映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

2分で『スカーレット』96話あらすじ!意味深!緋色のバラの花言葉とは?

スポンサーリンク

f:id:entafukuzou:20200125094033j:plain

《前回・第95話までのあらすじ》 

 芸術作品をつきつめるために、喜美子は庭に穴窯(あながま)を作ることにします。八郎は食器セットの注文を受けて、資金を援助してくれます。

 

川原家の畑をつぶして、穴窯づくりが始まります。

 

第95話の、詳しいあらすじはこちら!

www.entafukuzou.com

 

 

『スカーレット』第96話あらすじ!1月25日(土)放送分・・・意味深!緋色のバラの花言葉とは?

 

製作を思い立って半年、ついに穴窯(あながま)は完成します。喜美子は、懐中電灯で中を照らします。びっしりとレンガが積み立てられています。喜美子たちが庭に戻ると、祝福してくれる人たちがいました。

 

 

 

照子と近所の奥様方が、完成を祝って歌をうたってくれたのです。

 

照子「バラが咲いたー バラが咲いたー 真っ赤なバラがー」

奥様たち「さみしかった僕のに庭にバラが咲いたー

 

(⇦ ちなみに、赤いバラの花言葉は「情熱」や「愛情」を指しますが、緋色(=スカーレット)のバラの場合は、「灼熱の炎」「情事」を意味します)

 

 

喜美子は、さっそく穴窯で陶器を焼いてみることにします。3日かけて窯の温度を1200℃まで上げようと試みます。

 

八郎「松永さんにも薪(まき)の焚き方教えてあげ!」

喜美子「ウチがやる。3日間、火種が消したらあかん

 

八郎「一人で? ムチャや。交代しよう」

 

 結局、喜美子、八郎、三津の3人が交代で薪をくべて、窯の温度を上げることにします。喜美子は、陶器のカケラを、穴窯のすぐ横に置きます。お守り代わりです。

 

ぱん! ぱん!

 

喜美子、八郎、三津の3人は、カケラに手を合わせます。

 

3人「よろしゅう頼みます!」

 

 

 

第16週「熱くなる瞬間」96話ネタバレ・・・恋の炎、憔悴の炎、嫉妬の炎

 

 

 

まずは、窯全体をあたため、400℃近い温度にします。次に、交代で薪(まき)をくべながら、600℃をめざします。

 

600℃に達したら、焚口(たきぐち)に薪を入れ、いっきに目標の1200℃まで上げてゆく計画でした。ところが、予定の3日を過ぎても、1200℃には届きません。

 

八郎「どうする? まだ続ける?」

喜美子「続ける!」」

 

八郎「このまま上がらんかもしれんで」

喜美子「やめるわけにはいかん」

 

八郎「交代や。このままじゃ倒れてまうで! 最低でも5時間ねてこい」

 

八郎は、憔悴しきっていた喜美子を休ませ、代わりに薪をくべます。

 

 

温度が上がらないまま、ついに5日目の朝を迎えます。用意していた薪も、残りわずかです。目を覚ました喜美子は、迷います。

 

「どうしよう? いったん火を止めてしまおうか・・・」

 

八郎にアドバイスをもらおうとした喜美子は、見てはいけないものを見てしまいます。工房では、八郎と三津が寄りそうように眠っていたのです

 

喜美子は声をかけることができず、ひとりで窯の焚口(たきぐち)に向かいます。

 

 

しばらくすると、三津は目を覚まします。まだ八郎は眠っています。三津は、八郎の顔に口元を近づけます。(⇦ 「情事」

 

 

喜美子は複雑な表情で、焚口に薪をくべていました。炎ははげしく燃え上がります。(⇦ 「灼熱の炎」

 

その炎は、三津と八郎がただならぬ仲になりかけていることに戸惑い、ねたむ、喜美子の心の内を表しているようでした。

 

                    第97話へつづく。