映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマの紹介、教育

映画『バッド・ディシジョン 終わりなき悪夢のはじまり』あらすじ!【コソ泥VS金持ちサイコパス】

スポンサーリンク

映画『バッド・ディシジョン 終わりなき悪夢のはじまり』あらすじ!【コソ泥VS金持ちサイコパス】

「名前も知らない女性を助けて、何の得がある?」

 

セレブ客の豪邸に侵入したコソ泥が、屋敷で見つけたのは監禁された女性! イケメンセレブの正体は、身も凍りつくサイコパスだった?

スリラー映画『バッド・ディシジョン 終わりなき悪夢のはじまり』が、テレビ放送されます。

映画『バッド・ディシジョン 終わりなき悪夢のはじまり』地上波テレビ放送はいつ?

 『バッド・ディシジョン 終わりなき悪夢のはじまり』は2019年のアメリカ映画。

若いコソ泥が忍びこんだ金持ちの屋敷には、女性が監禁されていた!金持ちサイコパスから命を狙われる、スリラーです。

年齢制限:PG12(12歳未満のかたは、保護者の助言・指導が必要)

映画『バッド・ディシジョン 終わりなき悪夢のはじまり』
原題 Bad Samaritan
製作 2019年
ジャンル サイコ・スリラー
上映時間 110分
監督 ディーン・デブリン(『ジオストーム』)
出演 ロバート・シーハン、デヴィッド・テナント
映画『バッド・ディシジョン 終わりなき悪夢のはじまり』の地上波放送は、2022年5月14日()の深夜。テレビ東京「サタ☆シネ」にて放送されます。
27:15 ~ 29:00

(つまり、15()の午前 3:15 ~となります)

関東ローカルのみの放送です。

関連:【見やすい】地上波テレビ映画の放送予定

映画『バッド・ディシジョン 終わりなき悪夢のはじまり』あらすじ【コソ泥VS金持ちサイコパス】

オレゴン州のポートランド。

高級レストランで駐車係としてはたらくショーン(ロバート・シーハン)とデレクは、ケチなコソ泥。客がレストランで食事をしている間に、あずかった車で客の家に忍びこみ、盗みを続けていました。

 

ある夜のこと。

高級外車マセラティに乗った中年男性・ケイル(デヴィッド・テナント)が、ショーンたちに車のキーをあずけます。いかにもセレブらしい、気取った態度。

(この、金持ちクソ野郎!)

ショーンは内心そう思いながら、カーナビの記録から家を割り出し、ケイルの豪邸に潜入します。

 

部屋には最高級のクレジット・カード、ブラックカードがあります。浮かれたショーンが室内を物色していると・・・

ばん!

部屋の奥には、縄で手をしばられ、猿ぐつわで口をふさがれた女性の姿が!

(あのセレブ男は、女を監禁してた!!)

 

しかし、家宅侵入がバレそうになったショーンはひとまずレストランに戻り、ケイルに車のキーを返します。

ショーンはすぐさま警察に通報しますが、ケイルは先回りして、別の女友だちを家に呼んでおり、警察をやり過ごします。

警察があてにならないと悟ったショーンとデレクは、自分たちで女性を救出しようとしますが・・・

映画『バッド・ディシジョン 終わりなき悪夢のはじまり』評価と見どころ

映画サイトの評価

Amazon:★★★☆☆ 3.6/5

映画.com:★★★☆☆ 2.9/5

Yahoo!映画:★★★☆☆ 3.3/5

  • 2/3まではよくできてる。残り1/3は雑
  • ハイテクなサイコはひねりがあるけど、やることがせこい

見どころ:スリラー映画としてはイマイチだが、“伝えたいこと”がある

スリラー映画に観客が求めるのは、「時間軸が短いなかでの攻防戦」ではないでしょうか?

密室での息詰まるやり取りとか、タイムリミットが迫る中でのギリギリの決断とか。

 

ただ、本作はそういうタイプではなく、サイコパス VS 頼りない青年の時間をかけた頭脳戦、という感じ。緊張感が持続しにくい構成なので、スリラー映画としては物足りない。

 

でも、ちゃんと作り手のメッセージが込められています。

 

警察をうまくあしらった金持ちサイコパスのケイル。

監禁された女性を助けたいショーンと、前科があることから通報をためらうデレクは言い合いになります。

 

44分12秒。デレクの台詞。

「ムショに行きたいなら通報しろ。でも、オレみたいな人種は嫌われ者だ。“兄弟たち”が身をもって証明してる」
「近所のアホな奴らだって同じさ! たいした楽しみもなく、毎日生きてるんだ

ケチな犯罪を重ねてきたショーンとデレクは、通報したところで得るものはありません。善意から行動しても、永住権を失う恐れさえあります。

 

だからこそ、ショーンの自己犠牲の精神は、尊いものがあります。びびりの小悪党が、“何の得にもならない正義”のために、一枚も二枚も上手(うわて)のセレブに立ち向かう。

映画の主人公、ってこうでなきゃ!