映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

サスペンスコメディ!映画『大陸横断超特急』あらすじとレビュー

スポンサーリンク

f:id:entafukuzou:20200108190652j:plain

最近のドラマや映画は、情報量を詰めこむ傾向にあります。そのため、昔の映画を観ると、相対的にテンポが遅く感じることがあります。

 

しかし、ひと昔前の作品にも関わらず、びっくりするほど展開の早い映画があります。その一つが、コメディ映画『大陸横断超特急』です。

 

コメディ映画『大陸横断超特急』の概要

 

『大陸横断超特急』は、1976年公開のアメリカ映画。しがないノンフィクションライターが、鉄道旅行中に殺人事件を目撃。背後にうごめく陰謀に巻きこまれる、サスペンスです。

 

大陸横断超特急
原題 Silver Streak
製作国 アメリカ
公開年 1976年
上映時間 114分
監督 アーサー・ヒラー
脚本 コリン・ヒギンズ
出演 ジーン・ワイルダー、ジル・クレイバーグ

 

 ただ、単なるサスペンスではありません。走行中の列車でのアクションがあったと思えば、美女とのロマンスもあります。何より、とぼけた主人公と個性豊かなキャラクターとのやり取りで笑わせてくれます。

 

 

映画『大陸横断超特急』のあらすじとレビュー

 

 簡単なあらすじ

 

ジョージ・コルドウェルは、園芸などの書籍を執筆するライター。観光列車「シルバー・ストリーク号」に乗りこみ、のんびりとシカゴまでの旅を楽しむつもりでした。

 

ジョージは、車内で美女・ヒリーと知り合います。ヒリーは、美術史を研究するシュライナー教授の秘書。すっかりヒリーと意気投合したジョージは、ゆきずりのロマンスを楽しみます。

 

ところが、窓の外からシュライナー教授が落下するのを目撃! これは、事件か?

 

ジョージはあわてて、教授の客室にかけこみます。すると、室内には怪しげな男が2人。教授のゆくえを尋ねると、ジョージは用心棒らしき男に列車の外に放り出されてしまいます。

 

 

ジョージは、線路沿いで牧場を営む婦人・リタと出会います。リタはなんと、自家用飛行機にジョージを乗せ、近くの駅まで連れていってくれます。

 

「シルバー・ストリーク号」に追いついたジョージ。ふたたび、シュライナー教授の客室を訪れると、そこには美術商のデヴローがいます。ジョージがゆうべ見た出来事を話すと、シュライナー教授本人が入ってきます。死んだはずでは・・・?

 

デヴローも教授も、

「あんたは幻覚を見たんだ」

と、言い張りますが・・・

 

 

 

テンポの良いエンタメ! 広川太一郎さんの吹き替えも最高!

 

物語の骨格は、サスペンス・アクション。悪事をたくらむ一味と、彼らを追いかけるFBI。たまたま居合わせた主人公が、その攻防に巻きこまれてゆきます。

 

主人公のジョージは、かなりとぼけた性格。日本語吹き替え版では、広川太一郎さんがジョージの声をあてています。

 

すっとんきょうな声で、「もうやめて~」「やだ~。もう~!」とか喋ります。起こっている事件は大がかりなのに、このゆるさ。

 

主人公が、出会う人たちも魅力たっぷり。豪快なリタばあさん。事件が起きたと喜ぶ保安官。熱血漢のこそ泥。観おわった後に、「また、あいつらに会いたい」と思わせてくれるような愉快な面々です。セリフ回しも面白い。

 

シリアスとコメディの割合は、7:3ぐらい。笑いあり、アクションあり、謎解きあり。何より、めまぐるしい展開にドキドキします。これぞ、娯楽映画!