映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

2分で『スカーレット』74話あらすじ!元気になって!思いこめた器

スポンサーリンク

素焼き

 

《前回・第73話までのあらすじ》 

 家族にはだまっていましたが、常治の病気は深刻で、お医者さんも手の施しようのない状態でした。それでも、常治とマツは二人だけで温泉旅行に出かけるのでした。

 

第73話の、詳しいあらすじはこちら!

www.entafukuzou.com

 

『スカーレット』第74話あらすじ!12月24日(土)放送分・・・できることは、“泣かない”こと

 

 常治とマツが、温泉旅行から帰ってきました。常治はすぐに横になってしまいます。

 

 

マツは、喜美子と百合子に 、旅行中の常治のようすについて話してくれます。

 

マツ「旅館でスリッパを頭に乗せたり、温泉卵をあっためてヒヨコにかえそうとしてり、何十年分も笑わせてくれた。

(私たちが)してあげられること、聞いた。『なんもない』言われた。

せやから、できることは泣かんことや

 

 

 

八郎の工房に、【窯業(ようぎょう)研究所】の所長・柴田 寛治(中村 育児)と、美術商の佐久間 信之(飯田 喜右)がやってきます。

 

佐久間「八郎さん。金賞ねらうんやったら、もうちょい個性ださないといけませんよ」

柴田「もっと大胆にいけぇ、いうことや」

二人は八郎を激励すると、工房をあとにします。

 

 

常治は、所長や美術商が八郎に声をかけてくれるのは、運送の仕事をしていた自分のおかげだと述べます。

 

常治「信楽の陶芸関係者が気にかけてくれるのは、なんでやと思う? お前が川原の人間になったからや」

八郎「いまの僕があるのは、お父さんのおかげです

 

 

第13週「愛いっぱいの器」74話ネタバレ・・・ お父ちゃん元気になって!思いをこめた器

 

 常治が八郎のおせじに気を良くしていると、喜美子がやってきます。

 

喜美子「八郎さん! なんで断ったん? 問屋さんからコーヒー茶碗の注文はいったろ?」

八郎「いま大変やから無理やろうと・・・」

 

喜美子「勝手なこと言わんといてくれる? できるできひんはウチが決める」

 

生活のため、注文を受けたい喜美子。喜美子の負担がかかるのを心配する八郎。夫婦関係がギクシャクしています。新人賞をとってから伸び悩んでいる八郎のあせりもあるのかもしれません。

 

 

秋になりました。常治の容態は悪化し、一日じゅう布団で寝ていることも多くなりました。

 

喜美子と八郎、息子の武志(たけし)の3人は工房で焼き物をつくっています。

 

武志「見て! 貝殻」

喜美子「武志。おじいちゃんがおいしい飯いっぱい食べられるように、ええ器つくろう。器つくろう!」

 

 八郎は、棚に置いていた素焼きしたばかりの皿をもってきます。

 

八郎「僕も同じこと考えていた」

 

喜美子と八郎は、でっかい器にみんなで絵を描くことにしました。まずは、武志が常治の似顔絵を描きます。

 

次にマツが、『お父ちゃん、がんばれ』と文字を書きます。さらに百合子が、一升瓶の絵を描きます。

 

喜美子「お父ちゃん喜ぶわ」

 

 

八郎が鳥と富士山の絵を、喜美子が花の模様を器に描きます。家族みんなで心をこめて、常治の快復をいのって絵を描きました。

 

                         第75話へつづく。