映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

韓国映画『男と女』あらすじとレビュー!コン・ユ&チョン・ドヨン共演のラブストーリー!

スポンサーリンク

コン・ユとチョン・ドヨン主演の『男と女』

「正統派ラブ・ストーリー」「泣ける!最後の恋愛」みたいな宣伝をされると、観客としてはプレッシャーを感じます。泣けなかったときは、“自分の感性がズレてるのでは?”と不安になってしまうから。

 

今回ご紹介するのは、私のひねくれた感性が試された韓国映画、『男と女』です。

 

韓国映画『男と女』の概要

 

 『男と女』は、2017年公開の韓国映画。フィンランドのヘルシンキ、そして韓国のソウルを舞台にW不倫を描いた、純愛(!?)映画です。

 

男と女
原題 A Man and a Woman
製作国 韓国
公開 2017年
上映時間 115分
監督 イ・ユンギ
出演 チョン・ドヨン、コン・ユ

 

主演は、『シークレット・サンシャイン』のチョン・ドヨン。共演は、『コーヒー・プリンス1号店』『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』のコン・ユ。

 

『男と女』というと、1966年公開の同名映画を思い出します。「ダバダダバダ~」の主題歌がおなじみのフランス映画です。ただ、内容からみても、今回の韓国版とは関係はないようです。

 

『男と女』のあらすじと感想

 

簡単なあらすじ

 

障害をもつ長男を、国際学校のキャンプに参加させるため、フィンランドのヘルシンキにやってきたサンミン(チョン・ドヨン)。彼女が出会ったのは、同じように障害のある娘をもつギホン(コン・ユ)でした。

 

キャンプ場へ車で向かったサンミンとギホンは、大雪のために足止めを食らいます。それぞれ家庭を持ちながら、孤独を感じていた二人。暖をとるため立ち寄った小屋の中で、お互いを求め合うのでした。そして、相手の名前も知らないまま、別れます。

 

それから、8か月後のソウル。

 

ファッション系の仕事をするサンミンの前に、ギホンが現れます。突然現れたギホンに戸惑いつつも、サンミンは彼に惹かれてゆくのでした・・・

 

フィンランドを舞台にした映画と言えば・・・

 

ヨーロッパ映画好きのわたしは、フィンランドのアキ・カウリスマキ監督の大ファン。『過去のない男』『マッチ工場の女』など、無表情な中にくすっと笑えるユーモアが、なんとも言えぬ味わいがあるんです。

 

あとでビックリしたのですが、 イ・ユンギ監督もカウリスマキ好きだと判明します。

 

 

もはやサスペンス! 知的イケメンの強烈なストーカーぶり!

 

この作品、あきらかに上質な映画です。

 

雪に覆われたヘルシンキ。照明をたかない、自然光のみの撮影。言葉をほとんど交わさないのに、あふれ出る孤独感。チョン・ドヨンの反則級の色気。

 

ヨーロッパのアート系映画を観ているような、高級感に包まれます。

 

しかし! 宣伝文句から想像されるような「正統派ラブストーリー」とはかけ離れた印象です。とにかく、怖い!

 

知的イケメン、ギホン(コン・ユ)の強烈なストーカーぶりの記録です。以下に示したのは、始まってからのおおよその時間です。

 

33分・・・サンミンがガラス張りのオフィスから外を見ていると、ギホンがこっちを見てる。

40分・・・仕事の休憩中、タバコを買いに行ったサンミン。通りでばったりギホンと会う。

45分・・・ピンポ~ン。ピンポ~ン。残業したサンミンのオフィスを、ギホンが訪ねてくる。

56分・・・徹夜で企画書をつくったサンミン。朝、オフィスの前を見てみると、近くに車を停めて眠っているギホンが!

58分・・・取引先に新幹線で向かうサンミン。乗客は、まばら。そっとサンミンの隣りの席に座るギホン。

 

怖いんですけど! ちょ~怖いんですけど!

 

わたしがこの映画の宣伝文句を作るなら、「5分に一度、ストーキングがある!」とするでしょう。こんなコピーライトは売れませんが。

 

しかし、ストーキングされるサンミンは、嫌がってはないんですね。音楽も、感動系の曲が流れる。ちゃら~ん。本人たちが盛り上がっているので、こちらも「お、おう」としか言えないわけです。

 

これ、感動したほうがいいのだろうか? 泣くべきなのだろうか?

 

おかしな感情に包まれたまま、物語はラストへ。ギホンとの関係を続けるべきか、別れるべきか?

 

選択を迫られたサンミンは、タクシーに乗ります。その運転手のおばさんの顔を見て、わたしのテンションは突如MAXへ!

 

『過去のない男』に出演していた、フィンランドの大女優、カティ・オウティネンではありませんか! しかも、車を停めたときに、ぷかぷかとタバコを吸ってる! 無口なキャラの喫煙シーンがよく出てくる、カウリスマキ監督オマージュ!

(⇦ 『男と女』を観た99%の人がスルーするであろう場所で、一人で興奮!)

 

 

 

チョン・ドヨンとコン・ユ。主演二人の演技は素晴らしかった。W不倫を描いていて、濡れ場もあるのに、清潔感があります。二人が“演技派”であるという評判は、ダテではありません。冒頭30分のヘルシンキの雪景色も、あまりに美しいです。

 

 

ひとつ残念なことを挙げるなら、サンミンの障害をもった長男。そして、ギホンの精神病の妻と、言葉を話せない娘。

 

彼らが、二人の恋愛をさまたげる障害物としてしか、機能してない点です。病気を持った家族との関わりが、ストーリーラインに劇的な変化をもたらしていたなら、「泣ける」映画になっていたかもしれません。

 

でも、こういういびつな映画、好きですよ!