映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

使いにくい?「Amazonプライムビデオ」の効率的な検索方法

月額500円で、映画やドラマを楽しめる動画配信サービス『Amazon プライムビデオ』。コンテンツがたくさんありすぎて、見たい映画を探しづらい、とお感じの方もいるのではないでしょうか?

 

この記事では、使いづらいと評判の『Amazon プライムビデオ』の効率的な検索方法についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

 

 

使いにくい?『プライムビデオ』のオーソドックスな検索方法

 

 まず、一般的な映画の探し方です。

 

f:id:entafukuzou:20191006022541j:plain

 

 

『Amazon プライムビデオ』のホーム画面から、何も入力しない状態で、検索窓の右側にある虫眼鏡🔎をクリックします。

 

すると、画面の左側に、サブメニューが出てきます。

・カスタマーレビュー・・・★いくつ以上か?(★★★★★が満点)

作品のジャンル

・視聴方法(プライム会員特典/チャンネル/レンタル・購入)

・画質(高画質/4K)

・吹替・字幕選択

・公開された年代(2010年代/2000年代/1990年代など)

・コンテンツの種類(映画/TV番組/教育/ミュージックビデオなど)

 

 

基本的には、まずジャンルで絞りこみ、そこからさらに年代や吹替/字幕選択など、項目を追加でチェックしてゆきます。

 

f:id:entafukuzou:20191006035136j:plain

 

 ただ、絞りこむ選択肢が多すぎます。これだと、目的の作品にたどり着くまで、かなり時間がかかってしまいます。

 

 

 

『プライムビデオ』の効率的な検索方法

 

 検索窓に直接、ジャンルを入力する

 

たとえば、外国のコメディ映画をみたいとします。そんなときは、画面上部の検索窓に、【 コメディ 洋画 】のように直接入力します。

 

 

f:id:entafukuzou:20191006040242j:plain



 

すると、外国のコメディ映画がズラ~っと表示されます。

 

 

f:id:entafukuzou:20191006030550j:plain

 

この検索機能、必ずしも完璧ではありません。邦画であるはずの『サバイバルファミリー』が表示されたりします。

 

それでも、画面左の検索メニューから絞りこむよりは、はるかに作品を探しやすくなります。

 

 

検索窓に、俳優や監督名を入力する

 

 

意外と知られていないのですが、検索窓に出演俳優や監督の名前を入力しても、作品を絞りこむことができます。

 

f:id:entafukuzou:20191006041106j:plain



 

【 トム・クルーズ 】、【 スティーヴン・スピルバーグ 】のように、俳優や監督の名前を直接入力してみましょう。関連作がズラリと表示されます。

 

また、マニアックな使い方ですが、【 渡辺あや 】【 宮藤官九郎 】のように脚本家の名前を入力しても、関連作を絞りこむことができます。ただ、そこまで正確ではなく、脚本家の代表作と似たようなジャンルの作品が表示されたりもします。

 

 

作品名・タイトル名で検索するときは、正確な表記が必要!

 

 

見たい作品がピンポイントで決まっているときは、そのタイトル名を検索窓に入力します。

 

ただし、なるべく正確なタイトル名で検索したほうがよいです。というのも、『プライムビデオ』の検索機能はそれほど賢くはありません。

 

 

たとえば、コメディ映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』を見たいとします。

 

まちがって、検索窓に【 半句オーバー 】と入力してしまいました。

 

 

f:id:entafukuzou:20191006034040j:plain

 

 

画面には、まったく見当違いの動画コンテンツが表示されてしまいました。

 

グーグル検索なら、入力ミスしたときでも、こちらの意図を汲んでくれる時があります。誤変換からでも推測して、『ハングオーバー!』を導き出してくれるのです。

 

しかし、『プライムビデオ』検索はそうはいきません。

 

 

f:id:entafukuzou:20191006042118j:plain

 

 

タイトル名の『ハングオーバー!』を正しく入力。無事、みたい作品が見つかりました。

 

今回は、副題(=サブタイトル)なしでもたどり着けましたが、場合によっては副題までつけないと探し出せないこともあります。

 

その時は、グーグルやヤフーでタイトル名を検索。ウィキペディアなどで、副題を含む正確な表記を調べます。そのタイトルをコピペして、『Amazon プライムビデオ』の検索窓に入力します。

 

手間がかかりますが、これで求める作品が見つかるはずです。