映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

2分で『スカーレット』112話あらすじ!ミス琵琶湖の圧力にタジタジ!

スポンサーリンク

きゅうりパック

acworksさんによるイラストACからのイラスト

 《前回・第111話までのあらすじ》

 武志は、信楽の窯業研究所に通うことになっていました。大学時代の恩師・掛井先生が教えていることが決め手になったようです。

 

自分ではなく、“普通の”先生に憧れる息子。喜美子は、一抹の寂しさを感じたのです。

 

第111話の、詳しいあらすじはこちら!

www.entafukuzou.com

 

 

『スカーレット』第112話あらすじ!2月13日(木)放送分・・・ミス琵琶湖の圧力にタジタジ!

 

ある朝。

 

武志が川原家にやってきます。アパートを借りたい武志は、賃貸契約書に喜美子のサインとハンコを求めます。

 

「家から通ったら?」と提案する喜美子でしたが、武志の決意は変わりませんでした。

 

 

 

武志が出てゆくと、喜美子は、自分の作品の値付けをします。喜美子は、陶器のひとつに「4万円」と値札をつけます。すると、後援会長の住田さんが修正。「8万円」と書き直します。

 

住田「なめられまっせ。これぐらいが相場です」

喜美子「こんなん! 売れへんやろ」

 

実際はその値段でも売れました。喜美子の作品は、もはや庶民が手軽に買い求められる物でなくなっていたのです。

 

 

さて。喜美子が縁側にいると、派手なかっこうをしたおばさん、小池アンリ(烏丸 せつこ)が庭に入ってきます。

 

アンリ「あれ、何?」

喜美子「穴窯です。あの穴から焼き物を入れて・・・あの、どちら様でしょうか?」

 

アンリ「ここに住んでるの? ほな、先生もここに住んではるんやろか?」

喜美子「先生?」

 

アンリ「女性陶芸家の川原喜美子 先生。『小池アンリがきた』いうて、呼んできて!」

喜美子「どちらの小池さん?」

 

アンリ「滋賀県いうたら、小池やろ!」

喜美子「初めて聞きました」

 

アンリ「あんた、地元の人ちゃうな。戦前は、【小池紡績】いうおっきな会社があったんよ。そこのアンリいうたら・・・今でいうたら、ミス琵琶湖や。

ええから、先生呼んできて」

喜美子「(イラっときて)ウチが、川原喜美子です!」

 

アンリは、後ろにのけぞります。どうやら、喜美子のことをお手伝いさんと勘違いしていたようです。

 

喜美子は、アンリを工房に案内して、作品を見せてあげます。アンリは、棚に置いてある壺に目をつけます。喜美子が穴窯で初めて成功させた、深緑色の壺です。アンリは、人さし指でそ~っと壺に触ります。

 

アンリ「これ、おいくらですか?」

喜美子「えっ? 非売品です。売り物やないんです」

 

アンリ「10万? 30万?」

 

アンリは食い下がり、その場で現金で払おうとします。喜美子は「100万や!」と言って、アンリを追い払います。高額な値段をふっかければ、あきらめてくれると思ったからです。

 

アンリは工房をあとにします。

 

 

第19週「春は出会いの季節」第112話ネタバレ・・・ちや子さんの励まし!「きみちゃんはきみちゃん」

 

その日の午後。ちや子が川原家を訪れていました。喜美子の後援会長の住田さん、百合子もやってきます。

 

住田「(ちや子に)この度は、当選おめでとうございます!」

 

実は、ちや子は市議会議員に立候補し、当選を果たしていました。喜美子たちは、みんなで食事にします。

 

ちや子「当選したの嬉しかったで。もっと嬉しかったんは、ウチらの選挙活動で『女性の投票率が上がる』言われたことや」

住田「川原さんの個展で、ちや子さんに初めてお会いした時から、何者かにならはる方や~思ってましたわ!」

 

百合子「住田さん、なんでいるの?

住田「・・・言わはりますな」

(⇦ 百合子の毒舌、さくれつ!)

 

 

 

ちや子は、川原家に泊まることになりました。喜美子と二人だけの夜。二人は寝っ転がって、語り合います。

 

喜美子「テレビ見ましたよ。若い男性議員と討論してはった。泣きそうになってた」

ちや子「向こうがな。はは」

 

喜美子「新聞社を飛び出していった時の、あのちや子さんを思い出しました。変わりませんね。ちや子さんはちや子さんや

ちや子「行政と市民の橋渡ししてるだけや。ほんな偉そうなもんやない」

 

 

関連:5倍の給料と、ちや子の武勇伝

www.entafukuzou.com

 

 

喜美子「ウチは変わりました。1足つくろって12円。ストッキングの内職してました。それが今や5万です。ウチの作品は。5万・・・10万・・・30万で売れたこともあります」

 

ちや子「嬉しいことちゃうの?」

喜美子「・・・ときどき思い出すんです。大久保さんからストッキングの内職のお金もろて、お父ちゃんと大喜びした時のこと」

 

 

関連:内職でもらったお金で、お父ちゃんと大騒ぎ!

www.entafukuzou.com

 

ちや子「戻れる? 今あるものぜ~んぶ失ってな、あした目の前に大久保さんが現れんねん。『内職せえ』言って、持ってくる」

喜美子「やります!」

 

ちや子「朝は4時半に起きて女中の仕事やで」

喜美子「働きます。『とやぁ~っ!』言いながらやったります」

 

ちや子「戻れるやん。いつでもあの頃に戻れる。きみちゃんは変わってないよ。変わらへん」

喜美子「・・・」

 

ちや子「大丈夫。きみちゃんはきみちゃんや。変わらへん

喜美子「はい」

 

(⇦ 武志が出ていったのは、自分が変わったせいかもしれない・・・喜美子には、自分に対する疑念があったのではないでしょうか?  ちや子さんはそれを見透かして、励ましてくれたのだと思います)

 

 

二人は、いま流行っているというパックに挑戦します。喜美子は、ちや子の顔いっぱいに漬け物のきゅうりを貼りつけます。

 

喜美子「これ。ほんまに肌にええんですか?」

ちや子「ええ言うてたで」

 

ポロッ。鼻に貼ったきゅうりがはがれ落ち、ちや子はきゅうりを食べます。

 

ちや子「おいしい

 

 

翌朝。喜美子は、ちや子を見送ります。パックの効果? 喜美子の顔は真っ赤です。

 

ちや子「がんばり! 女性陶芸家さん」

喜美子「ちや子さんも頑張ってください。女性市会議員さん」

 

ちや子&喜美子「女性は余計や!」

 

二人は同時に口に出すと、笑い合います。ちや子は川原家をあとにします。

 

 

そのすぐあと。小池アンリがやってきます。アンリは例のつぼを見たあと、バッグから札束をとり出し、喜美子の前に置きます。

 

ボンっ!

 

アンリ「100万円おっしゃったんで、用意してきました。あれ欲しいねん」

 

                         第113話へつづく。