映画ときどき海外ドラマ

映画・ドラマを楽しむブログ。たまに雑学。

2分で『スカーレット』94話あらすじ!穴窯の大きなデメリットとは?

スポンサーリンク

f:id:entafukuzou:20200123092641j:plain

《前回・第93話までのあらすじ》 

 ジョージ富士川と窯業(ようぎょう)研究所の柴田さんが、【かわはら工房】に陶器のカケラを見にきます。

 

カケラの豊かな色合いは、薪の火と灰だけできたものだと判明します。喜美子は、「いつか、こういう色合いを出したい!」と、決意するのでした。

 

第93話の、詳しいあらすじはこちら!

www.entafukuzou.com

 

 

『スカーレット』第94話あらすじ!1月23日(木)放送分・・・伏線? 修理業者の不吉なひと言

 

【かわはら工房】には、電気ガマ修理業者さんがきていました。故障した電気ガマを直してくれます。

 

修理業者「よっしゃ!」

喜美子「ありがとうございます」

 

修理業者は喜美子と三津を見比べたあと、八郎だけに耳打ちします。

 

修理業者「タタミと女房と電気ガマは、新しいほうがええで

 

 

喜美子が頼まれた絵付け小皿と、八郎の個展の食器セットは、ひとまず【丸熊陶業】で本焼きしてもらうことになります。

 

川原家がバタバタしているので、信作の結婚のあいさつは先送りとなります。信作と百合子は、電話で寂しい気持ちをなぐさめ合います。

 

信作の声「電話はイヤやな。会いたいわ。たまらん」

百合子「ウチもたまらん。会いたい」

 

信作の声「オレも会いたい」

百合子「ウチも会いたい」

 

マツ「いつまでやってんねん!」

 

マツは、信作と百合子の仲に、気づいていたようです。百合子は、マツと三津に信作との結婚のことを話し、少し気が楽になります。

 

 

 

第16週「熱くなる瞬間」94話ネタバレ・・・穴窯の大きなデメリットとは?

 

 

 

工房では、八郎と喜美子が話し合っていました。

 

八郎「新しい窯(かま)をもう一つ、【かわはら工房】に置こう」

喜美子「薪(まき)で焼く窯いうこと? ええの?」

 

 

あくる日。

 

窯業(ようぎょう)研究所の柴田さんが、工房を訪れます。柴田さんの話によれば、薪で焼くタイプの窯は、『穴窯』というそうです。

 

(⇦ 『穴窯』には、地中に穴を掘る「完全地下式」のものと、山などの傾斜がある土地に屋根をつけた「半地下式」があります。

薪の炎は、燃焼室 ⇨ 焼成室(しょうせいしつ) ⇨ 煙突と、流れてゆきます)

 

しかし、穴窯を使う人は、芸術品を作ろうとする一部の陶芸家に限られるようです。柴田さんは、穴窯を使っていた陶芸家を思い出そうとします。誰だっけ・・・

 

そこへ、武志が帰ってきます。

 

 

柴田「武志くんに聞きたいことがある。お父ちゃんの後を継ぐつもりかい?」

武志「??(わかんなーい)」

 

柴田「まだ小学生だもんな。今は先のことは・・・よし! ・・・ん? よし、よし、慶野川(よしのがわ)さんだ!」

 

(⇦ 強引すぎるでしょ!)

 

 

 

慶野川さんは、喜美子が子どもの頃に出会った陶芸家です。喜美子は、“タヌキのおじさん”と呼んでいました。

 

 

喜美子と八郎は穴窯の作り方を教わるため、【カフェ・サニー】で慶野川さんと待ち合わせをします。しかし、そこに現れたのはサラリーマン風の男。慶野川さんの甥っ子でした。

 

甥っ子「僕は保険の営業をやってます。叔父は、去年なくなりました。遺品は僕があずかったんです」

 

慶野川さんの甥っ子は、生前、慶野川さんがつけていたノートを見せてくれます。穴窯の作り方も記載されています。しかし・・・

 

甥っ子「穴窯は、いまは跡形もありません」

喜美子「なんでです?」

 

甥っ子「維持費がたいへんなんです。毎回毎回、薪の代金に何十万も払って・・・」

 

喜美子は思い出します。慶野川さんが、

陶芸はそもそもお金にならん。まちがっても陶芸家になったらあかんで」

と、語っていたことを。あれは、材料費や薪の代金にお金がかかるという意味だったのです。

 

関連:第4話 陶芸家は金にならん商売?

www.entafukuzou.com

 

喜美子は、慶野川さんのノートを眺めます。材料費や薪の代金が細かく記載されています。ノートの下には、「あかん」という言葉。穴窯で陶芸をやっても採算が取れない、ということを示していました。

 

                       第95話へつづく。