映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送される映画や海外ドラマを通して、もっと映画を好きになれるブログ

隠れた名作?『ハロルドとモード』は“最高の恋愛映画”!あらすじと名セリフ

  当サイトにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク

隠れた名作?『ハロルドとモード』は“最高の恋愛映画”!あらすじと名セリフ,感想

最高の恋愛映画といえば、どんな作品が思い浮かびますか?  『タイタニック』?『きみに読む物語』? はたまた『君の名は。』?

 映画『メリーに首ったけ』のヒロインであるメリーは、こんな発言をしています。「『ハロルドとモード』こそ、現代で最高の恋愛映画よ!」

 その通り!(児玉清さん口調で)

 

この記事では、映画『ハロルドとモード 少年は虹を渡る』の概要とあらすじをご紹介、珠玉の名セリフについてもご紹介したいと思います。

『ハロルドとモード 少年は虹を渡る』は、こんな映画!

 概要・・・西島隆弘、向井康二、カン・ハヌル主演の舞台も!

『ハロルドとモード 少年は虹を渡る』は、1971年のアメリカ映画。

生きる気力ゼロ。“自殺ごっこ”をして母親を困らせていた青年が、バイタリティあふれるおばあちゃんに出会って人生が一変! 生きる意味を見出してゆく人間ドラマです。

映画『ハロルドとモード 少年は虹を渡る』
原題 Harold and Maude
製作国 アメリカ
公開年 1971年
ジャンル 人間ドラマ?
監督 ハル・アシュビー
脚本 コリン・ヒギンズ『大陸横断超特急
出演 ルース・ゴードン、バッド・コート

 『ハロルドとモード 少年は虹を渡る』は、アメリカでは今も熱烈に支持されている映画のひとつ。業界人にファンも多く、『メリーに首ったけ』のように映画やドラマの中で、たびたび本作に触れられることがあります。

 

 『ハロルドとモード 少年は虹を渡る』は、日本では

  • 2001年には井上芳雄さん主演で
  • 2008年には「AAA」の西島隆弘さん主演で
  • 2023年には黒柳徹子さん&向井康二さん(SnowMan)出演で

舞台化されています。

韓国でも、2015年にカン・ハヌルさん主演で舞台化。くり返し上演されるということは、本作が時代を越えて人々の心をとらえていることを示しています。 

 ジャンルは人間ドラマ? コメディ? 恋愛?

 映画『ハロルドとモード 少年は虹を渡る』はツタヤなら、【人間ドラマ】に分類されるでしょう。アメリカではコメディに分類されることもあります。

ただ、自分とは異なる価値観の人を慕ってゆくという意味では、ド直球の“恋愛映画”です。 

『ハロルドとモード』簡単なあらすじ

19歳のハロルド(ルース・ゴードン)は、裕福なおぼっちゃん。しかし、生きる気力なし。首を吊るマネをしたり、洗面所を血のようなインクで汚したり・・・死んだフリをして、ママを困らせていました。

 

ママはハロルドのためを思い、精神科医を紹介したり、元軍人のチャールズ伯父さんに相談したります。さらに、勝手にお見合い相手を募集します。

でも、ママが選別した女の子たちに、ハロルドは興味なし。火だるまになったり、ナイフで手首を落としてみせたり(どちらもフリだけ)、女の子たちを追い返します。

 

ハロルドがやすらぎを得られるのは、他人の葬儀に参加するときでした。

ある日のこと。ハロルドは、自分と同じように他人の葬式に顔を出す79歳のおばあちゃん・モード(ルース・ゴードン)と出会います。

 

モードの生き方は型破り!

他人の車を勝手に盗んだり、鳥とともに生活したり、街路樹の木を引き抜いて山に植え替えたりします。バイタリティあふれるモード。まるで、野に咲くヒマワリです。

 

ハロルドはいつしか、モードに恋するようになりますが・・・ 

『ハロルドとモード』珠玉の名セリフ&感想

モードは、波乱の人生を送ってきました。反体制運動に参加した過去があり、皇帝にえっけんしたこともあります。モードが発するにセリフには、味わいがあります。単なるセリフというより、私たちに教訓を投げかけてくれるのです。 

「芸術の真価を知るには、時間がかかるもんさ!」

 神父さんの車を盗み出したモードは、車の代わりに“聖人のメダル”を置いてゆきます。「こんな物をもらっても意味がわからない」という神父さんに、モードは上記のセリフを発します。 

「なぜ世の中は、いまだにオリが好きなのかしら?」

置物や楽器に、傘。たくさんのモノであふれたモードの部屋には、ときおり鳥もやってきます。しかしモードは、鳥をカゴに閉じこめたりはしません。

 

モードは「動物園の動物たちを逃がしたこともある」と、自慢げにハロルドに語ります。

「いいこと? 世の中の不幸はこの花のような人がもたらす。他人と同様に扱われても、なんとも思わない人々が・・・」 

モードは、ハロルドを植物園に連れてゆきます。白い花をハロルドに見せたモードは、「みな同じ顔をしている。でも実際は違う」と語ります。

 

モードは、人にはそれぞれ個性がある、と説きます。けれども、尊厳を踏みにじられたら、闘わなきゃいけない時もあると強調します。

「時にはバカもしていい。常識にとらわれすぎないで!」

ハロルドの伯父さんは、元軍人。極端な価値観の持ち主で「人に尊敬され、金もあり、アジアの女とも出会える」と、軍隊の良さばかり強調します。

 

伯父さんに感化されたハロルドは、モードを「この共産主義者め!」と追い立てます。モードは穴に落っこちてしまいますが、無事でした。

 モードはハロルドを責めるどころか、「ときにはバカをしてもいい」と気遣ってくれます。

「同じ人間だからね」 

モードは、どんな人とも対等に話します。相手の肩書や役職によって、態度を変えることはありません。人見知りなハロルドは、モードの姿勢に感心します。

 

>> Amazonプライムビデオ『ハロルドとモード』(字幕版)

 

なにげない二人のやりとりが、心に染みます。

ハロルド「(あなたは)人と関わるのがうまいね」

モード「同じ人間だからね」