映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

2分で『スカーレット』113話あらすじ!小池アンリごっこが止まらない!

スポンサーリンク

シャンソン歌手

佐桃冬雪さんによるイラストACからのイラスト

 《前回・第112話までのあらすじ》

川原工房を、風変わりなおばちゃんが訪れます。小池アンリ。喜美子の作品を気に入った彼女は、 100万円の札束を出し、深緑色の陶器を買い求めようとします。

 

第112話の、詳しいあらすじはこちら!

www.entafukuzou.com

 

 

『スカーレット』第113話あらすじ!2月14日(金)放送分・・・陶器の“音”を聴く、小池アンリ

 

喜美子は大金をふっかけて、小池アンリ(烏丸 せつこ)を追い払おうとしますが・・・

 

アンリ「800万持ってきました」

 

アンリの鞄を見せてもらうと、確かに大金が入っています。

 

 

喜美子は、売るつもりはないことを正直に語ります。するとアンリは、陶器を買い求める理由を語り出します。

 

アンリ「芸術品が語りかけてくるのよ。先生の作品は、おしゃべりというより音やな

 喜美子「音?」

 

アンリ「聞かせてもらってよろしいでしょうか?」

 

 

アンリは、工房に置いてある喜美子の作品を、次々さわってゆきます。指でつーっと。

 

 

アンリ「(これは)カントリーブルース」

喜美子「カントリーブルース?」

 

アンリ「ワルツやな・・・演歌」

喜美子「これ、演歌!? ほな、これは?」

 

アンリ「ピアノ協奏曲」

喜美子「ほな、これは?」

 

アンリ「シャンソン

喜美子「しゃんしょん・・・」

(⇦ 言えてない・・・というか、おそらくわかってない)

 

アンリは「また来てもいいですか?」と聞いたあと、工房をあとにします。

 

 

 

第19週「春は出会いの季節」第113話ネタバレ・・・掛井先生の言葉、「朝の掃除は、心の準備体操」

 

 武志から、電話がかかってきます。喜美子は、息子がアパートに電話を引いたことに驚きつつも、あるお願いをします。

 

喜美子「【窯業(ようぎょう)研究所】に、照子のとこの子供いたやろ? 話したってくれんか?」

武志「・・・おお」

 

喜美子は、照子の長男・竜也のようすを見てあげるように、頼みます。

 

 

次の朝。

 

武志が【窯業研究所】の研修室にゆくと、竜也(福崎 那由他)がいます。部屋のすみで、“話しかけるなオーラ”を出していますが・・・

 

武志「おっ! むかし、こ~んぐらいに小っちゃい時、いっしょに野球やったやろ? 照子と信作と・・・」

竜也「!! たけたけ? ものすごい下手やった!」

 

武志「・・・思い出してくれてありがとう」

 

武志は、掃除用具入れからホウキを2本だし、1本を竜也に渡します。

 

武志「朝の掃除は、心の準備体操や。掛井先生が言うてはった」

 

 

 

武志が促すと、竜也もホウキで掃除を始めます。そこへ、掛井先生がやってきます。

 

掛井先生「おはようさん! 朝の掃除は心の準備体操や」

 

掛井先生は、反抗的だった竜也が掃除をしているのを見て、嬉しそうです。

 

 

喜美子の工房に、またしてもアンリが訪ねてきます。棚に飾ってある陶器をながめながら、アンリは質問します。

 

アンリ「そういえばご主人は? 川原 八郎さんいう先生やろ?」

喜美子「いつの情報やろ。ウチ、ひとりです。今はひとりでやってます」

 

そこへ、後援会長の住田さんがやってきます。住田さんは、喜美子だけを工房の外に連れ出します。

 

住田「えらいこっちゃ! あの人、元・女優や!」

喜美子「えっ!?」

 

住田「小池アンリいうスキャンダル女優や!

 

アンリは、工房の中で楽しそうに作品をながめています。

(⇦ スキャンダル女優が、なぜ本名を名乗っているか、疑問は残ります)

 

                       第114話へつづく。

 

 

 あさイチの『スカーレット』受け・・・小池アンリごっこが止まらない!

 

指でつーっと触って、作品の“音”を聴く小池アンリ。博多華丸・大吉の二人も小池アンリの真似をして、お互いの体を指でつーっと触ります。

 

華丸「『思えば遠くへきたもんだ』が聴こえる」

大吉「『贈る言葉』が聴こえる」

 

近江アナ「??ごめんなさい、わからなくて」

 

『思えば遠くへ来たもんだ』は、TBSで放送されていた同名ドラマの挿入歌。『贈る言葉』も、TBSドラマ『3年B組金八先生』の主題歌。

 

どちらも、武田鉄矢さん率いる音楽グループ「海援隊」の楽曲です。ネタが古すぎる!