映画ときどき海外ドラマ

映画の紹介と、雑学

『ゴーストバスターズ』地上波放送!昔のシリーズ&リブート版をサブスクで見るには?

『ゴーストバスターズ』地上波放送!昔のシリーズ&リブート版をサブスクで見るには?

4人の女性がニューヨークで起こる超常現象にいどむSFコメディ映画『ゴーストバスターズ』(2016)が、地上波テレビ放送されます。

この作品は、1984年に公開された『ゴーストバスターズ』のリブート版にあたります。

この記事では、初代と続編、そしてリブート版から成る『ゴーストバスターズ』シリーズを整理して、これらを動画サービスで視聴する方法をお伝えします。

 

『ゴーストバスターズ』(2016年版)地上波テレビ放送は、いつ?

 『ゴーストバスターズ』は2016年のアメリカ映画。幽霊の存在を信じる女性たちが、ニューヨークの街中で暴れる幽霊退治に乗り出すコメディです。

リブート版『ゴーストバスターズ』
原題 Ghostbusters
製作年 2016年
製作国 アメリカ
ジャンル SFコメディ
上映時間 116分
監督 ポール・フェイグ(『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』)
脚本 ポール・フェイグ
出演 クリステン・ウィグ、メリッサ・マッカーシー、ケイト・マッキノン、レスリー・ジョーンズ、クリス・ヘムズワース

 映画『ゴーストバスターズ』(2016)の地上波放送は、2021年6月12日()。フジテレビ系列「土曜プレミアム」にて。

21:00 ~

 

 初代? 続編? リブート版? 新作? 『ゴーストバスターズ』シリーズは、全部でいくつ?

 『ゴーストバスターズ』シリーズは、全部で4つ。1作目が1984年、2作目が1986年に公開され、3作目は2021年7月に公開される予定です。

さえない男たちの奮闘ぶりと、ゆる~いテンポが他にはない魅力を放っています。

ただし、3作目『ゴーストバスターズ/アフターライフ』は正統派続編ではあるものの、オリジナルキャストは脇役にまわり、10代の男女がメインキャラクターを務めます。

何作目? タイトル 公開年 備考
1 ゴーストバスターズ 1984年 -
2 ゴーストバスターズ2 1986年 1の続編
ゴーストバスターズ 2016年 1984年版のリブート
3 ゴーストバスターズ/アフターライフ 2021年 2の続編

 2016年に公開された『ゴーストバスターズ』は、1作目の“リブート版”です。シリーズの枠からは外れた、「番外編」という位置づけになります。

リブート(reboot)とは、“再起動”を意味するコンピューター用語です。映画においては、シリーズものの連続性をいったん捨て、新たに作り直すことを意味します。

 

『ゴーストバスターズ』(2016)の場合、1984年版のメインキャラ4人を全員女性に変更。時代性を反映し、“フェミニズム”がテーマとなっています。

『ゴーストバスターズ』昔のシリーズ&リブート版をサブスクで見るには? 「エクステンデッド・エディション」とは何?

 『ゴーストバスターズ』の1984年版とその続編、そして2016年のリブート版。シリーズ3作品は、サブスクリプション(=定額制の動画サービス)で視聴できるのか? おもなサービスの配信状況です。

『ゴーストバスターズ』シリーズ配信状況
  Amazon U-NEXT Netflix Hulu dtv
月額料金(税抜き) 500円 2,189円 990円~ 1,026円 550円
無料体験 30日間 31日間 なし 2週間 初月無料
ゴーストバスターズ

299円(字),199円(吹)

ゴーストバスターズ2 199円(字),299円(吹) 300円~(字・吹)
ゴーストバスターズ(2016)

199円(字),299円(吹)

ゴーストバスターズ(2016)エクステンデッド・エディション

199円(字),299円(吹)

300円~(字・吹)

※2021年6月1日時点のデータ。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ださい。199円、300円などの金額は、サービス加入者でも個別料金のかかる「有料レンタル」作品であることを示してします。

Amazonプライムビデオでは「有料レンタル」とはなりますが、シリーズすべてを視聴できます。

 

なお、 リブート版の『ゴーストバスターズ』(2016年)には、通常版の他に、「エクステンデッド・エディション」という別バージョンがあります。

これは、劇場版にはなかったシーンが加わった特別版です。具体的には、エリンとジリアンの“レズ関係”を匂わせるようなセリフ・やり取りが加わっており、かなり際どい表現があるバージョンです。

 『ゴーストバスターズ』(2016)あらすじ【ネタバレなし】

【コロンビア大学】で講義をおこなう物理学者のエリン・ギルバート(クリステン・ウィグ)は、大学側から審査されていました。教授としての適性を認められれば、終身雇用の権利を得られるのです。

そんなエリンの元に、ニューヨークにある古いお屋敷の持ち主から、幽霊退治の依頼があります。屋敷の持ち主は、エリンのことを“ゴースト退治のプロ”だと信じています。エリンはずっと昔に『過去からの幽霊』という本を書いており、その本がネットに流出していたのです。

 

『過去からの幽霊』は、エリンが心霊学者のアビー(メリッサ・マッカーシー)と共同執筆した本でした。エリンは幽霊の存在を信じたい気持ちはありましたが、“変人あつかい”されるため、もう幽霊とは関わりたくないと思っていました。

 

そこでエリンは、アビーのいる【ヒギンズ理科大学】へ向かいます。アビーは、工学博士のジリアン・ホルツマンと共に、いまだに心霊現象の研究を行なっていました。

幽霊屋敷の話を聞いたアビーは目を輝かせ、エリンとジリアンを連れて、屋敷へ向かいます。

すると3人の前に、屋敷にとり憑いていた幽霊が現れます。エリンは記録用のカメラに向かって、幽霊と出会えた喜びを語ります。

 

ところが、アビーがその映像をユーチューブに流してしまいます。“教授としての資質”を疑われたエリンはクビになり、アビーやジリアンも大学をクビになってしまいます。

 

「幽霊を捕まえて、幽霊が存在することを証明したい!」

エリン、アビー、ジリアンの3人は超常現象を専門とする調査会社【ゴーストバスターズ】を設立して、世間を見返してやろうとしますが・・・ 

初代キャストのカメオ出演はどこ?『ゴーストバスターズ』 (2016年版)登場人物と吹き替え声優

メインとなる4人は、アメリカのバラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』出身のコメディエンヌたち。政治ネタや下ネタなど際どいギャグが人気となり、スターとなった女性ばかりです。

ただし、翻訳の問題もあり、吹き替えではギャグが伝わりづらくなっています。英語の言い回しがわかる人は、字幕版で観たほうがよいでしょう。

 2021年6月現在、Amazonプライムビデオ会員でしたら、199円のレンタル作品として視聴できます。

エリン・ギルバート

クリステン・ウィグ/声:友近

素粒子物理学者。親友のアビーと、『過去からのゴースト』を共同執筆した。

大学と終身雇用契約を結ぶため、超常現象を信じていることを隠そうとする。でも、本当はゴーストに興味津々。

アビー・イェーツ

メリッサ・マッカーシー/声:渡辺 直美

 ヒギンズ理科大学の教授。心霊学の研究を行なっている。エリンの旧友。

エリンと共著した『過去からのゴースト』をネットで販売したり、ゴーストの記録映像をユーチューブに流したり、あとさき考えずに行動してしまう。

ジリアン・ホルツマン

ケイト・マッキノン/声:朴 璐美(ぱく ろみ)

アビーの共同研究者。

エリン、アビーと“ゴーストバスターズ”を結成してからは、武器開発をするようになる。

 パティ・トラン

レスリー・ジョーンズ/声:くじら

ニューヨークの地下鉄の職員。地下鉄の線路で幽霊を発見したあと、“ゴーストバスターズ”に加わる。地下鉄の窓口にあらわれ、不気味なことを口走ったローワンを怪しむ。

ケヴィン・ベックマン

クリス・ヘムズワース/声:森川 智之

調査会社【ゴーストバスターズ】の受付係として採用されたイケメン。筋肉ムキムキでハンサムだが、それ以外に取り柄がない。 

 ローワン・ノース

ニール・ケイシー/声:岩田 光央(いわた みつお)

ホテルのボイラー技士。

子どもの頃から幽霊が見えていたが、そのために周りから不気味がられていた。世間を逆恨みしており、「第4の終末戦争が起こる」と言いふらしている。

ホテル内に、悪霊たちを集める装置をつくっていた。

初代キャストのカメオ出演

『ゴーストバスターズ』(1984年版)に出演していたオリジナルキャストが、本作(2016年版)にはチョイ役で出演しています。初代“ゴーストバスターズ”でメカニック担当だったハロルド・ライミスは2014年に亡くなっており、出演は叶いませんでした。

 

ビル・マーレイ演じるハイス博士以外、本筋とは関係ないので、テレビ放送ではカットされるかも。

マーティン・ハイス博士・・・ビル・マーレイ

幽霊の存在を信じない、アンチ・オカルト博士。

タクシー運転手・・・ダン・エイクロイド

終盤に登場する運転手。

ビルおじさん・・・アーニー・ハドソン

葬儀屋を経営する、パティのおじさん。

レベッカ・ゴーリン・・・シガニー・ウィーバー

ジリアンの先生。ラスト間際に登場し、フェミニズムを論じるジリアンに対して、「私、そういうの嫌いだから」と答える。

(⇦ 『エイリアン』で、たくましいヒロイン・リプリーを演じたことを踏まえたセリフ)

ホテルのフロント係・・・・アーニー・ポッツ

アーニー・ポッツは、1984年版で【ゴーストバスターズ】社の受付嬢をしていた。