映画ときどき海外ドラマ

映画・ドラマを楽しむブログ。たまに雑学。

2分で『スカーレット』132話あらすじ!号泣!怒りをぶつける喜美子と受け止める照子!

武志の慢性骨髄性白血病とはどんな病気?

《前回・第131話までのあらすじ》 

 喜美子の付き添いのもと、武志は県立病院で精密検査を受けます。喜美子は、担当医の大崎先生から1対1で説明をうけます。

 

「染色体の異常も発見されました。武志くんは慢性骨髄性白血病です」

 武志は白血病でした。

 

第131話の、詳しいあらすじはこちら!

www.entafukuzou.com

 

 

『スカーレット』第132話あらすじ!3月7日(土)放送分・・・武志の余命は3~5年?

 

診察室には、大崎先生と喜美子の二人だけ。先生の説明は続きます。

 

大崎「始めはゆるやかに進行します。武志くんはいま“慢性期”とよばれる状態です。この期間は通院でかまいません・・・

時間の経過とともに移行期を経て、急激に進行します」 

 

喜美子「“急激”いうのは?」

大崎「死に至る、難儀な病気です

 

喜美子「死ぬんですか? 手術とかそういうので、助からへんのですか? 助かる方法はないんですか?」

大崎「まったくない訳ではありません。骨髄移植という方法があります。武志くんの白血球の型と一致するドナーが見つかれば、骨髄を移植していただくことによって、助かる可能性が・・・」

 

喜美子「ドナーが見つかれば助かる可能性あるんですね? たとえば、ウチの型と武志の型が一致すれば・・・」

大崎「親御さんがドナーになれる可能性は、1%未満です

 

ドナーを見つけ、さらに移植手術を成功させることは奇跡のような確率。大崎先生の言葉は、喜美子にズシリと響きます。

 

喜美子「どれぐらいの期間ですか? 急激に悪うなって、死に至るまで」

大崎「個人差がありますが、3年から5年

 

喜美子「短いな。短すぎる」

大崎「僕は患者さんにホントのことを伝えたいと思っています。病と向き合う力は、治療に必要です。生きてほしい。最後まで生きてほしい。僕のほうから伝えましょうか?」

 

喜美子「考えさせてください」

 

喜美子は武志に病気のことを伝えず、誰にもしゃべらない、という選択をとります。

 

 

 

 慢性骨髄性白血病とは?

 

血液の中には、いくつかの“血球”があります。

 

外部から侵入してくるウィルスや細菌を排除する白血球、酸素をはこぶ赤血球、そして出血を止める血小板の3種類です。

 

これらは、骨のなかにある骨髄でつくられます。白血病とは、これらの血液細胞の一部ががん化(=遺伝子に傷がついてしまう)してしまい、がん化した細胞(=白血病細胞)が異常に増えてしまう病気です。

 

こうなると、正常な血液細胞が減ってしまい、免疫機能が低下したり、出血や貧血をまねいてしまいます。

 

 

第22週「いとおしい時間」132話ネタバレ・・・号泣!怒りをぶつける喜美子と受け止める照子!

 

 照子と息子の竜也が、川原家にやってきます。二人は近江牛を差し入れてくれます。照子は、テンションが高めです。

 

照子「冬休みに大阪いくんや。(竜也と)二人で歩くと、恋人同士と間違われへんかなぁ」

竜也「やめ~や!」

 

照子が竜也の腕に抱きつくと、喜美子は話題を変えようとします。

(⇦息子とイチャつく場面を見ていたくない、という心情からでしょう)

 

照子「武志、調子悪いいうてたやん。大丈夫なん? 病院行ったん?」

喜美子「うん・・・うん・・・」

 

喜美子のようすがおかしい・・・照子はすぐに見抜いてしまいます。

 

照子「わかったで。何かあったな?」

喜美子「何もないわ」

 

照子「何年のつき合いや思ってんねん! 武志か・・・どないしたん?」

喜美子「怒るで。ウチ怒ってまうで・なんであの子が・・・なんであの子が病気に・・・?」

 

照子「病気なん?」

喜美子「せや」

 

照子「嘘でもなんでも言えや! ウチにぶつけろ! 怒ったらええやん。ウチに怒れや。ウチに怒鳴れや! なんでも聞いたる。一人で抱えんなや!」

 

喜美子は照子を突き飛ばします。

 

喜美子「何が大阪や! のんきでええな、あんたは!」

照子「おお、言え言え! はき出せ!」

 

喜美子「何でや! 何で武志が! なんか悪いことしたか? してへんで。ほやのに、なんで武志が・・・」

照子「・・・」

 

喜美子「あの子、ええ子やで。ほんまええ子やで。ほやのに、なんで武志が! なんで? なんで?」

 

喜美子は照子に抱きかかります。照子はがしっと喜美子を受け止めます。喜美子のやり場のない怒りを、照子はだまって受け止めてくれるのでした。

 

 

 

 

【かわはら工房】には、武志と八郎がいました。武志は、八郎が使っていた釉薬の調合ノートを見せてもらっています。

 

八郎「若い頃は、なんであんなに焦ってたんやろな」

武志「賞を獲ることばっかり考えてたん?」

 

八郎「あの頃は、世間に名を上げるにはそれしかない思うてたからな。早う“何者か”になりたかったやろな。亜鉛結晶の次か・・・」

武志「何かないかな?」

 

八郎「のんびり探し。武志はゆっくり行けや。時間なんかいっぱいある

武志「せやな」

 

武志に時間が残されていないことを、二人は知る由もありませんでした。

 

結局、喜美子は病気のことを武志に告げないまま、この年を終えるのでした。

 

                    第133話へつづく。