映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

2分で『スカーレット』133話あらすじ!喜美子と八さんで「ええよぉ!」

スポンサーリンク

喜美子と八さんで「ええよ」

《前回・第132話までのあらすじ》 

 喜美子は大崎先生から、武志が“慢性骨髄性白血病”であると聞かされます。

 

しかし、喜美子は病気のことを武志本人に告げることができません。そのまま年を越してしまうのでした。

 

第132話の、詳しいあらすじはこちら!

『スカーレット』132話あらすじ!号泣!怒りをぶつける喜美子と受け止める照子!

 

 

『スカーレット』第133話あらすじ!3月9日(月)放送分・・・木地屋(きじや)さんって何?

 

 

お正月になります。武志と八郎が、喜美子の家にきていました。台所で、喜美子と武志が話しています。

 

喜美子「お母ちゃんな。車の免許とろう思うねん。今年の目標や。100あるうちの1個」

武志「お母ちゃんが免許とれるんやろか? 誰を乗せるん?」

 

喜美子「雨の日とかな。武志のこと、送れるやん

武志「どこに送るん? 送らんでええよ」

(⇦ さりげなく流れますが、このセリフに武志はピンときたのかもしれません)

 

 

数十分後の工房。

 

武志は、電動ろくろで陶器の成形をおこなっています。そのようすを八郎が見守ります。途中で手がすべり、失敗!

 

武志「なあ、お父ちゃんやってや」

八郎「いやいや。お父ちゃん、何年もやってへん」

 

 

そこへ、喜美子がお茶をもってやってきます。八郎は、武志に卒業後の進路をたずねます。

 

八郎「修了したらどないすん? この3月で修了やろ?」

武志「掛井先生がな、陶芸家としてやっていけるまで、木地屋(きじや)さんやったらどうか、って・・・」

 

八郎「ああ。同じ皿・同じ茶碗を何百個と、じょうずに作らんとあかん。できるか? 毎日ろくろの前に座り」

 

「生地屋」ではなく、「木地屋」さん。山中の木を切って、ろくろを使ってお椀やお盆などの器をつくる人です。漆(うるし)のような塗料をぬらず、木地(きじ)のまま作品をつくります。

 

 

喜美子「ここ来たらええ。いっそのことアパート引き払って、戻ってこい」

武志「それはないわ」

 

八郎「そやな。せっかく一人で頑張ってるのに。ご飯も一人で作れるしな?」

武志「この前な。たこやき作ったった。うまかったやろ?」

 

八郎と信作は、武志のアパートに遊びに行ってました。喜美子は、自分が呼ばれなかったのを悔しがります。

 

喜美子「今度いったる!」

武志「来んでええよ。女性は立ち入り禁止や」

 

喜美子「あいにく、お母ちゃんは女性やない。お母ちゃんは、“お母ちゃん”いう生き物や

 

 

第23週「揺るぎない強さ」133話ネタバレ・・・喜美子と八さんで「ええよぉ!」

 

八郎は腕をまくって、ろくろの前に座ります。数年ぶりに成形に挑戦です。

 

武志は、ハッとします。人が成形するところを、部屋のすみで眺めていたことを思い出したのです。

 

 

まだ三津がいたころ。武志は部屋のすみに座って、喜美子がろくろを回している姿を見ていました。あのときは、ほつれを直したくつ下を喜美子に見せようとしたのに、しばらく待たされたのでした。

 

 関連:「“好き”ちゃう。“大好き”や」

www.entafukuzou.com

 

 

 武志は、八郎の成形のようすを見つめます。きれいな形のお皿ができました。

 

武志「さすがやな。ずっとやってへんはずなのに。手が覚えてんねんな」

八郎「ホメられた! ・・・武志はお母ちゃんに教わったんやろ? どやった?」

 

武志「なんか、『うーーーっ』いう感じやった。すぐには上手いことでひきん。でもな。ちょっとでも上手いこといったら、この手が魔法使えるような気がして・・・

面白うて面白うて・・・」

喜美子「何時間もやってたな」

 

武志「お母ちゃんにな、教えてもろたんや。『近道はないで。なるべく時間をかけて歩いたほうがチカラがつく。歩くチカラは、大変な道を歩いた方がようつく』って」

八郎「深野先生の言葉やな」

 

関連:フカ先生のありがた~い言葉

www.entafukuzou.com

 

武志「決めたで。今年の目標の1個目。オレは、大変な道を歩く

八郎「ええなぁ」

 

喜美子「ええなぁ、ちゃうやろ」

3人「『ええよぉ』や!」

 

 

翌朝。

 

八郎は、大切にしていたハガキを武志に見せます。深野先生からの年賀状です。ウラには、水の波紋のような絵が描かれています。八郎の作品づくりのヒントとなった絵です。

 

喜美子は台所でお皿を洗いながら、武志に話しかけます。

 

喜美子「武志。いつやったらいいの? アパート行きたいんやけど」

武志「えっ?」

 

喜美子「武志のたこ焼き、食べたいんやけど。紅ショウガ少なめでな」

武志「ええっ」

 

 

その夜。

 

アパートに戻った武志は、ぶ厚い本を読んでいます。家庭用の医学書です。調べているのは、「血液の病気」という項目でした。

 

知ってる! この子は、病気のこと知ってる!

 

                       第134話へつづく。