映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分で『スカーレット』6話あらすじ!照子と墓地でいけないことを・・・

墓地

くろてんさんによる写真ACからの写真

 《第5話までのあらすじ》

 喜美子は、自分で紙芝居を作ります。見事な絵のできに、草間はホメてくれます。ところが、父・常治は「ただのラクガキや」とけなしてしまいます。

 

喜美子は、照子と信作に勉強を教えてもらい、少しずつ読み書きもできるようになってきます。

 

そんなある日の夕方。草間は喜美子に手紙を残して、信楽(しがらき)を去ってしまうのでした。

 

第5話の、詳しいあらすじはこちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

『スカーレット』第6話あらすじ!10月5日(土)放送分・・・借金取りが常治にせまる!

 

 

昭和22年(1947年)冬。川原家に、電気がつくようになります。さらにできたのが、お風呂です。マキでお風を沸かすのが、喜美子(川島 夕空)の役目でした。喜美子は失敗をくり返しながら、火の調節が上手になってゆきます。

 

 

 

 

 

ある日のこと。喜美子の父・常治(北村 一輝)は、【丸熊 陶業】の社長に呼ばれ、出かけてゆきます。

 

その道の途中、常治は借金とりらしい二人の男と出会います。

 

借金取りA「おたく、川原さん? 川原 常治いうヤツ、探してきたんだけど・・・」

常治「むこうの琵琶湖のほうに行きましたよ

 

相手が自分の顔を知らないのをいいことに、常治はごまかします。

 

 

いっぽう。小学校でのこと。読み書きの上達した喜美子は、先生にホメられます。勉強を教えてくれた照子(横溝 菜帆)は、恩着せがましく話しかけてきます。

 

照子「勉強できるようになったのは、誰のおかげ?

喜美子「何してほしいの?」

 

 

喜美子は、照子から信作(中村 謙心)に手紙を渡すように頼まれます。信作はこの日、学校を休んでいました。喜美子は、【大野 雑貨店】まで手紙を届けに行きます。

 

信作の母・陽子(財前 直見)は驚きつつも、うれしそう。

 

陽子「これ、って恋文? 自分の子が好かれるなんて、悪い気せえへん」

 

照子が信作にあてた手紙には、『 墓地で待ってます 照子』と書かれていました。

 

 

 

 

 

6話あらすじ!第1週「はじめまして信楽(しがらき)」・・・照子と墓地でいけないことを・・・

 

 

 信作は、喜美子に本心を打ち明けます。

 

信作「ほんま言うと、(照子からアプローチされるのは)しんどいねん。もうやめて言うてほしい」

喜美子「自分で言え、自分で!

 

 

喜美子は、信作が来られないと告げます。それでも、照子は前向きです。物事を良いほうに考えます。

 

照子「薄々わかってた。窯元(かまもと)の娘と雑貨店の息子じゃ、身分が違いすぎるもんね」

 

喜美子は仕方なく、信作の代わりに墓地までついてゆきます。照子の目的は、なくなった兄のお墓参りでした。

 

照子「兄ちゃんは、学徒なんとか、ってのに呼ばれて帰ってけえへんようになった」

(⇦ 学徒出陣のこと。戦争末期、兵力不足を補うため、学生たちも戦争にかりだされました)

 

照子は、兄のお墓の前で手を合わせます。喜美子も、隣りで手を合わせます。

 

照子の兄は、出征前、女の子と墓地で二人きりで会っていたようです。照子は、女の子といけないことをしている兄の姿を、のぞき見してしまったのです。

 

照子「兄は、こんな感じでいけないことをしてたの

 

照子は、なんと喜美子にキスします。本当は、信作とこれをしたかったようです。身代わりとなった喜美子は、ビックリしてしまいます。

(⇦ でも、ちょっと嬉しそう!!)

 

 

 

 

照子「楽しかったな。楽しかった。お友だちになってあげてもええよ」

 

 

 

さて。喜美子が帰ってくると、家にふたりの男がいます。例の借金取りです。喜美子も、ただならぬ相手だということは感じていました。

 

「どうしよう」

 

喜美子はふるえながら、知恵をしぼっていました。

 

                          第7話へつづく。