映画ときどき海外ドラマ

映画の紹介と、雑学

『アンという名の少女』シーズン3!wikiより詳しいあらすじと登場人物

スポンサーリンク

『アンという名の少女』シーズン3!wikiより詳しいあらすじと登場人物

名作文学『赤毛のアン』を映像化した、『アンという名の少女』。原作のテイストを残しつつ、人種差別や同性愛といったテーマを盛りこんだドラマです。

NHKではシーズン1とシーズン2を放送しており、2021年11月28日からはシーズン3の放送も始まります。

 

この記事では、『アンという名の少女』の登場人物や概要を、wikiよりわかりやすくご紹介。シーズン1からシーズン3までのストーリーも簡単にお伝えします。

※できるだけネタバレは避けています。

 ロケ地は? 脚本家は?『アンという名の少女』概要

 『アンという名の少女』は、不朽の名作文学『赤毛のアン』を原作とするドラマ。

自然あふれるカナダの小さな島を舞台に、さまざまな人生経験を重ねてゆく少女と周囲の人々の人間ドラマです。

海外ドラマ『アンという名の少女』
原題 Anne with an E
製作 Netflix(ネットフリックス)、カナダCBC
ジャンル ファミリードラマ、人間ドラマ
シーズン数 シーズン3、全27話(打ち切り)
原作 ルーシー・モード・モンゴメリ『赤毛のアン』
企画&脚本 モイラ・ウォリー=ベケット(『ブレイキング・バッド』『フレッシュ・アンド・ボーン』)
出演 エイミーベス・マクナルティ、ジェラルディン・ジェームズ、R・H・トムソン、ルーカス・ジェイド・ズマン

クリエイターは、『ブレイキング・バッド』でエミー賞を受賞しているモイラ・ウォリー=ベケット。人間の“負”の側面をするどく描きつつも、かすかな希望を見せてくれる脚本家です。

 

ロケ地は、カナダのプリンスエドワード島。原作の舞台となった島で、そのまま撮影されています。

 

シーズン3は、2021年11月28日()の23:00より、NHKの総合テレビで放送されます。

『アンという名の少女』wikiより詳しいキャスト&吹き替え声優

アン・シャーリー・カスバート(シーズン1~)

エイミーべス・マクナルティ/上田 真紗子

グリーンゲーブルズ屋敷に住む、マシューとマリラ兄妹の養女となる女の子。

孤児院出身でやせっぽち。たくさん本を読んでいて、想像力も豊か。

マシュー・カスバート(シーズン1~)

R・H・トムソン/浦山 迅(うらやま じん)

グリーンゲーブルズ屋敷の主で、マリラの兄。農場を経営する。

マリラ・カスバート(シーズン1~)

ジェラルディン・ジェームズ/一柳 みる(ひとつやなぎ みる)

マシューの妹。グリーンゲーブルズ屋敷を家事で支える。最初はアンの受け入れに反対するも、少しずつ受け入れてゆく。

ギルバート・ブライス(シーズン1~)

ルーカス・ジェイド・ズマン/金本 涼輔(かねもと りょうすけ)

アンのクラスメートで、アンと学力を競う男の子。

シーズン2では、見識を広げようと旅に出ることを決意する。

ダイアナ・バリー(シーズン1~)

ダリア・ベラ/米倉 希代子(よねくら きよこ)

アンの大親友となるクラスメート。

アヴォンリー村でも有数のお金持ちのお嬢さん。アンは、美人のダイアナが羨ましい。

ジェリ・ベイナード(シーズン1~)

エイメリック・ジェット・モンタズ/霧生 晃司(きりゅう こうじ)

グリーンゲーブルズ屋敷の下働きの少年。事あるごとに、ダイアナの美しさをホメている。

レイチェル・リンド(シーズン1~)

コリーン・コスロ/堀越 真己(ほりこし まみ)

グリーンゲーブルズ屋敷の近所のおばさん。うわさ好き。

ジョセフィン・バリー(シーズン1~)

デボラ・グローヴァー/沢田 敏子(さわだ としこ)

ダイアナの大叔母さん。交友関係が広く、アンやコールに幅広い生き方があることを教えてくれる。

ビリー・アンドリュース(シーズン1~)

クリスチャン・マーティン/須藤 翔(すどう しょう)

シーズン2ではコールをいじめ、シーズン3でもカクウェットに嫌がらせをするいじめっ子。

ジョーシー・パイ(シーズン1~)

ミランダ・マッキーオン/弘松 芹香(ひろまつ せりか)

叔父は銀行家。アンに敵意をむき出しにして、意地悪する女の子。

セバスチャン・“バッシュ”・ラクロア(シーズン2~)

ダルマー・アブゼイド/須藤 翔(すどう しょう)

ギルバートと船の上で出会い、親友となる黒人の青年。肌の色のせいで差別されても、落ちついた態度をとる。

ネイト(シーズン2)

タラ・ローレン/坂井 易直(さかい やすなお)

相棒のダンロップとともに、グリーンゲーブルズ屋敷の下宿人となる詐欺師。イケメンで、マリラの心をもゆり動かす。

コール・マッケンジー(シーズン2~)

コーリー・グラッター・アンドリュー/須藤 翔(すどう しょう)

アンのクラスメート。絵を描くのが好きな、心のおだやかな少年。

かよわいために、試練にさらされるが・・・

ミュリエル・ステイシー(シーズン2~)

ジョアンナ・ダグラス/園崎 未恵(そのざき みえ)

新任の女性教師。いでたちから教育方法まで型破りで、科学の知識も持つ。

レイチェルさん(マリラの隣人)のおせっかいで、交際相手を紹介されて困ってしまう。

メアリー・ラクロア(シーズン2~)

カーラ・リケッツ/弘松 芹香(ひろまつ せりか)

バッシュの妻。前夫とのあいだに、イライジャという息子がいる。

ギルバート(白人)とバッシュ(黒人)の友情を理解できる、数少ない人物。

カクウェット(シーズン3)

キアウェンティイオ・ターベル/朝井 彩加(あさい あやか)

先住民・ミクマク族の女の子。アンの生き方に共感をおぼえる。

ウィニフレッド・ローズ(シーズン3)

アシュリー・スチュワート/朝井 彩加(あさい あやか)

ギルバートと知り合う、芝居好きの女の子。由緒ある家系のお嬢さま。

『アンという名の少女』シーズン1 あらすじ【ギルバートが登場するのは、第3話!】

第1話・・・「運命は自分で決める」

カナダのプリンスエドワード島には、農場を営むマシューとマリラという、年老いた兄妹がいました。二人は農場を手伝ってくれる男の子を養子にしようとしますが、やってきたのは、やせっぽちの女の子・アンだったのです・・・

第2話・・・「私は罠にはかからない」

盗みをはたらいたと勘違いされたアンは、孤児院に戻されることに。マシューは、アンを連れ戻そうと馬車を走らせますが・・・

第3話・・・「若さとは強情なもの」

アヴォンリーの小学校に通うことになったアン。ダイアナという親友ができますが、クラスになじめず、いじめに遭ってしまい・・・

第4話・・・「宝は私の中に」

アンのクラスメートの家が火事になってしまいます。孤児院で消防訓練の経験があったアンは、急いで救出に向かって・・・

第5話・・・「固く結ばれた糸」

アンは、親友のダイアナを家に招いて“お茶会”を開きます。アンは、勉強でしのぎを削っていたギルバートに、恋心を抱き始めて・・・

第6話・・・「後悔は人生の毒」

ダイアナの妹ミニー・メイが病気になってしまいます。同じ症状の子を看病したことのあるアンは、メイの命を救います。アンは、ダイアナの大叔母で聡明なジョセフィンと知り合いになり・・・

第7話・・・「あなたがいてこそ我が家」

収穫物を積んだ船が難破したため、マシューは大赤字を出してしまいます。このままでは農場を売らなくちゃいけない! マリラとアンは、お金を工面しようとかけ回りますが・・・

『アンという名の少女』シーズン2 あらすじ【ギルバートの帰郷は、第5話!】

第1話・・・「青春は希望の季節」

詐欺師のネイトが、アヴォンリーの村の地層から金鉱が見つかった、と大騒ぎ! 村の人々から土地の検査のための資金をだまし取ろうとして・・・

第2話・・・「小さなしるしは測定できるが、その解釈は無限」

船の上で、黒人の青年バッシュと知り合ったギルバート。バッシュの故郷トリニダード・トバゴに降り立ったギルバートは、人種差別の現実を知り・・・

第3話・・・「本当のものを見るのは心の目」

マシューとマリラは、下宿人のネイトとダンロップに疑念を抱きます。しかし、ダイアナのパパは、多額の検査料を出資すると決めてしまって・・・

第4話・・・「かなえられぬ希望の痛ましい焦り」

マシューには、学生の頃に叶わなかった恋がありました。そんな思いを告げられなかった相手から手紙が届きます。アンは、返事を書こうとしないマシューの代わりに、ペンを取り・・・

第5話・・・「彼女の生涯を決定した行為」

学校では、男の子も女の子も混じって、キス・ゲームが行わわれます。アンは容姿に悩むとともに、絵を描くのが好きな少年・コールに親しみを感じ始めて・・・

第6話・・・「独断的結論に私は抗議する」

アヴォンリーの村ではクリスマス・シーズン恒例のパントマイム(=大衆演劇)が行われ、アンもマシューも舞台に立つことに。

第7話・・・「気分が変わるように記憶も変わる」

芸術家肌の少年・コールは手をけがして、絵を描けなくなります。パーティでダイアナの大叔母・ジョセフィンと出会ったコールは、ジョセフィンの秘められた過去を知り・・・

第8話・・・「事実を認めまいとしてもがく」

アンのクラスメートのプリッシーと語学の教師が結婚することに。

語学の教師は、なぜかコールに冷たくあたります。コールはその理由に勘づいており・・・

第9話・・・「かつてのわれらは今のわれら」

新任のステイシー先生は、教え方も型破り。アンはすっかり憧れるけど、先生からは煙たがられて・・・?

第10話・・・「この世界に増大する善」

クラスメートを傷つけてしまったコールは、教室を飛び出してます。ステイシー先生も監督責任を問われることになり・・・

『アンという名の少女』シーズン3!wikiよりわかり易いあらすじ

第1話・・・「知りたい秘密」

アンは先住民ミクマク族の少女・カクウェットと出会い、すぐ仲良くなります。

さて、16歳の誕生日をむかえたアンは、自分のルーツを知りたくなります。マシューとマリラは、アンが自分たちの元を去るような気がして不安になり・・・

第2話・・・「内なる魂の叫び」

アンは両親の記録を調べるため、コールとともに孤児院を訪れます。しかし、生前の両親を知る手がかりは見つからず・・・

いっぽう。ギルバートは、ガイコツの標本に話しかける芝居好きの女の子・ウィニフレッドと知り合います。アンの恋のライバル出現?

第3話・・・「何事にも屈しない強い思い」

バッシュの妻・メアリーは、敗血症という治療の難しい感染症にかかってしまいます。医師を志すギルバートはメアリーに病状を伝えることになり・・・

第4話・・・「別の世界での再会を信じて」

バッシュはメアリーが遺した手紙を、メアリーの息子・イライジャに届けようとしますが、喧嘩になります。

また、寄宿学校に入れられたカクウェットは、ミクマク語を制限され、先生に反発します。しかし、“同化政策”をとる学校側は、カクウェットに体罰を与え・・・

第5話・・・「恐れを知らぬがゆえの強さ」

夏祭りに備えて、ダンスの練習が行われます。アンは、より強くギルバートに恋愛感情を抱くことに。

生まれたばかりのデリの子育てに手を焼くバッシュは、故郷トリニダード・トバゴの母に助けを求める手紙を書きます。

第6話・・・「願望の行き着くところ」

大規模な夏祭り「カウンティフェア」が催されます。アンは、ギルバートとウィニフレッドが仲睦まじく歩いているところを目撃! ショックを受けてしまい・・・

アンやマリラが気球からプリンスエドワード島を一望する、美しいシーンあり。

第7話・・・「正義を信じる行い」

アンが書いた「女性の自立」を訴える記事が学校新聞に掲載され、波紋を広げます。アンは。かばったつもりのジョージーからも怒られます。

災難はつづきます。ダイアナが交際相手のことを黙っていたため、アンとダイアナの友情にもヒビが入ってしまい・・・

第8話・・・「突然におとずれる変化」

カクウェットは寄宿学校から、家族のもとへ逃げ帰ります。

いっぽう。ウィニフレッドの両親にあいさつに行ったギルバートは、援助の申し出を受けます。それは、ウィニフレッドと結婚すれば、名門大学の学費を払ってくれうというもので・・・

第9話・・・「深淵(しんえん)なる闇」

ギルバートへの本当の気持ちに気づいたアンは、告白を決意します。ギルバートの心は、アンとウィニフレッドのあいだで揺れ動きます。

いっぽう。カクウェットは強制的に寄宿学校へ連れ戻されます。アンとマシューは、カクウェットの家族のもとを訪れ・・・

第10話・・・「心の導き」

アンとダイアナはともに、クイーンズ郡の大学に通うことになります。いっぽうのギルバートはカナダの名門・トロント大学に通うことに。

そんな中、マシューとマリラは、アンの両親に関する記録を見つけて・・・

 

 

『アンという名の少女』のDVDやブルーレイの販売情報、インターネットの配信で見る方法についてはこちらの記事でくわしく解説しています。

www.entafukuzou.com