映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

2分で『スカーレット』134話あらすじ!そういう時代。そういう時期。そういう世界

スポンサーリンク

スカーレット第134話慢性骨髄性白血病に気付いている武志

《前回・第133話までのあらすじ》 

年が明けても、喜美子は武志に白血病のことを告げられずにいました。喜美子は、近いうちに武志のアパートに遊びに行くことを伝えます。

 

その武志。アパートに戻ると、医学書で血液の病気のことを調べます。自分でも、体の不調が気になっていたのです。

 

第133話の、詳しいあらすじはこちら!

『スカーレット』133話あらすじ!喜美子と八さんで「ええよぉ!」

 

 

『スカーレット』第134話あらすじ!3月10日(火)放送分・・・たこ焼き、焼かせたら、信楽一!

 

 武志がビリヤード場でアルバイトしていると、芽ぐみと真奈がやってきます。二人とも着物をきています。

 

芽ぐみ「ハッピーニューイヤー!」

真奈「あけましておめでとうございます」

 

武志「かわいいやん

 

信用金庫ではたらいていた芽ぐみは、米屋のあととり息子の学と結婚することを発表します。

 

真奈「信金の窓口にいたマドンナは、【宝田米店】のマドンナになるそうです。負けずにたこ焼きパーティーしませんか?

芽ぐみ「真奈センパイな。たこ焼き、焼かせたら、信楽一やで!」

 

武志「信楽一は聞き捨てならんな。オレのほうが上手いで!」

 

芽ぐみのナイスアシスト! 真奈と武志は、たこ焼きパーティーをする約束をします。

 

 

数時間後。

 

武志は、アパートで部屋の片づけをしています。机の下にある医学書と内用薬を見ているうち、武志は目まいがしてきます。グラっ!

 

真奈が武志のアパートにやってきます。しかし、具合の悪い武志は「急用がある」といって、真奈を追い返してしまうのでした。

 

体調に不安を感じた武志は、休日であるにも関わらず、県立病院へ出向きます。大崎先生(稲垣吾郎)に病状について、尋ねるためでした。しかし・・・

 

 

第23週「揺るぎない強さ」134話ネタバレ・・・そういう時代。そういう時期。そういう世界

 

 その日の夕方。【かわはら工房】にて。

 

喜美子が粘土をこねていると、入り口の戸をノックする人が。大崎先生です。

 

大崎「陶芸教室はここですか? 山の根(=太めの看護師さん)に聞いたんで・・・」

喜美子「入会ご希望ですか?」

 

先生が来たのは教室に入会するため・・・ではなくて、武志のことでした。県立病院まで大崎先生を訪ねてきた武志でしたが、話を聞く前に帰ってしまった、というのです。

 

 

 

武志は、アパートで真奈と二人でいました。真奈はたこ焼きを作っていますが、原形をとどめていません。

 

武志「信楽一どころか、日本一ヘタや!」

真奈「うるさいな!」

 

武志「このタコはな。タコとして生まれたことを物凄く後悔してるぞ!

真奈「これが、たこ焼きの正しい形とちゃいます?」

 

 

二人がイチャイチャしていると、アパートに喜美子がやってきます。喜美子は真奈を見てびっくり!

 

喜美子「よっ! 上がるで・・・へっ!?」

真奈「初めまして! いや、初めましてかな? もしかしたら、子供のころお会いしてるかもしれませんけど、石井真奈いいます」

(⇦ このセリフ、どういうことだろう? 知り合いの娘なのかな?)

 

喜美子は台所まで武志を連れてゆき、質問します。かなり動揺してます。

 

喜美子「一人暮らしの部屋に若い女の子って・・・あれか? こういう時代なんか? っそれともアレか? ああいう・・・」

武志「いや。なに言うてるかわからん! いっしょにたこ焼き食べようや」

 

喜美子「ええの?」

武志「ええよぉ」

 

喜美子は二人に遠慮して、居間と台所のしきいに腰下ろします。

 

武志「いや。どこ座っとるん!」

 

喜美子は上着を脱ぎますが、まだ動揺してます。独り言が止まりません。

 

喜美子「・・・そうか。そういう時代。そういう時期。そういう世界・・・たこ焼きか・・・」

 

 

 

喜美子の前に、ぐっちゃぐっちゃのたこ焼きが差し出されます。

真奈「どうぞ」

喜美子「・・・」

 

見てられなくなった喜美子は、みずからたこ焼きを焼いてあげるのでした。

 

 

午後8時になると、門限があるという真奈は帰ることになります。喜美子は真奈を送ってあげるよう、武志に助言します。

 

喜美子「送ってきたらええ。近くまでな」

武志「せやな」

 

武志が部屋を出ていったあと、喜美子はなにげなく、机のまわりを眺めます。喜美子は、山積みにされた本の下に、『家庭の医学』という本があることに気付きます。

 

ぱぱぱ~っとページをめくってゆくと、「血液のがん」という大見出しが目に止まります。そのページの“慢性骨髄性白血病”という言葉が、手書きのマルで囲まれています。

 

武志は、病名を聞かされていないはず。それでも、症状から自分の病気を推測しているのでしょうか?

 

                    第135話話へつづく。