映画ときどき海外ドラマ

映画・ドラマを楽しむブログ。たまに雑学。

2分で『スカーレット』149話あらすじ!草間さんとちや子さんは面識アリ?

スポンサーリンク

149話草間さんとちや子さん面識アリ?

《前回・第148話までのあらすじ》 

 直子は、胸につっかえている事を喜美子に語ります。ふとした時に、別れた鮫島を思い出すというのです。喜美子は鮫島を探しに行くよう、直子にアドバイスします。

 

 さて。『みんなの陶芸展』の開催日がせまってきます。喜美子はジョージ富士川に、「見に来ていただけないでしょうか?」と、手紙を書くのでした。

 

第149話の、詳しいあらすじはこちら!

 『スカーレット』148話あらすじ!鮫島との思い出をプレイバック

 

 

『スカーレット』第149話あらすじ!3月27日(金)放送分・・・草間さんとちや子さんは面識アリ?

 

『みんなの陶芸展』の初日をむかえます。八郎も、名古屋からかけつけてくれます。

 

 

陶芸展が始まります。1フロアの会場に、信楽の陶芸家や一般の人の作品が並べられています。草間さんがやってきます。草間さんは、ゆっくりした足取りで作品をながめてゆきます。

 

すぐあとに、ちや子さんも来ます。ちや子さんは喜美子の作った小皿や花瓶を、鑑賞しています。そのコーナーに草間さんがやってきます。歩調を合わせるように陶器をながめる、草間さんとちや子さん。

 

 

 

ちや子「堀中安井 先生の?」

草間「市議会議員の? やっぱりそうですよね?」

 

ちや子「庵堂です。暮れでしたっけ?」

草間「暮れの、出版記念パーティ」

 

草間さんとちや子さんには、お互いに面識がありました。台湾語の翻訳をした草間さんが、作家のパーティーに出席。その場に、ちや子さんも同席していたようです。

 

多忙なちや子さんは、すぐに帰らなくてはなりません。ちや子さんは、草間さんの手を両手で握ります。

 

ちや子「『これは、ちや子さんからや』いうて、武志くんにチカラあげといてもらえます? ほな、また」

草間「ぜひ、また」

 

 

いっぽう。体調のすぐれない武志は、昼ごろまで家で休んでいました。

 

武志「夢を見てた。オレのコーナーには誰も来ぃひん。川原武志の作品は、みんな素通りや」

喜美子「そら、きっついな」

 

武志「夢やのうても、思ったりせえへんの? 足を止めて見てくれる人が一人もおらん。誰一人として認めてくれへん」

喜美子「一人もおらん、いうことはないからな。一人は絶対いるで。自分や。迷った時は、その一人に聞いたらええ。その一人だけは絶対に味方や」

 

 

最終週「炎は消えない」149話ネタバレ・・・約束約束、や~くそく! 

 

午後になって、喜美子と八郎は『みんなの陶芸展』の会場にやってきます。体調のよくなった武志も現れます。草間さんは、武志の手を両手で握ります。

 

草間「今のは庵堂さんから。今度は僕から」

武志「ありがとうございます」

 

 

会場には、百合子の娘、桜と桃のかわいらしいお皿も展示されていました。真奈は、楽しそうに作品をながめています。すると、桜と桃がかけよってきます。2人は、武志の作品をホメてくれたあと、こんなお誘いをします。

 

桜「あんな。ピアノの発表会きてくれる?」

桃「彼女もきてください」

 

武志「発表会いつなん?」

桃「春や。4月!

 

桜&桃「約束約束、や~くそく!  約束約束、や~くそく!」

 

桜と桃は、おしくらまんじゅうのように、武志と真奈をおしりで押します。

 

 

会場のお客さんたちが、ザワザワします。芸術家のジョージ富士川が現れたのです。

 

ジョージ「あ~。ええ色でてるな~。ほお~」

 

ジョージ富士川は、喜美子の壺や武志のお皿をながめて、感嘆の声をもらします。武志は、改めてジョージにあいさつします。

 

ジョージ「ちっちゃい頃に、実演会もやったんやで。こんな可愛かったで!」

武志「ちょっと覚えてなくて・・・」

 

 

関連:実演会が行われたときは、きみちゃんも大変な時期でした!

www.entafukuzou.com

 

 

 

ジョージ富士川は、会場の外にお客さんを集めます。大きな画用紙を壁に貼り、筆でこんな文字を書きます。

 

『今日が私の1日なら』

 

ジョージ「今日が私の1日なら、私はどんな1日にしますか? さあ、好きに書いてや。なんでも好きに書いてや!」

 

その場にいたお客さん達は筆をとり、キャンバスに思い思いの1日を書いてゆきます。武志も筆をとります。武志は、こんな言葉を紙に書きました。

 

『いつもと変わらない1日は、特別な1日』

 

武志の書いた文字を、喜美子がじっと見つめます。その表情には、寂しさも混じっていました。“変わらない1日を、いつまで送らせてあげられるだろう?” そんな不安がにじみ出ていました。

 

 

 

喜美子と八郎、信作、照子、百合子が、琵琶湖の前にやってきます。武志と真奈、学や大輔、芽ぐみもいっしょです。

 

直子「海や~っ!!」

 

直子が先陣を切って、かけてゆきます。それを追うように、信作と照子も走り出します。みんなを見守るように、喜美子は一番最後を歩いています。

(⇦ 第1話で、真っ先に琵琶湖に走っていったのは喜美子。その彼女が、一番最後から歩いている!)

 

関連:琵琶湖にかけてゆく、喜美子と常治

www.entafukuzou.com

 

 

                 150話(最終回)へつづく。