映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分で『スカーレット』19話あらすじ!不意打ち!大久保さんの優しさ

おにぎりとタクワン

dronepc55さんによる写真ACからの写真

 《第18話までのあらすじ》

 喜美子は、さだの会社が開催する下着ショーを見にゆくことになります。

 

その前に、ちや子の勤める新聞社に立ち寄った喜美子は、編集長たちの湯飲みを洗ってあげます。さらりと気配りのできる喜美子に、みんな好印象を抱きます。

 

そして下着ショーが終わり、歌える喫茶で喜美子がくつろいでいると・・・【荒木荘】の住人・雄太郎が、店内で歌っているではありませんか!

 

驚く喜美子に、ちや子がさらに驚きの情報をもたらします。

「きみちゃん、大変や。引き抜きや!」

 

第18話の、詳しいあらすじ&ネタバレはこちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

放送時間変更のお知らせ

 

明日10月22日()のスカーレットは、天皇陛下の「即位の礼」のため、放送時間が変更となります。

 

朝8:00 ⇨ 7:45

再放送12:45 ⇨12:30

 

 

 

 

 

 

 

『スカーレット』第19話あらすじ!10月21日(月)放送分・・・即決!ちや子の新聞社で働きたい!

 

 

ちや子(水野 美紀)の勤める新聞社の編集長たちが、喜美子(戸田 恵梨香)を雇いたい、と申し出たようです。

 

 

ちや子「大変や! 引き抜きや。お給料、いまの5倍出言うてたで!」

喜美子「決めました。ウチ、ちや子さんの新聞社で働かせてもらいます」

 

ちや子「こういう事は、よう考えて決めんと・・・」

喜美子「考えました、今」

 

湯飲みの汚れに気がついたり、机まわりを整理したり・・・喜美子のそういう気配りに、編集長たちは心を動かされたのです。

 

雄太郎「腕を買われたんちゃうか?」

喜美子「腕を? 買われた?(びっくりして、腕を守ろうとする)」

 

ちや子「あんたの普段やってたことが、認められたちゅうことや

 

喜美子はうれしくて、泣き出してしまいます。

 

話がひと段落すると、雄太郎(木本 武弘)は映画を見に行くため、喫茶店を出てゆきます。ちや子と喜美子は、雇用条件を検討してゆきます。

 

 

 

 

 

 

喜美子が【荒木荘】に戻ってくると、玄関には天敵の大久保さん(三林 京子)がいました。

 

大久保「ストッキングな。ちょっと縫い目の荒いのよけて、あんたの部屋に置いといたで。やり直しとき!」

喜美子「はい、わかりました。大久保さん、ご苦労さまでした。さようなら~

 

すっかり、女中を辞める気になっていた喜美子。明るく大久保さんを見送ります。

 

大久保「なんや。気色悪い」

 

 

 

 

19話あらすじ!第4週「一人前になるまでは」・・・不意打ち!大久保さんの優しさ

 

 

圭介「きみちゃん、ちょっといいかな?」

 

 喜美子が【荒木荘】の中に入ってゆくと、医学生の酒田 圭介(溝畑 順平)が話しかけてきます。圭介は、テーブルの上にある小皿を指さします。おにぎりタクワンがあります。

 

喜美子「圭介さんが(作ったんですか)?」

圭介「僕には無理や。大久保さんや。お腹すいたら食べろ、って。もろとけ」

 

思いがけない大久保さんの優しさ。喜美子は、言葉に詰まってしまいます。

 

 

 

 

 

数時間後。

 

喜美子は、【荒木荘】をやめようと思っていることを、圭介たちに打ち明けます。ちや子や雄太郎も、会話に加わります。

 

圭介「僕は反対や。新聞社いうたら、抜きつ抜かれつ、厳しい世界や」

ちや子「でも、会社はこっちの条件飲んでくれたで。お給料5倍だすって」

 

圭介「お金か。結局のところ、それか・・・

 

ちや子「きみちゃんは、実家に仕送りせなあかんのやで!」

喜美子「お金、大事です。大好きです、お金」

 

 

雄太郎「せやけど・・・」

ちや子「それ、きみちゃんのやで!

 

雄太郎は、大久保さんが喜美子のために作ったおにぎりを食べようとして、叱られます。

 

雄太郎「条件ええに越したことはないで。せやけど、職場が合う合わん、あるしな。慎重に考えたほうがええ」

 

 

 

そこで、次の日。

 

喜美子は、雄太郎に協力してもらうことにします。大久保さんのいる前で、雄太郎はお腹をおさえて苦しみだします。

 

雄太郎「痛い痛い! お腹が痛い!」

 

喜美子は雄太郎を病院に連れてゆくふりをして、【荒木荘】を抜け出します。

 

 

その数時間を利用して、ちや子の新聞社で試しに働かせてもらうのです。ここ【デイリー大阪】は、小さな新聞社です。

 

ちや子は、いろんな分野の仕事をこなしています。

 

 

 

 

そこへ、なにやら事件が起こったのと知らせが!

 

記者A「待てや、オラ!」

記者B「待て、あほんだら!」

 

社内の空気は、いっきに殺伐としたものに・・・のんびり屋の喜美子に、新聞社の雑用が務まるでしょうか?

 

                       第20話につづく。