映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

2分で『スカーレット』129話あらすじ!吾郎ちゃんよりおばちゃんの圧が凄い!

吾郎ちゃんよりおばちゃんの圧がすごい

《前回・第128話までのあらすじ》

喜美子は、観光客むけの体験教室をひらきます。 やってきたのは若いOLさんと、1組の親子だけ。それでも人に教える体験は、喜美子の心にも変化をもたらしたようです。

 

翌日。喜美子は、照子につき添って、市民病院に来ていました。

 

第128話の、詳しいあらすじはこちら!

『スカーレット』第128話あらすじ!信作の「人を敬え!」に共感!

 

 

『スカーレット』第129話あらすじ!3月4日(水)放送分・・・吾郎ちゃんよりおばちゃんの圧が凄い!

 

 敏春さんの定期健診の検査結果を聞くため、照子と喜美子は病院の待合室でまっていました。すると、太めの看護師のおばちゃん(千田 訓子)が、二人に話しかけてきます。

 

看護師「検査結果ね。いま先生きますんで、お待ちください」

 

業務的な口調だった看護師のおばちゃんは、喜美子の顔をまじまじと見ます。

 

看護師「はあっ!! 川原喜美子 先生?

喜美子「は・・・え?」

 

看護師「わたし好きなんですぅ。個展にも何回も行かしてもらいました。あの、一緒に、あの、写真も撮りました」

(⇦ 興奮しすぎて、圧がすごい)

 

 

関連:まさか、あのときのおばちゃんが・・・

www.entafukuzou.com

 

 

看護師「覚えてはらへんと思いますけど

喜美子「(苦笑)」

(⇦ おばちゃん、爪痕のこしたな!)

 

しばらく経ってから、お医者さんがきます。眼鏡をかけたスマートな医師・大崎(稲垣吾郎)です。

 

大崎「どちらが熊谷さん? 大崎です。担当の者が夏カゼで、僕が代わりに・・・」

 

照子は大崎に案内され、病室へ。敏春さんに検査結果を聞きます。

 

 

 

その日の午後。照子と喜美子は、【カフェ・サニー】に敏春さんを呼び出し、検査結果を伝えます。

 

敏春「血糖値が高い?」

 

照子「命に関わるようなことやない、って・・・」

喜美子「これまで以上に、食事に気をつけなあかんらしいですよ」

 

 

 

第22週「いとおしい時間」129話ネタバレ・・・病気の予兆? 武志の鼻血

 

 武志は、【かわはら工房】で次世代展に向けた作品づくりに挑みます。八郎もときどきやってきて、作陶をみてくれました。

 

 

 

喜美子は、陶芸教室をひらくことを決意します。地域の人向けの教室を、週に1回程度ひらくつもりです。

 

夏が過ぎ、11月になります。武志の作品がようやく完成します。大きな白い器。雪のような結晶が表面にあらわれています。

 

掛井先生「最高のモノができたんちゃうか?」

 武志「最善を尽くしました

 

掛井先生「最高の答えや。限られた時間の中で最善を尽くす・・・ようやった!」

 

 

 

その日の夜。武志の部屋に、友だちの大輔と学、照子の息子の竜也が集まります。次世代展に応募する作品が完成したことを祝う、ささやかなパーティです。

 

4人の声「かんぱ~い!」

 

解放感にひたる武志に、大輔が話しかけます。

 

大輔「真奈さんと話したん?

武志「何を?」

 

大輔「え~っ!? 何を、ってわかるやろ!」

学「わからんのとちゃう? こいつ、ニブいとこあるで」

 

大輔と学は、オクテな武志をからかいます。しかし、武志は台所でうずくまっています。会話も耳に入っていないようです。

 

竜也「ちょっと! 大丈夫ですか?」

 

立ち上がった武志ですが、鼻血が出ています。この夜、武志は早めに休みます。

 

 

数日後。

 

心配になった喜美子は、武志のバイト先のビリヤード場をたずねます。この日、武志はバイトの時間に遅れてやってきます。一度は休もうと連絡したのに、無理に出勤してきたようです。

 

武志「何してんねん?」

喜美子「何してんねん、はこっちのセリフや。電話にも出んと」

 

武志「(ビリヤード場の管理者に)もう大丈夫です。すぐ入りますね」

喜美子「どっか調子悪いん?」

 

武志「風邪や風邪。ちょっと寝たら治んねん。お母ちゃんこそ気つけや」

 

仕事にとりかかる武志を、喜美子は不安げに見つめるのでした。

 

                     第130話へつづく。