映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

地上波放送!『スノーホワイト/氷の王国』あらすじと声優

f:id:entafukuzou:20191020075012j:plain

グリム童話『白雪姫』を原作とした映画『スノーホワイト/氷の王国』が、地上波テレビ放送されます。この作品は、シリーズ2作目となります。

 

この記事では、前作のストーリーを簡単にふり返りながら、スノーホワイト/氷の王国』のあらすじと吹き替え声優についてお伝えします。

 

 

 

地上波テレビ放送はノーカット?

 

 

 映画『スノーホワイト/氷の王国』の地上波放送は、2019年10月22日()、フジテレビ系列にて。

 

19:00 ~ 20:54

 

 めったに映画が放送されることのない曜日・時間帯ですので、要チェックです。

 

『スノーホワイト/氷の王国』の劇場上映時間は、113分。

 

これに対して、番組の放送枠は114分。CMなどの時間を差し引くと、映画本編の放送時間は100分前後でしょう。15分程度のカットが予想されます。

 

 

 

 

 

第1作・映画『スノーホワイト』の簡単なあらすじ

 

f:id:entafukuzou:20191020075319j:plain

 

 

 今回、地上波テレビ放送される『スノーホワイト/氷の王国』は、シリーズ第2作にあたります。ご覧になっていない方のために、前作のあらすじを簡単にふり返ります。

 

※ネタバレを避けたい方は、読み飛ばしてください。

 

 

 

悪い魔女が王国を支配、王女スノーホワイトは幽閉される

 

 

雪深い地方の、ある王国。国王マグナスと王妃エレノアには、ひとり娘・スノーホワイトがいます。活発な王女・スノーホワイトは、国中から愛されていました。

 

そんな彼女に悲劇がおとずれます。母・エレノアが病気でなくなり、“闇の軍隊”が王国に攻めてきたのです。マグナス王たちはこれを撃退し、捕虜となっていたラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)という女を助けます。

 

マグナスは美しいラヴェンナに夢中になり、新しい王妃にむかえます。ところが、ラヴェンナの正体は悪い魔女でした。

 

ラヴェンナはマグナスをなきものとすると、“闇の軍隊”をつかって国を支配、幼いスノーホワイトを塔に閉じ込めてしまいます。

 

 

猟師エリックや小人たちと、“闇の軍隊”に立ちむかえ!

 

 

数年後。

 

美しくたくましい女性に成長したスノーホワイト(クリステン・スチュワート)は塔から脱出し、“闇の森”へ逃げこみます。

 

そのころ。王国の支配者となったラヴェンナは、鏡の精に

この世でいちばん美しいのは、だれ?

と質問します。すると鏡は、

「スノーホワイトが、お前より美しく育っている。ただし、あの娘の心臓を手に入れれば、永遠の美しさと若さを得られるだろう」

と答えます。

 

ラヴェンナは森に詳しい猟師・エリック(クリス・ヘムズワース)に、スノーホワイトの捜索を命じます。連れてきたら、始末するつもりです。

 

スノーホワイトを捕まえたエリックですが、ラヴェンナの計画を知り、スノーホワイトの逃亡に手を貸すことに・・・

 

二人は、森で知り合った小人や妖精を仲間に加えます。そして、助けを求めるため、知り合いのハモンド侯爵の城へ向かいます。

 

しかし、ラヴェンナは侯爵の息子・ウィリアムに化けると、スノーホワイトに接近。彼女に毒リンゴを食べさせるのです。

 

全身に毒が回ったスノーホワイトは、なくなってしまいます。エリックは、泣きながら彼女の遺体にキスをします。すると! スノーホワトは復活します。

 

生き返った彼女は、ハモンド侯爵の部下たちを勇気づけ、“闇の軍隊”に立ち向かいます。そして、城内でスノーホワイトとラヴェンナの一対一へ。苦戦するスノーホワイトですが、最後は、ラヴェンナの心臓を短剣でひと突き!

 

悪しき魔女は倒れ、王国に平和が戻ったのでした。

 

 

 

続編なのに前日譚?『スノーホワイト/氷の王国』の時系列

 

本来は、1作目『スノーホワイト』の監督ルパート・サンダース、主演のクリステン・スチュワートが続投し、王女スノーホワイト(白雪姫)のその後の物語が語られるはずでした。

 

ところが、サンダースとスチュワートの不倫が発覚! すったもんだの末、二人とも降板してしまいます。

 

苦肉の策として、猟師エリックを主人公に、彼が白雪姫と出会う前のお話が描かれることになりました。これが、2作目『スノーホワイト/氷の王国』です。1作目で視覚効果を担当していたセドリック・ニコラス=トロイアンが、監督をつとめます。

 

ところが、できた映画の時系列は、さらにややこしいことになっています。

 

時系列上は、

『スノーホワイト/氷の王国』の冒頭26分 ⇨ 『スノーホワイト』 ⇨ 『スノーホワイト/氷の王国』の27分以降

 となります。

 (⇦ テレビ放送される際は、カットがあったりCMが入ったりしますので、時間は多少前後します)

 

 

 

2作目にもスノーホワイト(白雪姫)は一応でてきますが、精神を病んでいて、後ろ姿がちょっと映るだけです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

映画『スノーホワイト/氷の王国』のあらすじ【ネタバレなし】

 

 ハンターのエリック、恋人のサラを失う

 

 

スノーホワイト(白雪姫)が生まれるよりも、はるか前のこと。邪悪な魔女・ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)は魔法の鏡を手に入れ、次々と王国を支配し、勢力を拡大していました。

 

その側には、妹・フレイヤ(エミリー・ブラント)がいました。フレイヤは、結婚を誓い合っている男性との間に、赤ちゃんを授かります。

 

ところが、ある夜のこと。フレイヤの婚約相手は、赤ちゃんを手にかけてしまいます。絶望したフレイヤは、秘めていた魔力で、男を氷づけに。フレイヤは姉のもとを去り、緑の大地に氷の王国を作り上げるのです。

 

各国に攻め入っては子供たちをさらい、自分の兵士として訓練させます。その中に、のちにスノーホワイトを助けることになるエリックの姿がありました。

 

エリック(クリス・ヘムズワーズ)は、ともに訓練した女ハンター・サラ(ジェシカ・チャステイン)と恋仲になります。フレイヤの王国には、『人を愛してはならない』という掟がありましたが、二人はそれを破ってしまいます。

 

 

ある夜のこと。エリックとサラは国から脱出しようとしますが、フレイヤとその部下たちに見つかります。二人の仲は氷の壁に引き裂かれ、サラは兵士のひとりに背中を刺され、息絶えてしまいます。

 

逃げ出したエリックも追い詰められ、川に落とされてしまうのでした。

 

 

魔法の鏡を、フレイヤに渡すな!

 

 

ながいながい時が流れました。この間、スノーホワイト(白雪姫)は邪悪な魔女ラヴェンナと戦い、死闘の末にラヴェンナの王国を滅ぼしたのでした。エリックは八人の小人や妖精たちとともに、スノーホワイトを助けたのでした。

(⇦ これが、第1作で語られたエピソード)

 

 

それから、さらに7年。魔女ラヴェンナが生きている、という噂が国中に流れるようになります。王女スノーホワイトは、魔法の鏡を見つめているうちに、心の病気となってしまいます。

 

そこで、魔法の鏡をよそへ移そうとしますが、運搬中に行方がわからなくなってしまいます。ラヴェンナの妹・フレイヤが鏡を狙っていることを知ったエリックは、鏡を取り戻すべく旅に出ます。

 

2人のドワーフを仲間に加えたエリックでしたが、ある雨の降る夜に、氷の国の兵士たちに襲われます。エリックたちは、危ないところを黒いフードを被ったハンターに救われます。

 

そのハンターの正体は、死んだはずの恋人・サラでした・・・

 

 

『スノーホワイト/氷の王国』登場人物&吹き替え声優

 

 

白雪姫

おきさんによるイラストACからのイラスト

 

エリック・・・演:クリス・ヘムズワース/声:杉田 智和(すぎた ともかず)

 

氷の女王フレイヤのもとで訓練を受けた、ハンター。のちにスノーホワイトを助けることになる。

 

 

サラ・・・演:ジェシカ・チャステイン/声:朴 璐美(ぱく ろみ)

 

子どもの頃フレイヤにさらわれ、彼女の元で訓練を受けたハンター。氷の国の掟をやぶり、エリックと恋仲になるが、消息を絶ってしまう。

 

 

フレイヤ・・・演:エミリーブラント/声:水樹 奈々(みずき なな)

 

邪悪な魔女ラヴェンナの妹。結婚を誓い合っていた男性に裏切られたことから、家族や愛を信じられなくなってしまう。

 

緑の大地に氷の王国を作り上げ、よその国に攻め入っては領土を拡大。現地の子供をさらって、兵士に育てあげる。

 

 

ラヴェンナ・・・演:シャーリーズ・セロン/声:田中 敦子(たなか あつこ)

 

永遠の若さと美しさを求めつづける魔女。男に裏切られ続けた過去から、愛を信じられなくなり、各国を征服しては国王を手玉に取ってきた。

 

前作で、スノーホワイトに敗れ去ったが・・・

 

 

ニオン・・・演:ニック・フロスト/声:茶 風林(ちゃ ふうりん)

 

前作にも登場した小人。妖精の歌が苦手。

 

 

グリフ・・・演:ロブ・ブライドン/声:落合 弘治(おちあい こうじ)

 

ニオンと仲良しの小人。ひょんなことから、エリックと旅することに・・・

 

 

ブロムウィン・・・演:シェリダン・スミス/声:松本 梨香(まつもと りか)

 

ドワーフの女。エリックやニオンたちを、獣用のワナにかけて捕まえる。男勝りの性格。

 

 

ドリーナ・・・演:アレクサンドラ・ローチ/声:武田華(たけだ はな)

 

ドワーフの女。ブロムウィンの相棒。ニオンといい仲に・・・