映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマの紹介、教育

映画『イルカと少年』地上波放送!【教科書にも載った感動の実話】

スポンサーリンク

「尾びれがないイルカは、長くは生きられない?」

 

実話をもとに、少年とイルカの交流を感動的に描いた映画『イルカと少年』が、地上波テレビ放送されます。

この記事では、映画『イルカと少年』のあらすじをご紹介。実際にイルカの“ウィンター”が過ごしていた水族館のホームページについてもお伝えします。

映画『イルカと少年』地上波テレビ放送(2022)はいつ?中学の教科書にも載った、ってホント?

『イルカと少年』は2011年のアメリカ映画。

ワナにかかって尾びれを失ったイルカと、内気な少年の心の交流を描く人間ドラマです。

映画『イルカと少年』
原題 Dolphin Tale
製作 2011年
ジャンル ヒューマン・ドラマ
上映時間 112分
監督

チャールズ・マーティン・スミス(『50/50 フィフティ・フィフティ』)

出演 ハリー・コニック・Jr.、ネイサン・ギャンブル、アシュレイ・ジャッド、モーガン・フリーマン

『イルカと少年』の物語は、平成28年度の中学校の英語の教科書『 NEW HORIZON English Course 2 』に載っています。

 

映画『イルカと少年』のテレビ放送は、2022年4月2日()の深夜。テレビ東京の「サタ☆シネ」にて。

27:15 ~ 29:00(=4/3()午前3:15 ~
関東ローカルのみの放送となります。

映画『イルカと少年』あらすじ【心の支えになってくれたのは、怪我をしたイルカだった】

フロリダに住む11歳のソーヤー(ネイサン・ギャンブル)は、おとなしい少年。母と二人暮らしをしているソーヤーにとって楽しみだったのが、いとこの競泳選手・カイルの泳ぎを見ることでした。

しかし、カイルが軍に入隊したため、ソーヤーの話相手がいなくなってしまいます。

 

そんなある日のこと。

ソーヤーは、海岸でワナにかかっているイルカの子供を発見します。イルカはハスケット博士(ハリー・コニック・Jr.)がいる海洋専門の病院に、救急搬送されます。

イルカが心配になったソーヤーは病院にゆくと、博士の娘・ヘイゼルと知り合います。

 

“ウィンター”と名付けられたイルカは、ケガによる感染症が悪化しており、尾びれを切り落とすことになります。

ハスケット博士は、

「尾びれがなくなったら、イルカが生きるのは難しい」

と、語ります。

 

ウィンターのことが心配になったソーヤーは、毎日のように水族館に通いつめて・・・

『イルカと少年』評価:【子供に見せたい!水族館のホームページでは、ウィンターの動画も!】

映画サイトの評価

Amazon:★★★★☆ 4.2/5

映画.com:★★★★☆ 3.7/5

Yahoo!映画:★★★★☆ 3.7/5

 

  • いい人しか出てこない。そこをどう捉えるかだけど、いいものはいい。
  • 学校では学べないことを教えてくれる。子供に見せたら、獣医さんや飼育員に憧れを持ってくれた。

見どころ:少年の純粋さが、大人の心をも動かしてゆく!

コミュニケーション下手な少年・ソーヤーと、イルカの“ウィンター”の交流。

 

そして、戦争で負傷したカイルが、泳ぐ訓練をする“ウィンター”に自分を重ね、リハビリに励む姿は感動的です。

ていねいに作られた人間ドラマは、春休みにお子さんと見るのにピッタリです。

 

ちなみに、実際にウィンターがいた水族館「Clearwater Mrine Aquarium」のホームページでは、ウィンターのビデオを見ることができます。

英語のサイトですけど。

www.cmaquarium.org

サイトの真ん中らへんに、「Winter Videos」という項目があって、飼育員とふれあうウィンターの動画を視聴できます。