映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

『アンという名の少女』シーズン2を見るには?あらすじと感想

スポンサーリンク

『アンという名の少女』シーズン2を見るには?あらすじと感想

児童文学の不朽の名作『赤毛のアン』を映像化したドラマ、『アンという名の少女』。2020年の秋にNHKで放送されたシーズン1は、大きな反響を呼びました。ドラマはすでにシーズン3まで製作されていますが、シーズン2をすぐ見るにはどうしたら良いのでしょうか?

 

この記事では、海外ドラマ『アンという名の少女』シーズン2を見る方法をご紹介。ネタバレにならない範囲で、シーズン2のあらすじと感想をお伝えします。

 

 

Amazonプライム? TSUTAYAのレンタル? 『アンという名の少女』シーズン2を見るには?

 

こちらの記事でも詳しく書いていますが、海外ドラマ『アンという名の少女』は、カナダの公共放送CBCと動画サービスNetflix(ネットフリックス)の共同製作。

『アンという名の少女』最終回の再放送決定!日程と第7話&第8話のあらすじ

 

 

日本での配信権は、Netflix(ネットフリックス)が持っています。これがどういう事かというと、動画の配信はNetflix(ネットフリックス)だけで行われることを意味します。Amazonプライムビデオでは、いくら待っても配信されることはないでしょう。

 

 

 

また、【Netflixオリジナル作品】と銘打っているもので、かつNetflixが製作に関わっている作品は、DVDやブルーレイが発売されることもありません。つまり、ゲオやTSUTAYAでもレンタルできないことを意味します。

 

『アンという名の少女』シーズン2を見るには?Netflix

出典:Netflix

 

このため、『アンという名の少女』シーズン2を見るには、有料の動画サービスNetflix(ネットフリックス)に加入するしかありません。Netflixでは、『アンという名の少女』のシーズン1からシーズン3まで配信されています。

(⇦ いちおう、シーズン3で打ち切り)

 

www.netflix.com

 

そもそも、Netflix(ネットフリックス)どころか、動画サービスがどういうものか知らないという場合は、こちらで詳しく解説しています。

 

www.entafukuzou.com

 

 

『アンという名の少女』シーズン2のあらすじ【ネタバレなし】

 

 

シーズン1までは・・・

 

カナダにある、プリンスエドワード島のアヴォンリー村。グリーンゲーブルズ屋敷に住む老兄妹マシューとマリラのもとに、養女アン・シャーリーが迎えられて、数カ月。

 

初めはイジメられていたアンも、徐々に学校になじめるようになります。裕福なバリー家の娘・ダイアナと親友となり、勉強のライバルとなった男の子・ギルバートとには恋心を抱くようになります。

 

 

 

そんな中、マシューたちの作物を積んだ船が沈んでしまい、カスバート家は大きな負債を抱えてしまいます。マシューとマリラは借金を返すために、グリーンゲーブルズ屋敷に二人の下宿人を住まわすことにします。

 

ところが、下宿人となったネイトとダンロップの正体は、各地で詐欺をくり返してきた強盗だったのです・・・

 

 

金が見つかった? イケメン詐欺師にダマされるアヴォンリー村の人々!

 

グリーンゲーブルズ屋敷に下宿していたネイトは、地質学者を装って、アヴォンリー村の土から「金の鉱脈が見つかった!」と嘘をつきます。ネイトは、地質調査のために調査料がかかると言って、1世帯あたり150ドルだまし取ろうとします。

 

イケメンで口に上手いネイトに、マリラもつい心を許してしまいます。

 

 

ネイトに言葉巧みにだまされたダイアナのお父さんは、村のみんなの調査料を立て替え、大金を払ってしまいます。このことで、ダイアナのお父さんとお母さんは険悪なムードとなるのでした。

 

ギルバート、親友との出会い! アンは恋のキューピッドになる?

 

いっぽう。見識を広めるため外国をめざしたギルバートは、蒸気船の中で黒人青年バッシュと知り合います。ギルバートは、バッシュの故郷トリニダード・トバゴに降り立ちます。そこでギルバートが見たものは、黒人であるバッシュに投げかけられる差別的な言葉。

 

白人のギルバートは、バッシュがあからさまに差別される様子をみて、大きなショックを受けます。

 

 

さて、カスバート家にも変化が訪れていました。マシューのもとに恋文が届いていたのです。お相手は、マシューの学生時代の同級生。しかし、マシューはなぜか返事を書こうとしません。

 

「マシューに幸せになってほしい」

そう願うアンは、マシューのふりをして、お相手に返事を書いてしまい・・・

 

 

 

『アンという名の少女』シーズン2 登場人物&キャスト

 

アン・シャーリー・カスバート

エイミーべス・マクナルティ/上田 真紗子

 

 グリーンゲーブルズ屋敷の年老いた兄妹マシューとマリラの養女となった、やせっぽちの女の子。おしゃべりで想像力が豊か。

 

学力を競い合ったギルバートに、ほのかな恋心を抱いている。

 

 マシュー・カスバート

R.H.トムソン/浦山 迅(うらやま じん)

 

グリーンゲーブルズ屋敷の主で、マリラの兄。農作物を育てて生計を立てているが、負債を抱えている。

 

シーズン2では、学生時代の級友から恋文をもらい、恋愛に発展?

 

マリラ・カスバート

 

グリーンゲーブルズ屋敷の住人。マシューの妹。家事で兄を支える。初めはアンの受け入れに反対したが、徐々に彼女を受け入れるようになった。

 

シーズン2では、下宿人に迎えた若いネイトに惹かれたり、外国人の旅人につい冷たい態度を取ったりと、より人間らしく描かれている。

 

ネイト

演:タラ・ローレン

 

地質学者を装って、アヴォンリー村にやってきた詐欺師。ダンロップとは長い間、強盗仲間である。

 

口が上手く、人の心に入りこむのが得意。そのいっぽう神経質で、グリーンゲーブルズ屋敷の下働きの少年・ジェリーに正体がバレないか、気をもんでいる。

 

ダンロップ

演:シェーン・カーティ

 

ネイトの強盗仲間。身分を隠して、グリーンゲーブルズ屋敷の下宿人となる。内心では強盗から足を洗いたがっていて、アヴォンリー村に残りたいと思っている。

 

ギルバート・ブライス

ルーカス・ジェイド・ズマン/金本 涼輔

 

アンのクラスメート。見識を広めたいと考え、休学して、蒸気船に乗って旅に出る。船の中で黒人青年バッシュと出会い、親友となる。この出会いが、ギルバートの進路に大きな影響を与えることに。

 

シーズン2では、途中までアンとは別行動。第6話で、学校に戻ってきます。

 

セバスチャン・“バッシュ”・ラクロア

演:ダルマー・アブゼイド

 

蒸気船の上でギルバートと知り合った黒人の青年。ギルバートの良き友となる。

 

コール・マッケンジー

演:コーリー・グラッター・アンドリュー

 

 

アンのクラスメート。絵を描くのが好きな優しい男の子。かよわい一面あるが、女の子の間では最近カッコよくなったと評判。

 

ダイアナ・バリー

ダリア・ベラ/米倉 希代子

 

アヴォンリー村でも裕福な、バリー家の長女。アンのクラスメートで親友。ダイアナのお父さんが、ネイトたちにお金を騙し取られたことがきっかけで、バリー家は大きな危機にさらされる。

 

 ミニー・メイ

 演:ライアン・キエラ・アームストロング

 

 アンの親友ダイアナの妹。

 

役どころとしてはチョイ役なんですが、物凄い存在感。シーズン2の第2話&第3話では、笑わせてもらいました!!

 

 

『アンという名の少女』シーズン2の感想

 

 シーズン2では、グリーンゲーブルズ屋敷に下宿するネイトやダンロップはじめ、ギルバートが出会う黒人青年バッシュなど、原作には出てこないキャラクターが多数登場します。

 

マシューの叶わなかった恋のエピソードは注目です。アン自身も、キスに憧れ、容姿に悩む思春期の女の子らしい経験をつんでゆきます。

 

 

また、人種差別・同性愛などより現代的なテーマも描かれ、ドラマオリジナルの要素が強くなっています。しかし、原作のテイストはちゃんと残しており、見ていて心が洗われるような清々しさがあります。