映画ときどき海外ドラマ

映画・ドラマを楽しむブログ。たまに雑学。

2分で『スカーレット』89話あらすじ!怒り爆発!マツに常治の魂が宿る!

スポンサーリンク

f:id:entafukuzou:20200117091205j:plain

《前回・第88話までのあらすじ》

 喜美子は、注文があった絵付け小皿の成形200個ぶんを、1日でやり遂げてしまいます。喜美子の天才ぶりに、三津も舌を巻くのでした。

 

いっぽう。百合子との結婚を認めてもらいたい、信作。川原家に結婚の挨拶をしにゆくタイミングをうかがっていますが・・・

 

第88話の、詳しいあらすじはこちら!

www.entafukuzou.com

 

『スカーレット』第89話あらすじ!1月17日(金)放送分・・・三津の無邪気な告白に動揺!

 

 八郎は陶芸教室に招かれ、参加者からおみやげのお菓子をもらって帰ってきます。スーツ姿の八郎は、小学校から帰ってきた武志と共に、居間に向かいます。

 

工房には、喜美子と三津の二人だけとなります。

 

 

三津「先生、喜美子さんの師匠である深野先生の話をしてましたよ。大事な絵を闇市に売った、って話を聞きました。喜美子さんは、先生のために絵を描いたそうですね。

『なんてええ子なんやろ。あん時から、惹かれてたのかもしれん』。そうおっしゃってましたよ」

喜美子「そんなこと言うたの? 三津には何でも話すんやな

 

三津「わたし、先生みたいな人、好きになりたいなぁ。あっ! このお菓子知ってる。静岡の・・・」

(⇦ 思ったことを口に出してしまう三津。無邪気なだけに、喜美子の気持ちを揺さぶってしまいます)

 

 

ところ変わって、【カフェ・サニー】。百合子と信作は、これから結婚のあいさつをするため、川原家に向かおうとしていました。

 

すると、忠彦と陽子もめかしこんだ姿で現れます。二人も、あいさつに同行しようというのです。

 

信作「オレに任せてくれ。しっかり頭下げてくる」

百合子「あの。反対されないと思います。なんの問題もないです」

 

陽子「それはそれでつまらん」

忠信「それなら、わしが反対しようか?

 

百合子「大野家、おもしろすぎて大好きや~」

 

ところが、それどころではなくなります。百合子の姉・直子の妊娠が発覚! 急きょお相手の鮫島と川原家にやってくる、というのです。信作のあいさつは、ひとまずお預けとなります。

 

 

第15週「優しさが交差して」89話ネタバレ・・・怒り爆発! マツに常治の魂が宿る!

 

信楽の町はずれ。

 

すでに、直子と彼氏の鮫島(正門 良規)は信楽に到着していました。直子は、砂の入った袋をお腹に詰めていました。

 

直子「どう?」

鮫島「何か月目か、言うたの?」

 

直子「・・・5か月目くらいにしとこう」

 

妊娠したというのは、真っ赤な嘘。喜美子たちをダマしたのには、別の目的がありそうです。

 

 

川原家では、喜美子たちが直子の到着を待っています。急に妊娠を告げられ、喜美子はイライラしています。

 

八郎「頭ごなしに叱っても、しゃーないで」

喜美子「順番が違う。お父ちゃんなら、ちゃぶ台ひっくり返してる。その前に、ほんまかウソか、確認せんとな」

 

八郎「喜美子の妹やろ? なんで信じてやらへんのや?」

 

 

数分後。

 

直子と鮫島が川原家に到着。鮫島と直子は、妊娠の報告をします。居間では、喜美子、八郎、百合子、マツが話を聞いています。合唱団でのどを潰してしまったマツは、まだ声が出ません

 

鮫島「ええと・・・5か月目でして・・・生まれるのは先だけど、入籍はします。ご報告が遅くなってすみません」

 

直子と鮫島は正月にも川原家を訪れましたが、妊娠の報告はなし。そのときは販売の仕事も上向き加減で、まだ将来を軽く考えていたことがうかがえます。

 

鮫島「・・・子供のために、将来のために、少し用立てていただけないでしょうか?

(⇦ つまり、結婚のお祝いに、お金をちょーだい! ということ。わざわざ嘘をついて金の無心をするということは、商売がうまくいってないのでしょう

 

 喜美子「その前に、おめでとう! 鮫島さん、直子のこと、よろしくお願いします。赤ちゃん、どっちやろな? 楽しみやな」

八郎「おめでとう」

百合子「おめでとう、鮫島さんも」

 

ところが! このあと、場の空気は凍りつきます。マツがいきなり、ホウキで鮫島をたたき出したのです。マツは、鬼の形相です。しゃべらないだけに、こわ~!

 

 

直子「何やってんの、お母ちゃん!」

 

バッチ~ン!!

 

渇いた音が、居間にひびきます。マツが、直子の頬をビンタしたのでした。まるで、怒れる常治の魂が、マツに乗り移ったかのようです。

 

                         第90話へつづく。