映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

2分で『スカーレット』136話あらすじ!大崎先生の揺るぎない強さ!

揺るぎない強さをもつ大崎先生

 《前回・第135話までのあらすじ》

 喜美子は、武志に白血病のことを告げます。二人は大崎先生に会い、病気と闘う決意を伝えます。

 

入院の1週間前。武志は、八郎からフカ先生の絵ハガキを借り、新しい作品づくりに挑むのでした。

 

第135話の、詳しいあらすじはこちら!

『スカーレット』135話あらすじ!ついに武志に病名を告げる

 

 

『スカーレット』第136話あらすじ!3月12日(木)放送分・・・次世代展の結果は?

 

武志が作品を応募した、次世代展の発表の朝をむかえます。喜美子は、百合子や八郎も呼んで、食事会をひらこうと計画します。

 

喜美子「武志の(病気の)こと、みんなに話そうや。お父ちゃんにもな」

武志「言いたない。わからんけど、百合子おばちゃんにも直子おばちゃんにも言いたない」

 

武志は、病気のことを他の人に知られたくないようです。そのまま研究所へ向かいます。

 

 

窯業(ようぎょう)研究所の廊下。武志は、受付の真奈から話しかけられます。

 

真奈「たこ焼き、ヘタッピですみませんでした。練習しときます。また遊びに行ってええですか?」

武志「またな」

 

 

武志が研修室で粘土をこねていると、照子の息子・竜也が声をかけてきます。

 

竜也「敏春がな・・・あ、親父です。3月でここ修了やろ? だから、丸熊陶業(に就職したら)どうです? いうてました」

武志「・・・有難い話やけど、やりたいことがあんねん」

 

 

数分後。

 

掛井先生がやってきて、次世代展の結果報告をします。結局、研究所から入選者は出ませんでした。武志も落選です。

 

掛井先生は、落ちこむ武志を励ましてくれます。

 

掛井「3月にここ出てからが勝負や。自分が“自分”と闘うんや。落選は、陶芸家・川原武志の始まりや! むしろ、落選おめでとうや。どう成功してゆくか、花ひらくとこ見せてぇや」

 (⇦ 武志は、掛井先生に入院のことは話しますが、“白血病であること”は明かしませんでした

 

 

 

その晩。

 

武志は、幼なじみの学や芽ぐみ、そして真奈と居酒屋で飲みました。落選したこと。病気のことを周りに言えないこと。うっぷんが溜まっていた武志は、大いに飲みました。

 

 

第23週「揺るぎない強さ」136話ネタバレ・・・大崎先生の揺るぎない強さ!

 

喜美子は、夕飯の準備をしていました。朝の武志の態度を思い出し、不安になった喜美子は、大崎先生に電話します。

 

 

喜美子「武志のことなんですけど、本人が周りに言いたない、いうんです」

 

大崎の声「患者さんの気持ちは揺れます・・・何かに当たったり自暴自棄になることも。強くなったり弱くなったりをくり返すんです。

だから、僕ら医師は、揺るぎない強さを持つようにしています。患者さんの代わりに、僕が」

 

喜美子「ウチも持ちます・・・いや、もう持ってるわ。そんなん、とっくに持ってます。すみません、ありがとうございました」

 

 

 

喜美子が武志のアパートに電話すると、学が出ます。すっかり酔いつぶれた武志は、学たちに家まで送ってもらったようです。喜美子は、武志の落選を知ります。

 

 

喜美子の家には、直子と百合子がきていました。喜美子は口止めされていたものの、武志の病気のことを話すことにします。

 

喜美子「あのな。話がある。口、固いか?」

直子「やわらかい。ははは、冗談や。なんや深刻そうやな」

百合子「ええ話?」

 

喜美子「チカラを貸してほしいんや・・・武志の前ではな、まだ聞かんかったことにしてほしい。武志が白血病いうのになってしまった。厳しくて、難しい病気や

直子「・・・いつ治るん? いつ治るんや?」

 

喜美子「・・・」

直子「ちゃっちゃと治せや!」

 

 

 

喜美子「治すで。治す! 治すのにな、お願いがある」

 

喜美子は、二人に骨髄移植の話をします。武志と合う白血球の型があるかどうか、二人も適合検査を受けてくれることになりました。

 

 

直子と百合子が帰ったしばらく後。八郎がやってきます。

 

八郎「いやあ、遅うなった。すまんすまん」

 

                   第137話へつづく。