映画ときどき海外ドラマ

映画・ドラマを楽しむブログ。たまに雑学。

2分で『スカーレット』72話あらすじ!一気にワープ!息子もおるで

ひとり息子

はやせいさおさんによるイラストACからのイラスト

《前回・第71話までのあらすじ》 

 八郎の作品は、陶芸展で入選をはたします。喜美子と八郎は、結婚の準備にはいるのでした。

 

第71話の、詳しいあらすじはこちら!

www.entafukuzou.com

 

『スカーレット』第72話あらすじ!12月21日(土)放送分・・・喜美子あてに注文の依頼が!

 

喜美子や八郎、そして家族が結婚写真をとる準備をしていたときのことです。

 

陽子から、喜美子に電話がかかってきます。【窯業(ようぎょう)研究所】の研究員・橘 ひろ恵(紺野 まひる)が、コーヒー茶碗に興味を持ったというのです。しかも、陶芸家の八郎にではなく、喜美子に話があるというのです。

 

 

ひろ恵「中にお花の絵が描いてあって、気に入りました。川原さんにコーヒーカップを作っていただきたいんです

喜美子「ほな、今からすぐに行きます」

 

マツ「後にしとき。写真館の中村さんも来はるで」

常治「電話して断れ!」

 

喜美子「でも、ええ話やで。1個400円で買い取る、言うてる」

常治「そりゃええ話や。すぐ乗っかれ」

 

 

喜美子と八郎は、陽子たちのカフェへ向かいます。喜美子の花のデザインが気に入ったひろ恵は、80個ものコーヒーカップを注文します。しかし、喜美子はまだ修業中の身。

 

喜美子「すみません。10個くらいの話かと・・・ウチにはまだそんなチカラはありません」

ひろ恵「そんなら、コーヒーカップの中に花の絵を描くアイディア、使わせてもらってええですか?」

 

喜美子「どうぞ。他所にお願いしてください」

 

同席していた八郎は、ひろ恵に頭を下げます。

 

八郎「いつか2人で独立しよう思ってます。もし機会があったら、またお声がけください。そのときは、80個でも100個でも作れる力を身につけさせます」

ひろ恵「心に留めておきます。がんばってください!」

 

 

家に戻った喜美子と八郎は、家族といっしょに結婚写真をとります。

 

パシャリ!

 

 

 

第12週「幸せへの大きな一歩」72話ネタバレ・・・一気にワープ!息子もおるで

 

昭和40年(1965年)。

 

喜美子と八郎は、【丸熊陶業】を退職して独立。ちいさな工房を建てていました。2人の作業場。2人の電気窯(でんきがま)。夫婦ノートに夢想していたことが、実現していました。

 

喜美子は、陶芸家としてひとり立ちした八郎のサポートをしています。子供もひとり。武志(たけし)という男の子をさずかっていました。もう4歳です。

 

運送の仕事であちこち奔走した父・常治は、体調をくずし、今では家にいることが多くなっていました。家の増築にかかった費用はまだ返済できておらず、川原家の貧乏暮らしはあいかわらずです。

 

百合子は、短大への進学をあきらめ、食品卸会社で納品の仕事をしていました。

 

 

 

 

さて。喜美子と八郎の工房に、雑誌記者となったちや子(水野 美紀)がきていました。

 

ちや子「きみちゃんも、そろそろ自分の作品づくり、できるんちゃう? 女性陶芸家として、世に出てったらええやん」

喜美子「ほやけど、ウチ、今の仕事に満足してますし・・・」

 

ちや子「もしかして、八郎さんよりすごいもの作るかもしれんで。ま、男に負けん才能があってほしいという、同性の希望かもしれんけどな」

 

ちや子と喜美子の他愛のない会話。しかし、八郎はだまって作業しています。

(⇦ 喜美子のほうに才能があることを、気づきはじめている?)

 

琵琶湖大橋の取材にきていたちや子は、信楽をあとにします。

 

武志「さいなら!」

 

喜美子と八郎は武志といっしょに、ちや子を見送るのでした。

 

 

                          第73話へつづく。