映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

映画『ハッピー・デス・デイ』感想!元ネタは『恋はデ・ジャブ』だけど面白い!

スポンサーリンク

映画『ハッピー・デス・デイ』感想!元ネタは『恋はデ・ジャブ』だけど面白い!

いまの時代、本当の意味でオリジナルな映画は生まれにくいでしょう。実は観客も、まったく新しいものより「観たことあるけど、違ったもの」を求めていたりします。

 

ホラー映画『ハッピー・デス・デイ』は先行作品を下敷きにしながらも、新鮮なひねりを加えた佳作でした。

 

映画『ハッピー・デス・デイ』概要とキャスト

 

『ハッピー・デス・デイ』は、2017年に公開されたコメディ寄りのホラー映画。誕生日に殺されてしまった女子大生が、同じ1日をくり返しながら犯人に迫ってゆきます。

『ハッピー・デス・デイ』
原題 Happy Death Day
製作国 アメリカ
上映時間 96分
監督 クリストファー・B・ランドン
脚本 スコット・ロブデル
出演 ジェシカ・ローデ、イズラエル・ブルサード

 

監督は、『パラノーマル・アクティビティ4/呪いの印』のクリストファー・B・ランドン。

主演は、『ラ・ラ・ランド』で主人公のルームメイト役だったジェシカ・ローデ。『アナと雪の女王2』でハニーマレンの声を担当した、レイチェル・マシューズが共演しています。

 

 『ハッピー・デス・デイ』のストーリー

 

ゴーン! ゴーン!

 

 9月18日。この日誕生日をむかえる女子大生のテレサは、鐘の音で目を覚まします。そこは、カーターという男の子の部屋でした。昨夜の記憶がないテレサは、カーターと“ヤッちゃった”と思いこみ、口止めをして部屋を後にします。

 

キャンパス内を歩くテレサは、女子学生に環境保護の署名を求められても、無視。途中で出会う同級生にも、冷たくあたります。女子寮に戻ったテレサは、ルームメイトのロリからケーキをプレゼントされますが、ゴミ箱に捨ててしまいます。

 

テレサの性悪ぶりは止まりません。授業を受けた彼女は研究室に向かい、既婚者である教授との情事を楽しみます。

 

その夜のこと。パーティに誘われたテレサは会場に向かう途中、フットボール部のマスコットの仮面をかぶった人物に殺されてしまいます。


ガバッ!!

 

テレサがとび起きると、そこはカーターの部屋でした。ところが、様子がおかしい。目に入るすべての光景が、昨日とまったく同じなのです。仮面の人物を警戒するテレサ。昨夜とおった道を避け、クラスメートのニックといちゃついていると・・・

 

ザクッ!!

 

テレサは、再び仮面の人物に殺されてしまいます。

 

目を覚ますと、またカーターの部屋です。どうも、同じ9月18日をくり返しているみたい。テレサがダメもとで事情を話すと、お人好しなカーターは

「同じ1日をループしているなら、利用すればいい。そのうち犯人が誰かわかるはずさ」

 

彼女は容疑者をリストアップ。犯人をつきとめようとしますが・・・

 

 

 

感想:元ネタは『恋はデ・ジャブ』だけど面白い!

 

 元ネタを知らない人は、「これは新感覚ホラーだ!」と興奮するかもしれません。でも、脚本の構造からいえば、ビル・マーレイ主演『恋はデ・ジャブ』とほぼ一緒です。

 

実際、『ハッピー・デス・デイ』の最後に、テレサとカーターはこんな会話を交わします。

カーター「今回の話、アレに似てる」

テレサ「何?」

カーター「『恋はデ・ジャブ』」

テレサ「知らない」

 

『恋はデ・ジャブ』のシナリオ構造

 

『恋はデ・ジャブ』は1993年公開の恋愛コメディ映画。タイムリープものでも、屈指のシナリオの出来です。

 

あらすじ

 

 

主人公のフィルは、気象予報士。同僚のリタやラリーとともに、2月2日に行われる地方の伝統行事の取材にやってきます。退屈なロケにイラ立っていたフィルは、リタやラリーに冷たくあたってしまいます。取材後すぐに帰る予定でしたが、天候が急変! フィルたち取材クルーは、前日と同じ宿に泊まることになるのです。

 

ところが、フィルが目を覚ますと、またも2月2日でした。2度目の取材を終えたフィルでしたが、ふたたび天候不良に見舞われ、帰れなくなります。フィルは、時間のループから抜け出せなくなってしまったのです。

 

やがて、2月2日をくり返しているのは自分だけだ、と知ったフィル。“失敗してもやり直せる”という特権を利用して、同僚のリタを口説こうとしますが・・・

 

 タイムリープの特性を活かした脚本

 主人公に欠点があり、クライマックスを経ることで欠点を克服してゆくのが、エンタメ映画の王道パターンです。

 

『恋はデ・ジャブ』では、主人公が通常よりも“イヤな奴”に設定されています。わがままで嫌われ者。そんなフィルが同じ2月2日をくり返すうち、「好かれるためには、人の話を聞いてあげる必要がある」と学んでゆくのです。

 

フィルの成長ぶりが、階段を一段一段のぼるように可視化されているのが見事! “周りの人物はほぼ変化しない”、というタイムリープの特性を活かした脚本です。

 

関連:『恋はデ・ジャブ』『タイムアクセル12:01』など、タイムリープもの8選

そういうことか!タイムリープで過去改変!「時間旅行映画」おすすめ8選

 

見事なアレンジ! ジャンルを変え、主人公の性別を変えた!

 

『ハッピー・デス・デイ』は、『恋はデ・ジャブ』からジャンルと主人公の性別を変えています。

 

  • 恋愛コメディ ⇨ ホラー・コメディ
  • わがままな気象予報士(男) ⇨ ビッチな女子大生(女)

 

物語構造は変わらないのに、ジャンルと主人公の性別を変えるだけで、まったく別ものに見えるから面白い! 「タイムリープ+ホラー」という組み合わせが、ありそうでなかったからでしょう。

 

特に、主人公テレサの清々しいほどのビッチぶりは新鮮です。彼女の個性が強烈なので、“いい人”に変わってゆくのが寂しいぐらい(そのままビッチでいてくれ~)。

 

残念なのが、観客なら気になるであろう「なぜ、テレサがループをくり返すのか?」という疑問が、いまいち解消されないこと。

 

ただし、この作品には続編があり、その謎にも一応の答えが出されます。続編のタイトルは、『ハッピー・デス・デイ 2U』。「ハッピー・バースデイ・トゥー・ユー」に引っ掛けているのが笑えます。

 

Amazonプライムビデオ『ハッピー・デス・デイ 』 (吹替版)

 

2020年8月現在、『ハッピー・デス・デイ』は1作目・2作目ともAmazonプライムビデオで配信されています。