映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

映画『フロム・ヘル』あらすじ!“切り裂きジャック”とは誰だったのか?アラン・ムーアの難解グラフィック・ノベルを映像化!

スポンサーリンク

映画『フロム・ヘル』あらすじ!“切り裂きジャック”とは誰だったのか?アラン・ムーア原作の漫画を映像化!

 イギリスで起こった「切り裂きジャック」事件をモチーフにした映画『フロム・ヘル』が、地上波テレビ放送されます。

この記事では、映画『フロム・ヘル』のあらすじと見どころをお伝えします。また、この作品は、アメコミ界の巨匠アラン・ムーアのグラフィック・ノベルを元にしています。原作についても、かんたんにご紹介します。

 ※なお、ネタバレはしません。

 

 映画『フロム・ヘル』地上波テレビ放送はいつ? 上映時間は?

 『フロム・ヘル』は2001年のスリラー映画。19世紀末のロンドンを舞台に、娼婦ばかりが殺された事件の謎に、スコットラン・ヤードの警部が挑みます。

19世紀末にイギリスを震撼させた「切り裂きジャック」の事件がモチーフになっており、史実にオカルト要素を絡めた作品となっています。

映画『フロム・ヘル』
原題 From Hell
製作 2001年
製作国 アメリカ
ジャンル スリラー
上映時間 123分
監督 アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ(『ザ・ウォーカー』)
原作 アラン・ムーア(『フロム・ヘル』より)
出演 ジョニー・デップ、ヘザー・グラハム、イアン・ホルム

 映画『フロム・ヘル』の地上波放送は、2021年4月17日()の深夜。テレビ東京『サタ☆シネ』にて。

27:15 ~ 29:00

(つまり、18日()の午前3:15 ~となります)

映画『フロム・ヘル』あらすじ【ネタバレなし】

 1888年。ロンドンのホワイト・チャペル地区。娼婦のメアリ(ヘザー・グラハム)はギャングの元締めから法外な場所代を要求されながらも、仲間と助け合って生きていました。

ある日、娼婦のひとり・アンが男たちに連れ去られ、そのまま行方知れずになってしまいます。さらに別の娼婦も姿を消し、数日後には死体となって見つかります。死体は鋭利な刃物で切り刻まれており、陰部を切除されていました。

 

事件を担当することになったのが、フレデリック・アバーライン警部(ジョニー・デップ)です。彼の捜査手法は独特で、アヘンを吸って予知夢のような幻覚を見ることによって、真相にせまります。

アバーライン警部は、外科医のウィリアム・ガル卿(イアン・ホルム)に被害者女性の検死を依頼します。王室のお抱え医師でもあるウィリアム・ガル卿は、

「犯人は教養があり、高貴な身分の者ではないか?」

と推測します。

 

しかし、またもや犠牲者が出てしまいます。被害者となった娼婦は臓器を持ち去られ、死体のそばにはぶどうの房が置かれています。

葬式に参列したアバーライン警部は、娼婦のメアリたちに話を聞きます。娼婦たちは警察には非協力的でしたが、メアリはアバーライン警部に興味を持ったようです。

 

数日後。

行方不明だった娼婦のひとり・アンが、精神病院に収容されていることがわかります。彼女は、暴れないようにロボトミー手術(=脳の一部を切除する)を受けていました。その背後には、イギリス王室を巻きこんだスキャンダルが隠されていて・・・

映画『フロム・ヘル』評価と見どころ

映画サイトの評価:“幻覚で捜査”という設定を許容できるなら、見応えあり!

 Amazon:★★★★☆ 4.2/5

映画.com:★★★☆☆ 3.2/5

Yahoo!映画:★★★☆☆ 3.2/5

 

  • 史実を元にしながらも、オカルト要素が満載のファンタジーだと思えば楽しめる。
  • 画面が薄暗く、登場人物も多くて難解。ただ、ジョニー・デップがたまらなくカッコいい!

 見どころ:アラン・ムーアの難解なグラフィック・ノベルを、ゴシック・ホラー風の推理ものに!

www.youtube.com

 映画『フロム・ヘル』は、イギリスのコミック原作者アラン・ムーアのグラフィック・ノベルを原作としています。

アラン・ムーアは、『ウォッチメン』『Vフォー・ヴェンデッタ』で知られる原作者。子ども向けだったアメコミに哲学・文学などの要素を持ちこみ、シリアスな大人の娯楽へと変えた第一人者です。

原作の『フロム・ヘル』には建築学・時間の理論・父権の復活など様々なテーマが盛りこまれ、超絶・難解な読み物となっています。一冊5,000円はするコミックなので人を選びますが、アメコミに興味があるなら一読の価値はあります。

 

映画版は、原作では脇役だったアバーライン警部を主役にして、「犯人は誰か?」に重点を置いた推理ものとなっています。

(⇦ 原作では、神の啓示を受けた犯人がどう狂ってゆくか、が描かれる)

グロ描写もあるのですが、短いカットを繋ぎ合わせた編集のおかげで、そこまで残虐性を感じずに鑑賞できます。

 

 切り裂きジャックを名乗る人物から手紙が送られたり、外科医や画家が容疑者となったり・・・史実を再現している部分とフィクショナルな部分がバランスよくミックスされ、エンタメ性の高い映画になっています。

実際の「切り裂きジャック」事件は、いまだに犯人が特定されていません。そういった題材の調理法としては、これはこれでアリだと感じます。

映画『フロム・ヘル』は2021年4月現在、Amazonプライムビデオで字幕版のみ299円でレンタル視聴できます。

 ジョニー・デップ、ヘザー・グラハムという美男美女が見られるだけでも、目の保養になりますぞ!