映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分で『スカーレット』44話あらすじ!ゴキブリ以下を好きになる

すいか

Hamattiさんによる写真ACからの写真

 11月19日(火)放送の、朝ドラ『スカーレット』第44話のあらすじです。ネタバレも含みますので、お読みの際はご注意ください。

 

《前回・第43話までのあらすじ》

 フカ先生に弟子入りしてから2年。喜美子は、ようやく絵付師としてお給料をもらえるまでになります。

 

喜美子は、新しい火鉢のデザインに挑戦します。

 

喜美子はお父ちゃんの顔、【荒木荘】でお世話になった人々の顔を思い浮かべながら、デザインを考えるのでした。

 

第43話の、詳しいあらすじはこちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

 

『スカーレット』第44話あらすじ!11月19日(火)放送分

 

 

 

スルーされても、くじけるな!

 

 

喜美子は、考えたデザインを深野心仙 先生(通称:フカ先生) に見せます。ひし形の模様が並び、バックは茶系の色。それは、シックで抽象的なデザインでした。

 

フカ先生「はあ・・・お~っ・・・はあ・・・お~っ」

喜美子「ええんですか? あかんのですか? どっちやねん!

 

 

 

 

喜美子は、デザインを見せに【丸熊陶業】の事務所に向かいます。事務所の前で、信作(林 遣都)にばったり出会います。

 

町役場に就職した信作は観光課の担当になっており、今年の祭りの打ち合わせのためにやってきたのです。

 

事務所内には、熊谷秀男 社長や番頭の加山がいます。

 

信作「きのうお話した火祭り(ひまつり)の件ですが・・・」

 

信作は、秀男社長と話こみます。話そびれた喜美子が手持ちぶさたにしていると、加山が話しかけてきます。

 

加山「なんですか!」

喜美子「新しいデザインです。ウチが考えた・・・」

 

喜美子がデザイン画を渡すと、加山は見もせずにたたんで、机の上に置きます。それでも、喜美子はくじけません。

 

喜美子「また来年持ってきてもええですか? 今年がダメなら来年。来年がダメなら再来年・・・」

秀男 社長「まあ。持ってくるぶんには」

 

 

照子は、半年前に見合い結婚していた

 

 

喜美子が話していると、事務所の奥からこちらを見ている人物がいます。【丸熊陶業】の経理を担当する照子の夫、熊谷 敏春(本田 大輔)です。

 

照子が敏春と見合い結婚したのは、半年前。敏春は京都の老舗旅館の出で、大学で経理を学びました。照子の第一印象はサイアクで、

「あんな男と結婚するなら、ゴキブリのほうが100万倍マシやわ」

 と語っていたほどです。

 

 

 その照子も、事務所にやってきます。

 

 

 

第8週「心ゆれる夏」第44話ネタバレ

 

 ゴキブリ以下を好きになる

 

 

 照子「失礼します。いただいたおブドウおスイカ、いかがですか?」

 敏春「ありがとう。あなた達も食べていきはります?」

 

喜美子「いえ、失礼します」

 

 

 

 

 

事務所から出てきた喜美子と信作は、笑いをこらえきれません。あの照子が、あんな奥様らしい言葉遣いをするなんて!

 

遅れて、照子が事務所から出てきます。

 

照子「見たな~」

 

信作と喜美子は、あれだけ敏春を嫌っていた照子が、いまは妻らしくふるまっていることに驚きます。

 

信作「女心はわからんわ」

喜美子「ウチも女やけど、わからん」

 

照子「喜美子はまだ女やないやろ?

 

喜美子も言い返します。

 

喜美子「(見合い相手の敏春さんを)好きになったんやな」

照子「向こうは、な」

 

 

喜美子「好きになったんや」

照子「・・・好きになった。ああ見えて、二人でいるときは優しいんよ。陶芸のこともよく勉強してるし、『日本一の焼き物を作ろう』って夢を語ってくれる」

 

信作「なくなった照子のお兄ちゃんも、『【丸熊陶業】を継いで日本一になる』言うてたな」

 

 

フカ先生は、もう古い?

 

 

そのころ。事務所では、秀男社長と番頭の加山、敏春が話し合っていました。

 

敏春「これでは融資を受けられません」

社長「信金(=信用金庫)に頼めば、何とかなるんちゃうか?」

 

敏春「これからはそうはいきません。事業計画も作成しないと・・・」

 

ここで敏春は、思いがけないことを言い出します。

 

敏春「深野 心仙は、もう古いんちゃいますか?

社長「バカな。深野 心仙が古いなんてことあるか!」

 

絵付け師を変えるなんて、あり得ない!

 

社長と加山は、事務所から出てゆきます。ひとり残された敏春は、何気なく机を見ます。そこにあったのは、折りたたまれた喜美子のデザイン画。敏春はデザイン画を見て、目を見開きます。

 

 

 

さて、会社からの帰り道。信作と喜美子は、信作の自宅【大野商店】の前にやってきます。

 

信作「最近、おやじとおふくろが1週間に1回のペースで、大げんかしてんねん」

 

すると、店の中から忠信(マギー)がとび出てきます。竹ぼうきを持った陽子(財前直見)が追いかけてきます。

 

 

 

 

百合子「おじさん、やめて!」

 

なぜか、喜美子の妹・百合子まで出てきます。

 

喜美子「百合子、なんでいるの?」

 

                     第45話へつづく。