映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

2分で『スカーレット』140話あらすじ!ちや子さんの助言にハッとする

スポンサーリンク

チューリップ

《前回・第139話までのあらすじ》 

 武志を救おうと、さまざまな人たちがドナー適合検査をうけてくれます。信作や照子、百合子。武志の友だちまで・・・しかし、白血球の型が一致する人は見つかりません。

 

 そんな中、ちや子が信楽にやってきます。

 

第139話の、詳しいあらすじはこちら!

『スカーレット』139話あらすじ!しんどい時に現れるちや子さん

 

 

『スカーレット』第140話あらすじ!3月17日(火)放送分・・・ちや子さんの助言にハッとする

 

喜美子はちや子(水野美紀)に会うため、【カフェ・サニー】にやってきます。ちや子も、すでに適合検査をうけてくれていました。

 

 

ちや子「ウチも色んな人に声かけてみるわ。任しとき! 顔だけは広いよってな」

喜美子「ほやけど、そんなんどうやってお礼したらいいか・・・」

 

ちや子は、議員となった自分を例に出して語ります。ひとりひとりに会ってお礼するのは、現実的ではないと。

 

ちや子「川原喜美子は、母親であると同時に陶芸家や。いまの思いを、作品にこめたらええねん

 

 

 

武志と白血球の型が一致する人が見つからないまま、時間だけが過ぎてゆきます。喜美子は、『患者の会』を紹介してもらうことにしました。

 

武志と同じ病室に、安田 智也という白血病の男の子がいます。そのお母さん、安田 理香子(早織)も『患者の会』にさそってみることにします。

 

喜美子と理香子が、病院の休憩スペースで待っています。理香子は、あまり気が進まないようです。そこへ、大崎先生と『患者の会』の代表・日高 れい子(楠見 薫)がやってきます。

 

れい子「川原さんね? よう頑張ってはるなぁ」

 

れい子は、会うなり喜美子とハグします。れい子は、『患者の会』について説明します。まだ会は立ち上げたばかり。情報交換・はげまし合いが主な活動です。

 

喜美子は、ドナー適合者を見つけることの難しさを語ります。

 

れい子「ドナー探しなぁ。うちの娘も、なかなか見つからんかって・・・」

喜美子「娘さん・・・」

 

れい子「安田さんも元気だしてぇや」

理香子「元気なんて出せるわけないです。智也は、もう明るい未来なんて考えられない所まできてるんです。日高さんの娘さんとは違うんです! 川原さんとも違うんです!」

 

 理香子は、立ち去ってしまいます。

 

 

 

第24週「小さな希望を集めて」140話ネタバレ・・・なぜ?真奈を避ける武志

 

理香子は、廊下の長椅子に座っていました。喜美子は、理香子のとなりに腰を下ろします。そして、安易に『患者の会』にさそったことを謝ります。

 

喜美子「ウチ、無神経なことしてしまいました。日高さんの娘さんは、もうとうに亡くなられはったそうです」

理香子「え!?」

 

喜美子「娘さんの闘病生活がほんまに大変やったから、『患者の会』を作ったんだそうです」

理香子「・・・智也も、去年の今ごろは元気でした。『アルバイトしてみたいなぁ』言うてた・・・やらせてやったら良かった。何でもやらせてやったら良かった」

 

喜美子「・・・なに色が好きですか?」

理香子「色? 私? 白が好きです」

 

喜美子「ほな、白地になにがええですか? お花とか、鳥とか」

理香子「なにかの占いですか? ほな、明るい花が咲いてるのがええかな」

 

 

 

家に戻った喜美子は、庭に咲いているスカーレット140話ちや子さんの助言をスケッチします。

 

 

いっぽう。ビリヤード場でアルバイトしていた武志は、オーナーから早く帰るように言われます。そこへ、真奈があらわれます。

 

武志「検査してくれたお礼、まだ言うてなかったな」

真奈「骨髄移植のな。一致せんかった」

 

武志「いや。ありがとう。ほんで、見舞いにも来てくれたな」

真奈「そや。あのお見舞い以来やで。避けてるやろ! なんで避けてるん? 嫌いですか?

 

武志「まあ。そういうことや。(会う)約束してへん。帰るな」

真奈「・・・ええで。帰ってください」

 

武志「お元気で。さいなら」

真奈「待てや! どうでもええけど、さいならは止めてほしい。さいならは言わんといて

 

武志「じゃあ。ほな」

真奈「またな」

 

 

 

武志は、同じ病室だった智也をたずねます。智也は、医療用のニット帽をかぶったまま、ベッドで眠っていました。病気がかなり進行していることがうかがえます。

 

智也「おっ!」

武志「起こした? ごめんな」

 

智也「嘘や。だまされた?」

武志「なんだ。寝とったと思ったわ。調子よさそうやな」

 

武志は、智也が長くないことを察しているのでしょうか?

 

                  第141話へつづく。