映画ときどき海外ドラマ

映画・ドラマを楽しむブログ。たまに雑学。

2分で『スカーレット』87話あらすじ!夫婦別行動は、破局への序曲?

へたくそ

kakeccoさんによるイラストACからのイラスト

《前回・第86話までのあらすじ》 

 百合子が酔っぱらって帰ってきます。百合子は、信作との結婚話について、信作の両親に報告したようです。ただし、喜美子たちにはまだ内容は伏せておきます。

 

いっぽう。工房で二人きりでいることが多くなった、八郎と三津。三津に勧められ、八郎は個展に向けてディナーセットを作ることに決めます。

 

第86話の、詳しいあらすじはこちら!

www.entafukuzou.com

 

 

『スカーレット』第87話あらすじ!1月15日(水)放送分・・・百合子の夫となる条件とは?

 

 喜美子は、忠彦と陽子のお店【カフェ・サニー】で、橘 ひろ恵(紺野まひる)と再会します。

 

忠彦と陽子は、百合子の結婚についてどう思っているのか、喜美子からさりげなく聞き出そうとします。

 

喜美子「あんなん、『まだ嫁に出せへん』、ってお母ちゃんと話しとったわ」

陽子「嫁に出せへんの?」

 

喜美子「相手にもよるな。ウチのこと柔道で投げ飛ばすぐらい、たくましい男ならええ

忠信&陽子「・・・・・・」

 

忠信と陽子は、絶望的な気持ちになります。信作は、たくましいタイプではないからです。

 

さて。ひろ恵は、あらためて喜美子に注文の依頼をします。

 

 

喜美子が【かわはら工房】に戻ってくると、八郎と三津が楽しそうに会話していました。三津は大声で笑っています。八郎が個展に向けてつくろうとしていた、ディナーセット。

 

三津はサンプルを紙で作ったのですが、美大出とは思えない絵のヘタっぷりに、自分で笑っていたのでした。

 

 喜美子は、八郎が芸術作品ではなくディナーセットという実用品を作るつもりであると聞き、驚きます。

 

喜美子「“自分にしか作れない作品”やないの? そこにこだわってるんちゃうん?」

八郎「昔の作風に戻そう思って。結婚する前の作風に戻そう思ってんねん

 

 

 

第15週「優しさが交差して」87話ネタバレ・・・夫婦別行動は、破局への序曲?

 

八郎は、個展の下見のために、来週にも東京へゆくつもりでした。それを聞くと、喜美子は「自分も行く」と言い出します。八郎は、ひろ恵からどんな品物を依頼されたのか、尋ねます。

 

 喜美子「橘さんの旦那さんの会社関係の結婚式の引き出物。小皿5枚組

八郎「どんだけ?」

 

喜美子「40セット」

八郎「200枚やん! どんだけ時間かかる思ってるん? 電動ろくろも電気窯も、ひとつしかないんやで!」

 

喜美子は、小皿のイメージ画が描かれたスケッチブックを、八郎に見せます。ひろ恵は、喜美子の絵付けの能力に期待をかけて注文してくれたのです。

 

八郎「絵付け小皿か・・・ええやん。かわいらしい。ほな、はよ始め」

喜美子「でも、東京は?」

 

八郎「ついてきたら間に合わん。小皿、作りたいんやろ?」

喜美子「時間かけて納得いくものを作りたい」

 

八郎「しゃべってる間がもったいない。僕は僕でやるから、喜美子は喜美子でやるんや」

 

 

八郎は、個展の下見に。喜美子は、依頼品の製作。この別行動が、ふたりの間に何をもたらすのでしょうか?

 

                           第88話へつづく。