映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマの紹介、教育

『禁断の惑星』BSで放送!【SF映画の金字塔!イドの怪物の意味とは?】

『禁断の惑星』BSで放送!【SF映画の金字塔!イドの怪物の意味とは?】ロビーロボット

「媒体を持たない巨大マシン。それは生命だ」

 

人格を持つロボットに、惑星間を移動する光速宇宙船。そして、哲学的な問いかけ。

後のSF映画に多大な影響を与えた名作『禁断の惑星』が、BSでテレビ放送されます。

 

この記事では、SF映画『禁断の惑星』のあらすじをご紹介。また、物語のカギを握る“イドの怪物”について、ネタバレにならない範囲で解説します。

映画『禁断の惑星』BSでのテレビ放送はいつ?

『禁断の惑星』は1956年のアメリカ映画。

惑星アルテアへ向かった宇宙船の乗組員たちが、得体の知れない巨大な怪物に襲われるというSFです。

映画『禁断の惑星』
原題 Forbidden Planet
製作 1956年
製作国 アメリカ
ジャンル SF
上映時間 98分
監督 フレッド・M・ウィルコックス(『名犬ラッシー』)
原作 シリル・ヒューム(『キリマンジャロの決斗』)
出演 ウォルター・ピジョン、アン・フランシス、レスリー・ニールセン

映画『禁断の惑星』のテレビ放送は、2022年1月18日(火)。NHKのBSプレミアムの「BSシネマ」にて。

13:00 ~ 14:39

字幕スーパーでの放送となります。

SF映画の金字塔!『禁断の惑星』あらすじ

他の惑星への移住があたりまえとなった、2200年代。

アダムス船長(レスリー・ニールセン)ひきいる宇宙船C-57-Dの乗組員たちは、未知の惑星・アルテア4に着陸します。

 

アルテア4には地球から移民団が向かいましたが、20年前に消息を絶っていました。

生存者は、モービアス博士(ウォルター・ピジョン)とその娘・アルティラ(アン・フランシス)だけ。また、博士が作ったロボット、“ロビー”も一緒に暮らしています。

 

モービアス博士たちは、先住民族・クレル人が遺した高度な発明品によって、おだやかな生活を送っていました。

たとえば、数十キロ先まで移動できるシャトル・カー。通信のための伝送モニター。知能を倍にする「IQ増幅器」。

地下には、巨大なエネルギー生成設備まであります。

▲クリックすると動画が読み込まれます。

 

なぜ、人類を圧倒するほどの文明を持ちながら、クレル人は絶滅したのか?

 

アダムス船長が疑問を持ちはじめると、モービアス博士は警告します。

「一刻も早くこの星を離れるんだ。さもないと、君たちの宇宙船も“怪物”に襲われるぞ!」

 

やがて、姿の見えない巨大な「イドの怪物」に、ひとり、またひとりと、乗組員たちが命を奪われて・・・

フロイト心理学からの引用?“イドの怪物”とは?

宇宙船C-57-Dの乗組員たちを襲う、透明人間のようなバケモノ「イドの怪物」。

モービアス博士は、

「イドとは、古代惑星語。潜在意識の基本原理をあらわす言葉だ」

潜在意識の怪物

と、説明しています。

 

もともと、イド(id)という言葉は、フロイトが提唱した精神分析の用語で、エス(es)とも呼びます。

 

精神分析の世界では、

「人間は生まれたときはイド(エス)だけだが、イドの一部が外界と接し、“自我”となる」

という定義がありますので、イド=人間が生まれながらにして持っている本能・衝動を指します。

 

映画『禁断の惑星』では、イドの中でも特に“憎しみ”に焦点をあて、

本能的な憎しみは、高度な科学文明をもあっという間に滅ぼしてしまう

というメッセージをこめています。

 

劇中、「嫉妬」や「他人への悪口」が憎しみを増幅する場面も描かれ、ストーリーに深みがあります。とても70年も前に作られたものとは思えない!!

 

 

『禁断の惑星』のテレビ放送を見逃してしまった場合は、Amazonプライムビデオでの視聴がおすすめ。DVDよりびっくりするほど画質がよくて、特撮も楽しめます。