映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分で『スカーレット』34話あらすじ!大久保さんの嬉しい言葉

お茶漬け

ガイムさんによる写真ACからの写真


《第33話までのあらすじ》

喜美子は、川原家が借金まみれである事実を知ります。父・常治は高価な『オート三輪』を買ったあとに足を怪我、飲み屋のツケもたまっていたのです。

 

そんな折。喜美子は、地元・信楽の【丸熊 陶業】が、若い社員を募集していると知ります。

 

その夜。大阪の【荒木荘】に喜美子は戻ってきます。その顔は、覚悟を決めたような晴れ晴れした表情でした。

 

 第33話の、詳しいあらすじはこちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

『スカーレット』第34話あらすじ!11月7日(木)放送分・・・大久保さんの嬉しい言葉

 

 

 

 

 

喜美子「決めました。学校、あきらめます。お金は家の借金にまわして、ウチは信楽に帰らせてもらいます!

 

 

 喜美子は【荒木荘】の食堂で、さだと雄太郎、大久保さん(三林 京子)に決意を語ります。

 

喜美子「こっちへ向かう汽車の中で、【荒木荘】のこと、思い浮かべていました。あそこには鍋、あそこには布団・・・手に取るように、【荒木荘】のことが目に浮かんできます。

自分でも、『もう結構やったんちゃうか?』って、勝手に思いまして・・・すみません。大久保さんに認めてもらう前に・・・」

 

大久保「認めるかいな。家の仕事に終わりはないで!」

 

いつものように、大久保節さくれつ! と思いきや、大久保さんは意外な言葉をかけてくれます。

 

大久保「認める認めないで言うたら、あんた・・・『大久保さんが作ったご飯は、大久保さんやから作れたんだと思います』いうたけど、あのとき、もう認めてたわ

さだ「なんや。最初の日やんか!」

 

 関連:『スカーレット』15話あらすじ!懇願!自分でつかんだ仕事

 

 

 

 

喜美子は、次の人に引き継ぐまで【荒木荘】に留まるつもりでしたが、さだや大久保さんは早く信楽に戻るように背中を押してくれます。

 

すると、ずっと黙っていた雄太郎は、泣きながら2階へかけ上がってゆきます。すぐに戻ってきた雄太郎は、カツラを被って、ギターをかき鳴らします。

 

雄太郎「きみちゃん おらんでも かまへ~ん 寂しいけども~ かまへ~ん

きみちゃん おらんでも かまへ~ん さよなら 言うても かまへ~ん♪」

 

【荒木荘】の近くにいたノラ猫は、おかしな歌を聞いて、「うぎゃぎゃ~」と拒否反応を示します。

 

 

 

朝ドラ『スカーレット』第6週「自分で決めた道」34話・・・ちや子に届け!決意の手紙

 

 

喜美子には、ひとつ心残りがありました。ちや子(水野 美紀)に挨拶できなかったことです。

 

喜美子は、歌う喫茶【さえずり】で、姿を消す前のちや子について尋ねます。

 

雄太郎「新聞社、辞めたみたいやで。酔って帰ってきて、『辞めたった。やめたりました!』言うてた」

マスター「しばらく前に、『実家かえる』いうてた。その前にここに来て、やけ食いしてた」

 

ちや子は、何日も【荒木荘】に帰ってきていないようです。

 

雄太郎「きみちゃんのこと、言うとくよ」

喜美子「手紙・・・手紙、書きます」

 

喜美子は、ちや子にあてて、手紙を書きます。

 

 

 

 

 

喜美子は、雄太郎と二人で【荒木荘】に戻ります。

 

雄太郎「売れっ子の映画俳優になったら、きみちゃんのお父ちゃんにオート三輪、買うたる。きみちゃんも、欲しいものないんか?」

喜美子「ウチに? ほな、妹にテレビジョン買うて」

 

雄太郎「ほな、心機一転。(僕も)芸名、つけてみよか」

喜美子「ひらめいた! 信楽 太郎!」

 

雄太郎「それはあかん

(⇦ 即、却下!)

 

 

喜美子は、大阪の地をあとにします。結局、ちや子には会えずじまいでした。

 

 

 

数日後。

 

ちや子が、【荒木荘】の自分の部屋に戻ってきます。ちや子は、喜美子からの手紙をみつけます。次のような言葉がつづられていました。

 

喜美子(手紙の文面)「ちや子さん、わたしには、2つの道がありました。

1つは、【荒木荘】で働き、仕送りしながら学校に週3日、通う道。ジョージ富士川さんから新しい世界を教わって、好きな絵を描く・・・きっと楽しいやろな。

もう1つは、信楽に帰る道。こっちはどうなるか、想像がつかん。わからん道を歩き出すには、勇気がいります。でも、自分で決めました

 

 

ちや子は席を立って、自分でお茶漬け作ります。喜美子の手紙の言葉が、ちや子の心に響きます。

 

喜美子(手紙の文面)「ちや子さんに会いたかった。会社やめた、って聞きました。大丈夫やろか?

心配やけど、ウチにいろいろ教えてくれたちや子さんなら、大丈夫おもいます。

いつかまた、ちや子さんにお茶漬けを作ってあげたい。いつか、『この道えらんでよかった』、って笑い合える日がきますように。

今日にて、【荒木荘】を卒業させてもらいます。ちや子さん、ありがとうございました」

 

ちや子は、あふれる涙をおさえることができませんでした。

 

 

 

 

 

数日後の信楽。川原家。

 

 

お弁当箱をもった直子(桜庭 ななみ)が、玄関から飛び出してきます。

 

 

喜美子「直子! なんか(言い忘れて)ない?」

直子「・・・行ってきます」

 

喜美子「いってらっしゃい。気をつけてな」

 

そこには、吹っ切れたような表情の喜美子がいました。

 

喜美子「よっしゃ!」

 

                      第35話へつづく。