映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分で『スカーレット』49話あらすじ!信作のひと言に、常治も沈黙

沈黙

メックサンダーさんによるイラストACからのイラスト

《前回・第48話までのあらすじ》 

 十代田 八郎(そよだ はちろう)は絵付けの作業場に現われ、フカ先生に謝罪します。家宝のように飾ってあった絵を生活のために手放してしまった、というのです。

 

フカ先生は八郎を責めるどころか、「忘れんとってくれてありがとう」とお礼を述べるのでした。

 

第48話の、詳しいあらすじはこちら!

www.entafukuzou.com

 

『スカーレット』第49話あらすじ! 11月25日(月)放送分

 

 

 『山があって水辺があって・・・鳥が2羽とんでいて・・・』

 

喜美子は八郎の言葉を思い出しながら、絵を描いていました。八郎が手放してしまったフカ先生の絵を、想像して描いてみたのです。

 

 

さて、次の日の朝。

 

【丸熊 陶業】の食堂では、朝ごはん提供するようになっていました。八郎(松下 洸平)が、ひとり朝食をとっています。そこへ、フカ先生がやってきます。フカ先生は、八郎に1枚の風景画を渡します。

 

フカ先生「これ、渡そう思ってな。おじいさんの絵、そんな感じやなかったか? 言うてくれたら、ちゃんと画材で描き直すわ」

 

八郎「いえ、そんな・・・頂いてもよろしいんですか?」

フカ先生「ええよ!」

 

八郎「肌身離さず大事にします!

 

 

 

 

絵付けの作業場。

 

喜美子がひとりで掃除をしていると、八郎がやかんを持ってやってきます。食堂にいたついでに、お茶を持ってきてくれたのです。やかんを置くと、八郎はすぐに部屋を出てゆきます。

 

喜美子は、八郎を追いかけてゆきます。自分が描いた絵を渡したかったのです。

 

 

第9週「火まつりの誓い」49話ネタバレ

 

八郎のやさしい人柄、縮まる二人の距離

 

【商品開発室】。

 

喜美子は、八郎に部屋の中を見せてもらいます。絵を渡そうと思ってきたのに、なかなか言い出せません。やかんを持ってきてくれたお礼を述べたりして、間を持たせます。

 

喜美子「・・・深野 先生の絵の件。十代田(そよだ)さんが言うてた『山があって水辺があって、鳥が飛んでて・・・』。こんな感じかな~、って想像して描いてみました」

八郎「・・・うれしいです。ほんまにうれしいです。もろてもええですか?

 

八郎は言葉に詰まるほど感激して、絵を受け取ってくれます。

(⇦ フカ先生に比べたらつたない絵なのですが、それでも喜んでくれます。八郎のやさしい人柄がわかります)

 

八郎「絵、上手なんですね」

喜美子「はいっ!!

 

八郎「はい、って(笑)・・・大事にします。“マスコット・ガールみっこー”とか、つっかかるような言い方して、すみませんでした」

 

 

 

 

二人がいいムードのところへ、番頭の加山が現れます。

 

加山「十代田さん。絵付け係にいうてください。今日は休みにします。社長が倒れました

 

照子の父で【丸熊 陶業】の現社長、熊谷 秀男がとつぜん倒れてしまいました。そして、そのまま亡くなってしまったのです!

 

信作のひと言に、常治も沈黙!

 

社長がなくなったという知らせを聞き、喜美子の家には家族みんなが集まっています。信作(林 遣都)もやってきました。急な訃報にどう対処したらいいか、みんな迷っています。照子のことも心配です。

 

社長に世話になった常治は、ひとりでお悔やみを述べに行こうとします。

 

喜美子「ウチも行く! ウチだって【丸熊 陶業】の社員や」

常治「“マスコット・ガール”は、黙っとれ!

 

喜美子「!! なんで知ってんの? お母ちゃん、新聞みせたん?」

 

マツは知らんぷり。

 

そんなことより夫が心配です。常治のことだから、帰りに飲んでくるつもりに決まっています。

 

常治「大丈夫や。社長がなくなったんや。飲まずにいられるか!」

信作「伊賀のばあちゃんもそうだった!  5分前まで『大丈夫』って言ってて、いきなり倒れて、そのままなくなった。人ってこんな簡単に死ぬもんなんやな、って・・・」

 

そんなことを聞かされたら、酒がまずくなってしまいます。常治は渋い顔で靴をはき、出かけようとします。

 

マツ「気ぃつけてな!」

喜美子「気ぃつけてな」

百合子「気ぃつけてな」

信作「気ぃつけてな

 

常治「・・・・・・」

 

 

 

家長の熊谷 秀男がなくなって、熊谷家はバタバタしていたようです。喜美子が照子と会えたのは、ずいぶん後のことでした。

 

社長さんがなくなったことで、喜美子を取り巻く環境にも大きな変化が訪れようとしていました。

 

                  第50話へつづく。