映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

2分で『スカーレット』77話あらすじ!おっさんずラブオマージュ?

スポンサーリンク

ハンドバッグ

acworksさんによるイラストACからのイラスト

《前回・第76話までのあらすじ》 

 常治のお葬式を終えてから、喜美子と八郎は久しぶりに話し合う機会をもてます。心が離れかけていた二人ですが、お互いが好きだということを再確認します。

 

冬になり、直子が帰ってきます。直子がお見舞いにも葬式にも来なかったのには、知られざる秘話がありました。

 

第76話の、詳しいあらすじはこちら!

www.entafukuzou.com

 

『スカーレット』第77話あらすじ!12月27日(金)放送分・・・大丈夫? 直子と鮫島の決意

 

直子「鮫島さん呼んでええ? 言っときたいことがあるんや。これからのことや

 

直子はそう言うと、外にいる鮫島(正門 良規)を呼びにゆきます。喜美子たちはあわてて家族会議。

 

喜美子「結婚ははやい。まだ、お父ちゃんがなくなったばかりや」

百合子「ええ加減にしろ、言う?」

マツ「誰が言う?」

 

百合子「・・・あ。お兄さん」

八郎「え?

 

 

 

直子と鮫島はなれそめを語ったあと、ある決意を伝えます。

 

 鮫島「半年ほど前です。意気投合しましてね。お兄さまがたも、同じ商売やってらっしゃるとか・・・ご家族そろって陶芸家の先生!」

喜美子「ウチはまだ、陶芸家なんて・・・」

 

ときどき注文を受けるけれど、陶芸家を名乗るほどではない。喜美子が謙遜すると・・

 

鮫島「ほな、どういう陶芸家です? ええ陶芸家とそうでもない陶芸家?

喜美子「・・・・・・」

(⇦ “空気の読めない”発言をしてしまう鮫島。商売やってもうまくいかないだろうことを暗示しています)

 

直子「二人で【熨斗谷(のしたに)電機】に辞表出してきた。大阪で商売やるつもりや。いっぱい稼いで、楽さしたる」

マツ「それ、どっかで聞いたことが・・・お父ちゃんや!」

 

ただ、何の商売をするつもりか、具体的に決まっていませんでした。喜美子は心配しますが、直子は晴れ晴れとした表情で語ります。

 

直子「ウチはこれからの人生、思うようにやらせてもらいます!

 

 

第13週「愛いっぱいの器」77話ネタバレ・・・おっさんずラブオマージュ?

 

 工房には、常治を元気づけるため、みんなで絵を描いた器が飾られています。直子は常治のことを思い出しながら、しみじみと語ります。

 

直子「お父ちゃんがなくなって、ほんまに悲しかった。ほやけど、それとは別に、お父ちゃんに『ああしろ、こうしろ』言われんで済む。そう思えた。

自由や、ウチは自由を手に入れたんや

 

 

 

喜美子と鮫島は、川原家をあとにします。

 

喜美子「・・・自由ってなんや?」

 

喜美子の言葉に、八郎はジョージ富士川の独演会のことを思い出します。「自由は不自由や」という合言葉がモットーの芸術家・ジョージ富士川が、講演のため、信楽を訪れることになっていたのです。

 

ところが、公演日の日曜になって、武志(たけし)が熱を出してしまいます。ジョージ富士川に会えるのを楽しみにしていた喜美子ですが、家で看病することに。

 

 

 

百合子は信作に呼び出されて、信楽の商店街にいました。すると、信作にフラれた女性が、母親同伴でやってきます。

 

女性「どういうつもりなの?」

信作「こういうことや」

 

信作は、百合子のマフラーを直してあげます。“オレたち、つき合ってます”というフリをしたのです。

 

女性はハンドバッグを振り回して、信作に一撃をくらわせます。母親もひもの短いバッグで、信作をガツン!

 

 

百合子「1ミリもドキドキしない人と、つき合わなければいいのに」

信作「・・・オレ、男のほうが好きなんじゃないかと思うほど、女の子が苦手なんだ

(⇦ドラマ『おっさんずラブ』で、田中圭さんの“相手役”をつとめた林遣都さん。同ドラマに対するオマージュでしょうか)

 

 

さて。講演会に参加した八郎が、帰ってきます。

 

八郎「ジョージ富士川は、信楽にはおらん人や。みんなの前で立体作品つくってくれた」

 

講演会には、【丸熊陶業】の社長・敏春や、照子も出席していました。4人目を生んだばかりの照子ですが、お手伝いさんに子供を任せて、ジョージ富士川の話を聞きに行ったようです。

 

八郎「照子さんは、喜美子にも会わせたがっていた。そう思ってな。思い切って、声かけてみた。気さくな人でな。僕の話を聞いてくれた」

 

 

富士川「ん~」

 

【かわはら工房】に飾ってある、古い陶器のカケラを眺めている人物がいました。ジョージ富士川です。わざわざ喜美子に会いにきてくれたようです。

 

喜美子は、工房に足を踏み入れます。が・・・

 

ズズズ・・・ガシャン!

 

喜美子は緊張のあまり後ずさりして、入り口の戸に背中をぶつけてしまうのでした。

 

                        第78話へつづく。