映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分で『スカーレット』15話あらすじ!懇願!自分でつかんだ仕事

ふすま

《第14話までのあらすじ》 

 下宿屋で、女中として働くことになった喜美子。しかし、着いて早々、大きな失敗をしてしまいます。

 

教育係の元女中・のぶ子は、

「あんたには無理や。信楽へ帰り!」

 と、厳しい言葉をかけます。

 

実質クビ。喜美子は信楽に戻るため、荷造りすることに。ところが、カバンの中から母からの手紙が見つかります。両親や近所の人は、故郷で応援してくれています。

 

簡単にあきらめる訳にはいきません。

 

 第14話の、詳しいあらすじはこちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

 

『スカーレット』第15話あらすじ!10月16日(水)放送分・・・懇願!自分でつかみ取った仕事

 

 

 

 

 

 翌朝。女中の大久保 のぶ子(三林 京子)が、いつものように【荒木荘】にやってくると・・・元気よく挨拶してくる喜美子(戸田 恵梨香)の姿がありました。

 

喜美子「おはようございます。いただいたお金はお返しします。予定通り、ここで働かせてもらいたいんです。お願いします!」

 

 

【荒木荘】の持ち主のさだ(羽野 晶紀)、新聞記者のちや子(水野 美紀)、医学生の酒田 圭介(溝畑 順平)・・・。下宿屋の住人たちが、広間に集まってきます。

 

喜美子「大久保さんのことをず~っと考えていました。柔道なら、大久保さんはわたしの対戦相手です」

のぶ子「は?」

 

喜美子は、のぶ子に切々と訴えかけます。

 

喜美子「大久保さん、お子さんを4人育てられて、厳しい姑(しゅうとめ)さんを看取ってこられたんですよね? すごい事やと思います。

でも大久保さん、『家の仕事は誰にでもできる』って言いました。そやろか?」

のぶ子「?」

 

喜美子「昨晩、大久保さんのご飯、いただきました。おいしかったです。大久保さんやから作れたご飯やと思います。

ウチは、家事は誰にでもできる仕事だとは思いません。

いつか、『あんたにしかできん。参りました!』言わせてみたい。そう思いました。どうか雇ってください。戦わせてください。お願いします!」

 

 

 

 

のぶ子「戦う、って・・・子供相手にアホらし」

 

 のぶ子は、台所のほうへ向かいます。あ~。話を聞いてもらえなかった。喜美子が、そう思ったとき。圭介が、テーブルの上を示します。お茶くみの道具が出しっぱなしです。

 

のぶ子は、お茶を入れる仕事を喜美子に任せたのです。ここで女中として働くことを認めてくれたのです。

 

喜美子はあわてて台所へかけこみ、のぶ子にお礼を述べます。

 

喜美子「ありがとうございます。心をこめて働かせてもらいます」

 

 

 

15話あらすじ!第3週「ビバ!大阪新生活」・・・開かずのふすまの向こうにいたのは?

 

 

 洗面所では、ちや子と圭介が会話をしています。

 

圭介「ちや子さん。また朝まで仕事?」

ちや子「淀川で溺死体(できしたい)や。事故か事件か。30代か40代の男やて・・・」

 

 二人は、顔を見合わせます。実は、この【荒木荘】にはもう一人、住人がいました。田中 雄太郎(木本 武弘=TKO)という、元・市役所の職員です。雄太郎は、ふだんは部屋にこもっています。

 

川でおぼれてなくなったのは、雄太郎かもしれません。

 

ちや子「雄太郎さ~ん。おるの? おらんの?」

 

ちや子と圭介は雄太郎が心配になって、開かずのふすまに声をかけます。事情を知った喜美子も呼びかけます。

 

喜美子「田中さ~ん。雄太郎さん。いらしたら、出てきてください」

男「おはようございます。兄さん、呼んではる」

 

喜美子「!? 弟さん、いはったんですか?」

男「うっす。うぃ~っす。雄太郎! お前、呼んどるぞ!」

 

またも中に呼びかける男。部屋の中には、何人いるのでしょうか? すると、カツラをふたつ持った雄太郎が現れます。ひとりで3人いるフリをしていたのです。かなりの変人です。しかし、喜美子は・・・

 

喜美子「あははは。おかし~

 

 

 

 

翌日から、喜美子の女中としての仕事が、本格的に始まります。朝は4時半起き。まずは、表と廊下のはき掃除です。

 

【荒木荘】の住人たちは、起きる時間も食事の時間も、みなバラバラです。彼らの時間と好みに合わせて、食事を作らねばなりません。

 

買い物やご用聞きの応対も、女中の仕事。じぶんのご飯は、空いた時間に済ませます。覚えること、考えることでいっぱいの日々。自分の時間はほとんど持てません。

 

 

 

 

それでも喜美子は、家族あての手紙を次のような言葉でしめます。

 

喜美子(手紙)「お母ちゃん、楽しいで~

 

 

                     第16話へつづく。