥りやすい状態です。ポイントは、乾燥した空気と湿った空気とでは、上昇した時に気温の下がり具合が異なる、ということ。

 

たとえば、地表近くに、A層(上方の空気:乾燥している)とB層(下方の空気:湿っている)という空気の層がある仮定します。梅雨などで湿ったまとまった空気が流れこむと、上昇気流が発生し、空気の層がA層・B層ともにごっそり上方へと持ち上がってしまいます⤴ 

 

乾燥していたA層は急激に気温が下がりますが、湿っていたB層はそこまで下がりません。これが上空で寒暖の差を生み、大気が不安定な状態となります。雷雨が発生しやすくなるのです。

 

また、とくに東京都などの人口密集地帯では、アスファルトや人工排熱により、地表に熱がこもりやすくなります。このため、空気の上層と下層で気温の差が大きくなり、空気が「対流」しやすくなります。

(⇦ 対流しやすい=上向きのチカラが働く)

 

ゲリラ雷雨と対流不安定

 

空気の層が上空に持ち上げられると、上下の寒暖の差により大気が不安定になり、雷雲が発生しやすくなります。都市部にゲリラ豪雨が発生しやすい理由です。

 

 

雨量と降り方

 気象庁では、雨の強さと降り方の指針をホームページで発表しています。下記の表の「時間雨量」とは1時間に降る雨の量のことです。

 

気象庁による雨の強さと雨量の指針
時間雨量 予報用語 人の感じ方 災害発生状況
10~20㎜ やや強い雨 ザーザー 長く続いた場合は注意
20~30㎜ 強い雨 どしゃ振り 下水や小さな川があふれ、小規模のがけ崩れが起こる
30~50㎜ 激しい雨 バケツをひっくり返したような雨 山崩れ・がけ崩れが起きやすくなり、危険地帯では避難準備が必要。都市では下水管から雨水があふれる
50~80㎜ 非常に激しい雨 滝のようにゴーゴーと降る 都市では地下街に雨水が流れこむ場合あり。マンホールから水が噴出。土石流が起こりやすい
80~ 猛烈な雨 圧迫感があり、恐怖を感じる 大規模災害が発生する恐れがあり、厳重な警戒が必要

  30ミリを越えると、道路が川のようになり、歩くのも困難になります。高速道路を運転中、車輪と路面のあいだに水の膜が生じ、ブレーキが効きづらくなるのも30ミリを越えたあたりからです。

 

時間雨量50ミリを越えると、傘はまったく役に立たず、車の運転も危険な状態になります。

 

もちろん、この表はあくまで目安であり、地形の違い・降り始めからの総雨量によっても被害のようすは変わってきます。