映画ときどき海外ドラマ

映画の紹介と、雑学

映画『エグジット・スピード』あらすじ&キャスト【マッドマックスへのオマージュ?バスの乗客VS暴走族】

スポンサーリンク

映画『エグジット・スピード』あらすじ&キャスト【マッドマックスへのオマージュ?バスの乗客VS暴走族】

前半はカーチェイス。後半は砦に立てこもっての攻防戦。ひと粒で二度おいしいアクション映画『エグジット・スピード』が、地上波テレビ放送されます。

 

この記事では、『エグジット・スピード』のあらすじとキャストをご紹介。オマージュを捧げている『マッドマックス』と比較しながら、見どころについても語っています。

映画『エグジット・スピード』地上波テレビ放送はいつ? キャストは?

 『エグジット・スピード』は2007年のアメリカ映画。長距離バスの観客たちが正体不明の暴走族集団に襲われる、犯罪アクションです。

映画『エグジット・スピード』
原題 Exit Speed
製作 2008年
製作国 アメリカ
ジャンル アクション
上映時間 92分
監督 スコット・ジール(『デーモンハンター』)
出演 ジュリー・モンド、リー・トンプソン

 映画『エグジット・スピード』の地上波放送は、2021年10月30日()。テレビ東京「サタ☆シネ」にて放送されます。

27:15 ~ 29:00

(つまり、31()の午前 3:15 ~ 5:00となります)

関東ローカルのみの放送です。

 

<『エグジット・スピード』のキャスト>

  • メレディス伍長・・・ジュリー・モンド『スーサイド・マーダー』
  • サム・カッター・・・デズモンド・ハリントン『ゴシップガール』
  • モーディ・マクミン(二児の母)・・・リー・トンプソン『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の母親役
  • ジェリー(鬼コーチ)・・・グレゴリー・ジュバラ
  • アナベル(弓使い)・・・・・・アリス・グレチェン『スクリーム・ハウス』
  • デューク(ロン毛の彼氏)・・・ニック・ソウェル
  • シーナ(デュークの彼女)・・・ケリー・ドーン・ハンコック
  • ラモン(不法移民のおっさん)・・・エヴェレット・シフエンテス
  • アーチー・スパークス軍曹(メレディスを追う、刑事風の男)・・・フレッド・ウォード『トレマーズ』のアール役

 

映画『エグジット・スピード』あらすじ【ネタバレなし】

クリスマス・イブのテキサス。

エル・パソ(=テキサス州の西部の都市)に向かう長距離バスへ、さまざまな人たちが乗りこんでいました。

 

上官の命令に従わず、軍を脱走したメレディス(ジュリー・モンド)、顔も知らない自分の子どもにプレゼントを届けたいサム(デズモンド・ハリントン)、二人の娘を持つ母親のモーディ(リー・トンプソン)などなど。

 

長距離バスが、周りに何もない荒野にさしかかった時。突然、バイクに乗った暴走族たちが、バスに向かってビンを投げてきます。バスは暴走族をふり切って逃げようとしますが、一台のバイクをひいてしまいます。

 

バイクに乗っていた青年を助けようと、バス運転手が外に出ると、

「パァーン!」

運転手は撃たれてしまいます。

 

仲間をやられて暴走族たちは、武装して追いかけてきます。乗客たちは自分たちでバスを走らせますが、その道は行き止まりとなっていて・・・

▲クリックすると動画が読み込まれます。

映画『エグジット・スピード』評価と見どころ:マッドマックスへのオマージュだらけ?

映画サイトの評価

Amazon:★★★★☆ 3.6

映画.com:★★☆☆☆ 2.7

Yahoo!映画:★★★☆☆ 2.9

  • 乗客たちの反発しあう個性が面白い
  • リー・トンプソン以外は中途半端
  • カーチェイス映画ではないが、アーチャー役の子がかわいい

見どころ:マッドマックスへのオマージュ?バスの乗客VS暴走族

監督のスコット・ジールは、『マッドマックス』シリーズをリスペクトしているようでで、冒頭にこんなやり取りがあります。

バスの運転手が、軍の輸送車のドライバーだった過去を明かした場面。話を聞いていたメレディスとサムの会話です。

 

サム「6マイル? 何のことだ」

メレディス「空港までの6マイル、危険な道よ。彼(=バス運転手)は“マッドマックス”ね」

 

この会話の直後、バスは『マッドマックス』1作目と同じような襲撃シーンに遭遇します。

 

『エグジット・スピード』は

  • 前半の1/3・・・走行中のバスに、暴走族たちが襲いかかるカーアクション
  • 後半の2/3・・・自動車解体工場に逃げこんだバスの乗客 VS 追ってきた暴走族(=砦での攻防戦)

 

アクション的にも、『マッドマックス』と『マッドマックス2』を合わせたような内容になっています。

  • マッドマックス・・・改造パトカーと暴走族たちのカーアクション
  • マッドマックス2・・・石油精製所の住民たち VS 燃料をねらう暴走族(=砦にこもっての攻防戦)

 

\ 『マッドマックス』シリーズって、ずば抜けてたなぁ!/

 

『エグジット・スピード』は、“アクションの迫力”という意味では、本家『マッドマックス』には及びません。その代わり、乗客側のキャラが立っています。

  • 脱走兵で、元・軍人の女性メレディス
  • 妻とわかれ、子供の顔も見たことがないサム
  • 2人の娘がいるで勇敢なママで、長距離ランナーでもあるモーディ
  • 生徒に手をあげ、高校をクビになったばかりのコーチ・ジェリー
  • アーチェリーの名手でゲーマーの女の子・アナベル
  • 彼女を置いたまま逃げようとした、情けない彼氏・デューク
  • デュークの彼女で、モデルのような長身のシーナ
  • スペイン語だけしかか話せないが、発明好きのおっさん・ラモン

たまたま居合わせた、個性豊かなキャラクターたち。

彼らが反目しつつもそれぞれの特技を生かし、凶悪な敵を迎え討つのは、B級アクションの醍醐味。サクッと見るぶんには楽しめます。

 

襲ってくる暴走族たちが一切しゃべらないのは、乗客側の個性を際立たせようという狙いがあったのでしょう。ただ、敵側があまりにも無個性なのはちょっと残念!