映画ときどき海外ドラマ

映画・ドラマを楽しむブログ。たまに雑学。

クリスマスに観たい!コメディ映画『カーリー・スー』あらすじとエンディング曲

カーリー・スー

クリスマス映画というわけではありませんが、この時期に観たくなるファミリー映画があります。1991年公開の『カーリー・スー』です。

 

コメディ映画『カーリー・スー』の概要

 

映画『カーリー・スー』は、ひょんなことから出会ったホームレス親子と冷たい弁護士の交流を描いた、コメディドラマです。

 

カーリー・スー
原題 Curly Sue
製作国 アメリカ
公開年 1991年
上映時間 102分
監督 ジョン・ヒューズ
脚本 ジョン・ヒューズ
出演 アリサン・ポーター、ジェームズ・ベルーシ、ケリー・リンチ

 

 監督は、1980年代に『ブレックファスト・クラブ』『フェリスはある朝突然に』といった学園ドラマ映画をヒットさせたジョン・ヒューズです。これが遺作となります。

 

『ホーム・アローン』や『ベートーベン』など、人気コメディ映画の脚本も書いています。

 

映画『カーリー・スー』あらすじとエンディング曲

 

簡単なあらすじ

 

 グレイ(ケリー・リンチ)は、やり手の弁護士。訴訟に勝つためなら、相手をひどい目に遭わせてもなんとも思わない、冷酷な女でした。

 

ある日のこと。彼女が事務所から帰ろうと自動車を運転していると・・・

 

ドスッ!!

 

何かにぶつかった音が! グレイが車から出てみると、中年の男が倒れています。そばでは、小さな女の子が泣いています。

 

グレイにひかれたのは、ホームレスのビル。そして、女の子の名前は、カーリー・スー。ビルは無事でしたが、グレイはせめてものお礼にと、二人を自宅に連れてゆき、ディナーをふるまいます。

 

実は、二人は“当たり屋”でした。お金持ちの車にひかれたフリをして、お金をせしめたり、食事にありついたりしていたのです。

 

 

グレイは、小学校に通う年齢なのに、学校に行ってないカーリー・スーのことが心配になります。しばらく二人を家においてやることにします。

 

面白くないのは、グレイの恋人・ウォーカーです。ビルたちが当たり屋であると見抜いたウォーカーは、児童相談所に通報。ビルとカーリー・スーを引き離そうとしますが・・・

 

笑って泣ける、ファミリー・ドラマ! 

 

ジョン・ヒューズ監督は、子役の使い方がとてもウマいです。

 

彼が脚本を書いたコメデイ映画は、『ホーム・アローン』(1990)、『わんぱくデニス』(1993)、『34丁目の奇跡』(1994)など、子役が大活躍するものばかり。

 

本作も、カーリー・スー役のアリサン・ポーターがかわいらしく、彼女の魅力がこの作品を引き立てています。

 

そして、冷たい弁護士を演じたケリー・リンチの好演も見逃せません。

 

優しさのカケラもないような鉄の女・グレイが、ビルとカーリースー親子に出会ったことで、徐々にやさしい表情へと変化してゆきます。

 

「大切なのは血のつながりか? それとも心のつながりか?」

 

この映画が投げかけるテーマは、今日でも色あせることなく心に響きます。

 

 

 

 

リンゴスターのエンディング曲『You Never Know』が素晴らしい!

 

『カーリー・スー』のエンディングロールで流れる、リンゴ・スターの曲『You Never Know』が素晴らしいです。

 

何より歌詞がイイ!

 

著作権の問題もあるので、一部だけ紹介すると・・・

 

 

人生は ぶっつけ本番

来る日も来る日も 失敗続き

 

でもチャンスは 目の前に転がっている

きっと いいことがある

 

その日暮らしの人生

毎日 驚きがいっぱい詰まってる

 

ヒッチハイクの気ままな人生

突然 飛びこむハプニング

 

気の向くまま さすらう

愛に賭けるときもある

 

恋に破れて 落ちこんだときも平気さ

ステキな出会いが きっと待ってる

 

 

元・ビートルズのリンゴ・スターということで、なにかのアルバムに収録されていると思ったら、『カーリー・スー』のサントラでしか聴けないようです。

 

この映画のために書き下ろした曲なのかもしれません。

 

リンゴ・スターのカラっとした歌声と、ときおり入る口笛が耳に心地よい名曲です。