映画ときどき海外ドラマ

映画の紹介と、雑学

西部劇映画『カラミティ・ジェーン』NHKのBSで放送!【カッコカワイイ女性ガンマンのミュージカル!】

スポンサーリンク

西部劇映画『カラミティ・ジェーン』NHKのBSで放送!【カッコカワイイ女性ガンマンのミュージカル!】

「男勝りの女ガンマンが主人公。ミュージカル。おまけにツンデレ」

 

楽しいミュージカルであり、せつない恋愛映画であり、「女性らしさとは何か?」を問う社会派作品でもある。

いくつもの顔を持つ映画『カラミティ・ジェーン』が、NHKのBSで放送されます。

 

この記事では、映画『カラミティ・ジェーン』のあらすじと見どころをご紹介します。

西部劇映画『カラミティ・ジェーン』NHKのBSプレミアムでの放送はいつ? タイトルの意味は?

『カラミティ・ジェーン』は1953年のアメリカ映画。

西部開拓時代を舞台に、男勝りの女性ガンマンとすご腕の保安官の恋を描いたミュージカルです。

ミュージカル映画『カラミティ・ジェーン』
原題  Calamity Jane
製作 1953年
製作国 アメリカ
ジャンル 西部劇、ミュージカル
上映時間 101分
監督 デイヴィッド・バトラー(『モロッコへの道』)
脚本 ジェームズ・オハンロン(『月世界征服』)
出演  ドリス・デイ、ハワード・キール、アリン・アン・マクレリー

カラミティ・ジェーンのモデルは、西部開拓時代に実在した女性ガンマンです。本名は、マーサ・ジェーン・カナリー。

「カラミティ」( calamity =災厄)はあだ名で、由来は諸説あります。

  • 騎兵隊長をインディアンの襲撃(=災害)から救った
  • 男たちに、「私を馬鹿にすると、ひどいめ(=災厄)に遭うよ」と言いふらしていた

 

映画『カラミティ・ジェーン』のテレビ放送は、2021年11月19日(金)。NHKのBSプレミアムの「BSシネマ」にて。

13:00 ~ 14:42

字幕スーパーでの放送となります。

映画『カラミティ・ジェーン』あらすじ【カッコカワイイ女性ガンマンのミュージカル!】

西部の田舎町、デッドウッド。

この町に、男顔負けの射撃の腕をもつ女ガンマン、ジェーン(ドリス・デイ)がいました。ジェーンは、保安官のワイルド・ビル・ヒコック(ハワード・キール)とは、悪友の関係。お互いを認めつつも、会えば口げんかする仲でした。

 

さて、町の劇場主は、ニューヨークで大人気の女優、フランシス・フライアーを酒場に招待しようとします。ところが、手違いが起き、町にやってきたのは男性の喜劇俳優でした。女優を見たくて集まった客たちは、怒り出します。

 

すると、ジェーンは客たちをなだめ、

「もっとべっぴんな女優を雇ってるんだ。アデレード・アダムスさ!」

と、口走ってしまいます。

 

アデレード・アダムスとは、都会で活躍する有名女優でした。もちろん、ジェーンがとっさに付いた嘘です。デッドウッドのような田舎町に、アデレードほどの大女優が来るとは思えません。事態はさらに悪化します!

 

保安官のヒコックは、ジェーンに

「お前は“カラミティ”( calamity =疫病神 )だな!」

と、皮肉を言います。

 

責任を感じたジェーンは電車に乗り、遠く離れたシカゴに向かいます。本物のアデレードを連れてくるためです。

 

 

さて、シカゴの劇場では、アデレード・アダムスが今夜の舞台を終えたばかりでした。付き人のケーティ(アリン・アン・マクレリー)は、いつか自分も舞台で踊りたい、と思っています。

ケーティは舞台に立たせてほしいと頼みますが、アデレードは歌も踊りもヘタなケティを相手にしません。軽く聞き流すと、劇場を後にします。

 

そこへジェーンがやってきます。ジェーンは、控室に残っていたケーティをアデレード本人とかん違い!付き人のケーティを故郷の町へ連れ帰ってしまい・・・

 

▲クリックすると動画が読み込まれます。

 ツンデレ&せつない恋愛映画? 『カラミティ・ジェーン』見どころ

三角関係どころか四角関係?

主人公のジェーンと、保安官のヒコックは親友同士。序盤は、テンポのよい会話が続きます。

ジェーンの大げさな自慢話を信じようとしないヒコック。ジェーンは、彼の足元をねらい撃ちします。

 

バーン! 

ジェーン「嘘だって言うのかい?」

 

バーン! (手元をねらって早撃ち!)

ヒコック「たまには髪をとかせ」

 

しかし、ジェーンが踊り子見習いのケーティを連れてくると、ややこしいことに!

ジェーンがちょっとだけ好意を寄せるギルマーティン少尉もふくめた、四角関係に発展してゆくのです。

 

① ジェーン ⇨ ホントは保安官のヒコックが好き。でも、友だち関係なので、ギルマーティン少尉に気持ちがなびく。少尉も自分のことを好きなはず、と思っている。

② ヒコック ⇨ ジェーンとのことは友だち。ジェーンが連れてきたケーティにひと目ぼれ!

③ ギルマーティン少尉 ⇨ ケーティに猛アタック!

④ ケーティ ⇨ジェーンが少尉に好意を抱いていると思ってる。少尉に言い寄られて困惑するけど・・・

 

ジェーンは少尉やヒコックからは、ずっと恋愛相手と見なされてなくて・・・一見すると楽しいミュージカルなんだけど、せつない恋愛映画でもあります。

ドリス・デイのダンスに圧倒される! 元気の出るミュージカル!

ドリス・デイといえば、ヒッチコックの傑作サスペンス『知りすぎていた男』では、名曲「ケセラセラ」を熱唱していた女優さん。

 

『カラミティ・ジェーン』のミュージカル・シーンでは、すらりと長い手足を伸ばして、酒場の中を走り回ります。

宝塚の男役も顔負け! その気持ちよさといったら!!

 

 

Amazonプライムビデオで『カラミティ・ジェーン』字幕版を見る

 

※Amaozonプライムビデオで視聴する場合は、299円のレンタル料金がかかります(2021年11月時点)。