映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

『 ナイロビの蜂』テレビ放送!評価と監督!動画を視聴できるサービスまで

スポンサーリンク

『ナイロビの蜂』テレビ放送!評価と監督!動画を視聴できるサービスまで

アフリカを舞台に、製薬会社の闇に迫るサスペンス映画『ナイロビの蜂』が地上波テレビ放送されます。この記事では、同映画の評価と監督フェルナンド・メイレレスの過去作についてお伝えします。

 

また、『ナイロビの蜂』を配信している動画サービスについても調べました。

 

『ナイロビの蜂』テレビ放送(2020)はいつ?

 

映画『ナイロビの蜂』のテレビ放送は、2020年7月27日(月)の深夜から(=火曜の午前)。日本テレビ系列「映画天国」にて。

 

25:59 ~ 27:59

 

関東ローカルの放送なので、その他の地域の方は見られません。

 

 

 

映画『ナイロビの蜂』原作と受賞歴

 

『ナイロビの蜂』は、2005年公開のサスペンスタッチの社会派映画。外交官の妻が殺された事件のウラに潜む、製薬会社の闇があばかれてゆきます。

ナイロビの蜂
原題 The Constant Gardener
製作国 イギリス、ドイツ、アメリカ、中国
上映時間 128分
監督 フェルナンド・メイレレス
原作 ジョン・ル・カレ
出演 レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ

 原作は、スパイ小説の名手ジョン・ル・カレの同名小説。ジョン・ル・カレの著作は映画化されたものが多く、『寒い国から帰ってきたスパイ』(1965)『裏切りのサーカス』(2011)などがあります。

 

映画版は批評家から高く評価され、編集賞(英国アカデミー賞)、編集賞(サテライト賞)を受賞しています。特に、主人公の妻を演じたレイチェル・ワイズの演技が素晴らしく、アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞で助演女優賞をとっています。

 

映画『ナイロビの蜂』内容とキャスト

 

かんたんな内容

 

ケニアの首都ナイロビ。外交官ジャスティンの妻テッサが、何者かに殺されます。

 

テッサは生前、ケニア人の医師アーノルドとともに、現地の貧しい人たちのため支援活動をしていました。なくなった時も、アーノルドと一緒でした。

 

現地の警察は、情事のもつれから来る犯行だと決めつけ、まともにテッサの死を捜査してくれません。ジャスティンが独自に事件を調べていると、ある製薬会社との関わりが見えてきます。

 

製薬会社KDHは、HIVや結核の検査と称して、現地の子供たちを集めていました。テッサはその活動の裏に、お金にまみれた陰謀があると疑っていたのです・・・

 

キャスト

 

役名、演じる俳優の順でご紹介しています。

 

ジャスティン・クエイル・・・レイフ・ファインズ

 

主人公。ケニアのナイロビに在住する外交官。演じるのは、『シンドラーのリスト』『レッド・ドラゴン』のレイフ・ファインズ。

 

テッサ・クエイル・・・レイチェルワイズ

 

ジャスティンの亡くなった妻。 演じるのは、『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』のレイチェル・ワイズ。

 

サンディ・ウッドロウ・・・ダニー・ヒューストン

高等弁務官。テッサのよき相談相手だった。

 

バーナード・ペレグリン・・・ビル・ナイ

製薬会社の会長。結核の新薬“ダイプラクサ”の製造を主導する。

 

評価と感想

 

大手映画サイトの評価

  • Yahoo!映画:★★★☆☆ 3.6
  • 映画.com:★★★☆☆ 3.6
  • filmarks:★★★★☆ 3.7

 

 製薬会社と政府の利害関係が複雑にからむストーリーのため、“難しい”という声がちらほら。ドキュメンタリータッチですすむ展開に眠くなる、という意見もありました。

 

ただ、妻の愛を確かめたい夫の意地(=ミニマムな視点)から、巨大利権の闇(=グローバルな問題)を浮かび上がらせる構成は見事です。

 

また、「先進国の利益のために、開発途上国の貧しい人々が食い物にされているのではないか?」というテーマは、見る者に訴えかけるものがあります。

 

利益を享受しているのは、製薬会社だけではありません。薬のみならず、コーヒーだって穀物だって石油だって、そう。私たちが物資を安く購入できるのは、低賃金で働かされる途上国の人たちがいるから。そんなことを考えさせる、意義深い映画です。

 

 

 『ナイロビの蜂』フル動画を視聴できるサービスはどこ?

 

 『ナイロビの蜂』を視聴できる動画サイトはあるのか? 大手4つのサービスの配信状況です。

ナイロビの蜂
サービス名 配信状況 吹き替え 無料体験
U-NEXT 31日間
Amazonプライム 30日間
Netflix なし
Hulu 14日間

 2020年7月27日現在、配信しているのはU-NEXT(ユーネクスト)とAmazonプライムビデオだけ。どちらも、字幕版のみです。

 

 U-NEXT(ユーネクスト)の配信期限は、2020年7月31日までです。

 

 監督フェルナンド・メイレレスの作品リスト

 

映画監督フェルナンド・メイレレスは、ブラジルのサンパウロ出身。初監督作『シティ・オブ・ゴッド』が世界に衝撃を与え、ハリウッドに招かれます。単独での監督作は『ナイロビの蜂』を含め、わずか5本。プロデューサー業も兼ねており、地元ブラジルの若手監督の育成につとめています。

 

原作から普遍性をあぶり出すのが巧い監督です。遠い国の出来事のはずなのに、いつの間にかキャラクターに感情移入してしまいます。

 

 『シティ・オブ・ゴッド』(2002年)

 

 

ブラジルの貧民街で、ストリート・ギャングとして生きる少年たちを描いた問題作。サッカー選手になるか? ギャングとして、銃を手に取るか? あどけない少年が泣きながら銃をぶっ放すシーンは、涙なしには見られません。

 

人生に大きな影響を与えるであろう1本です。

 

『ブラインドネス』(2008年)

ジュリアン・ムーア主演『ブラインドネス』(2008年)

“かかったら完全に失明する”という謎の伝染病が、世界中に大流行。政府は収容所に感染者を隔離しますが、収容所では徐々に秩序が壊れはじめ・・・

 

飲みこみづらい設定の原作を、誰もが共感できるパニック映画に昇華させた演出は見事! 極限状態に追いこまれた人間の本性が、あらわになります。

 

 『360』(2011年)

ジュード・ロウ出演 『360』(2011年)

売春婦、エリートサラリーマン、元・犯罪者にカメラマン。国も職業も違う男女が、目に見えない輪でつながれてゆく群像劇。

 

『クラッシュ』『マグノリア』のように、無関係な人びとの人生が交錯するタイプの作品。やや地味かな。

 

『2人のローマ教皇』(2019年)

 

 ベネディクト16世と、ベルゴリオ枢機卿。考え方のまったく異なる2人の教皇が、衝突を乗りこえてゆく人間ドラマ。アンソニーホプキンス、ジョナサン・プライスという2大俳優の演技に圧倒されます。

 

www.entafukuzou.com

こんな幸せな気持ちでエンディングを迎えられる映画も、珍しい。動画サービスNetflixのオリジナル作品。ネットフリックスのみで視聴できます。