映画ときどき海外ドラマ

映画・ドラマを楽しむブログ。たまに雑学。

2分で『スカーレット』148話あらすじ!鮫島との思い出をプレイバック

スポンサーリンク

148話鮫島との思い出をプレイバック

 《前回・第147話までのあらすじ》

直子がやってきて、武志と真奈をドライブに連れてゆきます。夜になったら、直子は喜美子を飲み屋さんへ連れ出します。

 

直子が気を遣ってくれたおかげで、武志と真奈は二人っきりの時間を過ごすことができたのでした。

 

第147話の、詳しいあらすじはこちら!

『スカーレット』147話あらすじ!愛、語り合うんやで!

 

 

『スカーレット』第148話あらすじ!3月26日(木)放送分・・・鮫島との思い出をプレイバック

 

昨晩、喜美子の家に泊まった直子は、昼ごろになって目を覚まします。喜美子は外で洗濯ものを干していました。

 

喜美子「ぐっすりやったな。ゆっくりしていけるん?」

直子「あ~。大津で布袋さんと待ち合わせしてる」

 

布袋さんとは、直子の現在の彼氏。会社の社長さんです。喜美子は、直子のようすが変だと気づきます。

 

喜美子「何かあったな? 聞いてやろうか、しゃ~ない」

 

直子は、布袋さんに骨髄移植の検査を受けることを、はじめは反対されたことを明かします。

 

直子「布袋さんが言うてん。『直子。もし(白血球の型が)一致したら、ドナーになる覚悟があるんか? 一致しといて、やっぱり止めます言うわけにいかんやろ? それこそ偽善や』って、叱られて・・・」

喜美子「堪忍な。そんな言い合いさせてしもて・・・」

 

当時は、骨髄を提供する側にも危険があると思われていました。布袋さんはそのことを心配していたようです。結果的に、直子も布袋さんも検査を受けてくれました。しかし・・・

 

直子「ウチな。そうやって布袋さんが正しいこと言うてくれてる時・・・鮫島の顔が浮かんで・・・あいつならこういう時、『ドナー? なりましょ、なりましょ』言うて、喜び勇んで検査に行くわ。きっと、鮫島やったらな」

 

 

 

直子は、空襲のときのことも、鮫島に話していました。幼いとき、防空壕に逃げる途中で、喜美子は直子の手を離してしまい、直子は迷子になりかけました。

 

直子「どんだけ心細かったことか、鮫島に話したことあんねん。鮫島、なんて言うたと思う? 『手、離してしまったお姉さんも辛かったやろな』って。

ほんでな、『手は強くつなげばつなぐ程、手汗かいて、汗でネチョネチョになるし、たまには離さんとあかん』言うねん。なんやそれ! もう呆れるで。ほんまにあいつ、なあ」

 

直子は目に涙を浮かべ、嬉しそうに語ります。

 

 

 

関連:鮫島と直子の小芝居に、マツさん激怒!

www.entafukuzou.com

 

関連:鮫島のプロポーズ!

www.entafukuzou.com

 

関連:鮫島とアツアツだった、あの頃

www.entafukuzou.com

 

最終週「炎は消えない」148話ネタバレ・・・大事なもんを大事にせえ!

 

 それから数十分後。

 

出かける支度をした直子に、喜美子は尋ねます。

 

喜美子「いま鮫島さん。どこにおるの?」

直子「別れたとき、一人で東京行く、言うてた。いっしょに商売やってた時の知り合いが、蒲田におる、言うてた」

 

喜美子「会いに行き! 布袋さんに頭下げて、ほんで、鮫島さんを探しに行け。大事なもんを大事にせえ!

 

 

直子は、工房で作陶をしている武志に、ひと声かけてゆきます。

 

直子「また、なかなか来られへんかも」

武志「なんでや?」

 

直子「探しもんがあんねん。真奈ちゃんと仲ような」

 

直子は、川原家をあとにします。

 

 

 

『みんなの陶芸展』に向けて、喜美子や武志は作品づくりをつづけます。そして、12月になりました。

 

ある日のこと。

 

信作と照子が、川原家にやってきます。この日、武志は疲れていたのか、早めに休んでいました。信作と照子は、布団に散らばった武志の髪の毛をみて、切なくなります。

(⇦ 抗がん剤のため、髪の毛は抜けてゆきます)

 

信作たちは、喜美子に頼みがありました。八郎も同席しています。

 

信作「『みんなの陶芸展』、演歌歌手、呼べんかった」

(⇦ イベントの目玉としていた、演歌歌手の出演は叶いませんでした)

照子「ほやから言うたったん。ジョージ富士川はどうや、って。喜美子なら呼べるやろ?」

 

喜美子「この前、功労賞とられはったやろ。ますます偉い先生になってはるし・・」

 

信作「『みんなの陶芸展』の企画書よんだやろ? これは信楽からのお願いや」

八郎「ええなあ。信楽への恩返しや」

 

 

 

喜美子は、ダメもとでジョージ富士川に手紙を書いてみることにします。『みんなの陶芸展』に参加してくれるよう、頼むつもりです。

 

 

そのころ。

 

工房では、武志がお皿に筆で模様を描いています。その様子を、真奈がデッサンしていました。武志の似顔絵を描いていたのです。超へたくそです。もはや抽象画です!

 

武志「ぶっははは。何それ?」

真奈「上手いやろ?」

 

ヘタなのは、たこ焼きだけじゃなかった!

 

                      第149話へつづく。