映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分で『スカーレット』45話あらすじ!人妻のよろめきの真相は?

上京

 11月20日(水)放送の朝ドラ『スカーレット』第45回のあらすじです。ネタバレも含みますので、えつ覧にはご注意ください。

 

《前回・第44話までのあらすじ》

 喜美子は、考案したデザインを社長や番頭の加山に見せますが、相手にされません。加山は、事務所の机のうえにデザイン画を置きっぱなしにします。

 

そのデザインに興味を示す人物がいました。照子とお見合い結婚し、現在は【丸熊陶業】の経理を担当する熊谷 敏春です。

 

第44話の、詳しいあらすじはこちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

『スカーレット』第45話あらすじ!11月20日(水)放送分・・・けんかするけど、直子が心配

 

くっさい手ぬぐい、ふたたび! 

 

直子(桜庭 ななみ)は、東京にある電化製品をつくる会社に就職が決まります。直子は上京に向けて、かばんに荷物を詰めています。

 

あれ? 中にきったない手ぬぐいが!

 

直子は、かばんから手ぬぐいを放り出します。常治は、その手ぬぐいをかばんに押しこもうとします。

(⇦ 「つらい事があってもへこたれるな!」という常治なりのメッセージですが、直子には伝わらなかったようです)

 

関連:『スカーレット』14話あらすじ!くっさい手拭いは愛情の証

 

 

結局は直子が心配

 

常治「直子! お前、今までどれだけええ加減だったか、わかってるんか?」

直子「はあ?」

 

実は直子が就職するのは、3度目。これまでの2度は、「自分に向かないから」という理由で、ほっぽり出してしまったのです。

 

常治「お前の『今度こそ、今度こそ』ちゅう言葉は聞きあきた!」

直子「お父ちゃんがいくら言うても、ウチは東京いくで!

 

 

ブチ切れた常治はちゃぶ台をひっくり返そうとしますが、喜美子が歯を食いしばって阻止します。険悪なムードの、父と次女。それでも常治は、実は直子を心配していました。

 

常治「見送ったるからな。東京までついていく。【のしたに電機】の社長さんによろしく言わなあかん。寮の人たちにも、あいさつとか色々あるやろ」

直子「・・・東京まで電車代は高いで。お金あるん?」

 

 マツ「は! こういうときのために、貯めてきたお金があるんよ

 

マツは思い出していました。絵の学校に行けなかった喜美子のために、少しずつ貯金していたのです。絵付けの仕事をおぼえた喜美子には、お金は必要なくなりました。あのお金を、いまこそ使うべきでは?

 

マツ「陽子さんに、ウチのへそくり預かってもらってたんよ。あれ、返してもらおう」

百合子「お母ちゃん! お母ちゃん!」

 

百合子の顔は、真っ青になります。きのうの忠信(マギー)と陽子(財前直見)の夫婦げんかの原因が、わかったからです。

 

 

 

 

第8週「心ゆれる夏」45話ネタバレ・・・よろめき=浮気?

 

人妻のよろめきの真相は?

 

 喜美子と百合子は、昨日の夕方みたことを思い出します。

 

【喜美子と百合子の回想 はじまり】

 

【大野商店】の前で、忠信と陽子が大ゲンカを始めていました。

 

忠信「なんの金や? なんで言えへんのや!」

陽子「だから、女にも言えんことがあるんじゃ」

 

忠信「聞きましたか、(通行人の)皆さん。 男や! 男がいるかもしれん。おっそろしい。人妻のよろめきや!

陽子「そんなくっだらないこと言うなら、離婚じゃ!」

 

 

 

 

(⇦ 『よろめき』を辞書で調べると、2つの意味があります。

① よろめく。つまずく。

② 誘惑にのる。 ⇨ 転じて、“浮気する”

 

二つ目の意味は、昭和32(1957)年に発表された三島由紀夫の小説『美徳のよろめき』の影響もあったようです)

 

 

【喜美子と百合子の回想 おわり】

 

ぴったり一致した!

 

百合子は、忠信と陽子がもめていた理由が、マツの預けたへそくりが原因だと気づいたのです! 事情を知ったマツは、あわてます。

 

マツ「急いで謝りに行かんと!」

 

 

一生の仕事を見つけたいなら、“楽しめ”

 

 

喜美子と直子、百合子の3人は縁側でスイカを食べています。直子は、不安をもらします。やりたいことが見つからない状況で、はたして仕事を続けられるのか、と。

 

喜美子「ウチは信楽に帰ってから、やりたいこと見つけた」

百合子「絵付けの仕事、ずーっとやるの?」

 

喜美子「やる。ウチは一生の仕事を見つけたんや」

百合子「えーな。直ねえちゃんにも見つかるとえーな」

 

喜美子「楽しくない思うたら、見つからへんな」

直子「電化製品つくるだけやし・・・」

 

喜美子「誰かと出会おうて楽しくなるかもしれんし・・・

 

すると百合子は自分の鼻をつまんだり、スイカの種を直子の額に付けたりします。面白い顔をつくります。

 

百合子「こ~んな人や、こ~んな人がおるかもしれんで」

 

直子は大笑い。スイカの種を口に含んで、喜美子めがけて発射します。姉妹三人は笑い合います。

 

 

 

 

翌日。直子は、常治といっしょに東京へ向かいました。

 

 

 

ところ変わって、【丸熊陶業】の事務所。

 

照子の夫・敏春(本田 大輔)は、喜美子のデザイン画を採用したい、と考えていました。しかし、照子には権限がありません。

 

照子「ええと思うけど、お父ちゃん・・・社長が最終的に決めることやから」

敏春「オレに任せてくれる、言うてたのに。話が違うな」

 

 

同じころ。【丸熊陶業】に若い男たちがやってきます。いわば、新入社員です。この中に、喜美子の将来に深く関わることになる男性も、まじっていました。

 

                第46話へつづく。