映画ときどき海外ドラマ

映画・ドラマを楽しむブログ。たまに雑学。

超絶アクション!Netflix映画『6アンダーグラウンド』あらすじと感想

アルファロメオ

マイケル・ベイ監督とライアン・レイノルズがタッグを組んだアクション映画、『6アンダーグラウンド』の配信が始まりました。

 

圧倒的なスピード感! 超絶カーチェイス! 美しすぎるロケ地!

 

この記事では、アクションファン大満足の映画『6アンダーグラウンド』のあらすじをご紹介。率直なレビューを書きたいと思います。

 

 

製作費はどれくらい? Netflix映画『6アンダーグラウンド』の概要

 

『6アンダーグラウンド』(シックス アンダーグラウンド)は、製作会社スカイダンスと動画配信サービスNetflixが共同製作したアクション映画です。

 

劇場公開はされず、Netflix(ネットフリックス)でのみ視聴できます。

 

www.youtube.com

 

6 アンダーグラウンド
原題 6 Underground
製作国 アメリカ
配信開始 2019年
上映時間 129分
監督 マイケル・ベイ
脚本 レット・リース、ポール・ワーニック
出演 ライアン・レイノルズ、メラニー・ロラン

 

 監督は『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイ。主演は『デッド・プール』のライアン・レイノルズ。製作費は、Netflixの映画では最高額となる1億5000万ドル(およそ164億円)!!

 

これは、先だって公開された『ターミネーター:ニューフェイト』の1億8500万ドル(およそ202億円)に迫る額です。動画配信のみの作品なのに、大作映画なみの予算があてられています。

 

 

 映画『6アンダーグラウンド』のあらすじとレビュー

 

 簡単なあらすじ

 

イタリアのフィレンツェを、黄緑色の高級車『ジュリア クアドリフォリオ』が猛スピードで走っています。

 

車に乗っているのは、ひと癖もふた癖もありそうな4人の男女たち。金髪の女はお腹を銃で撃たれていて、黒髪の女はその銃弾をとり出そうとしています。

 

今まさに、敵対するグループとのカーチェイスの真っ最中でした。

 

彼らは、億万長者1(ワン)をリーダーとする6人のスペシャリスト集団。それぞれ、孤児だったり、消し去りたい過去を持っていたり・・・お互いの名前も知らない彼らは、番号で呼び合います

 

 

1(ワン)たちの目的は、国家でも国連でも裁けない極悪人を始末すること。今回のターゲットは、中央アジアのトゥルギスタン(架空の国)の独裁者・ロヴァク。

 

ロヴァクを権力の座から引きずりおろすためには、彼の弟で民衆からも支持されるムラットの力が必要です。

 

フィレンツェで、ムラットの居場所に関する情報をつかんだ、ワンたち。監禁場所は、香港の高層ビルです。ワンたちは、ムラットを救出して、トゥルギスタンのクーデターを画策しますが・・・

 

6人のスペシャリスト、“幽霊”たち

 

危険なミッションに挑む、6人(+1人)のスペシャリストたち。彼らの共通点は、みな“この世に存在しないことになっている”こと。家族。友人。会社などの組織。どこにも属さず、お互いの名前も知りません。

 

1(ワン)・・・ライアン・レイノルズ

 

スマホなどに使われる磁石を発明した、億万長者。出生証明書のない孤児だった。

 

国連やCIAに任せておけない、とチームを結成し、悪人成敗にのりだす。みずからを“幽霊”と呼ぶ。

 

2(トゥー)・・・メラニー・ロラン

 

白いYシャツの似合う、CIAの女捜査官。銃の腕はぴかいち。敵の銃撃をうけ、冒頭からピンチになる。

 

3(スリー)・・・マヌエル・ガルシア=ルルフォ

 

ヒットマン。仕事とはいえ、娘の前で父親を撃ち殺したことがトラウマ。2(トゥー)といい仲に?

 

4(フォー)・・・ベン・ハーディ

 

スカイウォーカー。軽やかな身のこなしで、高いところをかけ回る泥棒。教会の尖塔から、スケボーですべりおりたりする。

 

 

5(ファイブ)・・・アドリア・アルホナ

 

ドクター。わずかな道具で手術をこなす、天才女医。

 

 

6(シックス)・・・デイヴ・フランコ

 

ドライバー。卓越した運転テクニックの持ち主。

 

7(セブン)・・・コーリー・ホーキンズ

 

スナイパー。国連軍にいたときに、親友を失った。欠員が出た“チーム6”の新しいメンバーとなる。

 

 

感想・・・超絶カーチェイス!  アクションの最高峰!

 

 フィレンツェの街で展開される、冒頭のカーチェイスは必見です。4人の男女が、敵対するグループと車に乗りながら、はげしい銃撃戦をくり広げます。

 

彼らが何者なのか、目的は何なのか、なぜ敵対しているのか?

 

「わからないけど、スゲー」状態が、20分ちかくも続きます。観てるこっちがぶつかってしまうんじゃないかと思うほどの、圧倒的なスピード感。

 

「スカッとする」を通りこえて、「UREEYYY」と叫びたくなるほど興奮します!! 2019年どころか、アクション映画のひとつの到達点といえます。

 

関連:マイケル・ベイ監督の代表作

www.entafukuzou.com

 

 

ただ、この『6アンダーグラウンド』、人間描写はかなりうすっぺらいです。そのせいか、正義をとなえる主人公たちのほうが、よっぽど悪人に見えてしまいます。ビジュアルが悶絶するほどカッコいいだけに、物語としての肉付けがもう少し欲しかった。

 

たとえるなら、海の見える三ツ星レストランで、シーチキンの缶詰を出されたような感覚です。

 

観おわってから、何も残らない。でも、観ているときに超興奮できれば、ええじゃないか! アクション映画だもの。マイケル・ベイだもの。