映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』155話ネタバレ!みんなで牛を助けろ!覚醒する泰樹じいちゃん

f:id:entafukuzou:20190927093830j:plain

yagitokiさんによる写真ACからの写真

《第154話までのあらすじ》 

 なつや千遥たちは、【柴田牧場】に到着。泰樹じいちゃんとの再会を喜びますが、年のせいか、じいちゃんは言葉少なでした。

 

それでもなつは、【雪月】のとよばあさんから、じいちゃんが『大草原の少女 ソラ』を見て喜んでいたことを伝え聞きます。

 

その日の夕方。大雨が降りだします。

 

第154話の、詳しいあらすじ&ネタバレはこちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

 

 

『なつぞら』第155話あらすじ!9月27日(金)放送分・・・覚醒する泰樹じいちゃん

 

 

 照男と剛生は古い牛舎を建て直し、パイプラン ミルカーを導入する計画について、話し合っていました。

 

(⇦ ミルカーとは、牛の乳をしぼる機器のことです。パイプラン ミルカーは、しぼった生乳をパイプを通して生乳処理室まで送る設備です。電気で作動します)

 

 

なつ「じいちゃんは知ってたの? 牛舎を建て直すってこと・・・」

泰樹「好きにすればいい。これは、照男の開拓だ

 

 

その晩のこと。みんなは就寝中です。夕方から降っていた雨は、嵐となっていました。ふと目が覚めた泰樹じいちゃんは、電気をつけようとします。しかし、明かりは付きません。停電です

 

電気が止まったら、早朝のさく乳が難しくなります。明るくなる昼頃まで、乳しぼりができなくなるかもしれません。牛乳を冷やすパルククーラーも使えなくなります。照男は楽観的ですが、なつは心配します。

 

なつ「昼までさく乳をしなかったことある?」

泰樹「決まった時間にしぼるから、牛はわしらを信用して乳を出してくれる。牛を助けてやらんといかん。行け、照男!

 

照男は機器のようすを見に、走ってゆきます。泰樹じいちゃんやなつは、懐中電灯をもって牛舎に向かいます。

 

泰樹「なつ、ついてこい!」

 

 さっきまで口数が少なかった泰樹じいちゃんとは、思えません。的確に指示を出し、きびきびと動きます。じいちゃんを動かしているのは、牛飼いとしての本能なのかもしれません。

 

 

 

155話ネタバレ!第26週(最終)「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」・・・泰樹の名言「大事なことは、牛と生きること」

 

 

悠吉おじさんも牛舎にかけつけます。さく乳のできない夕美子やいっきゅうさんも、手伝いにきました。いっきゅうさんは生乳をバケツで運び、夕美子には富士子が乳のしぼり方を教えてあげます。

 

 

照男「母さん! アイスクリーム屋を壊していいか?」

 

照男は、古い牛舎にあったアイスクリーム用の冷凍設備で、生乳を冷やすつもりです。いっぽう、夕美子はすぐにコツをつかみ、牛の乳をしぼってみせます。

 

夕美子「なんだ。わたしにも才能あったんだ!

 

 

なつも、泰樹じいちゃんのすぐ後ろでさく乳します。柴田家みんなが協力して、自分のできることをやります。

 

おかげで、牛はみんな無事でした。泰樹は、牧場主として奮闘した照男をねぎらいます。

 

 

泰樹「よくやってくれた」

照男「俺なんか、まだまだ・・・」

 

泰樹「そんなことはない。よくやった。いちばん大事なことは、働くことでも稼ぐことでもない。牛と生きることだ!

 

雲のすき間からは、やわらかな朝日が差しこんでいました。

 

 

 

 

 

翌日。なつとじいちゃんは、天陽くんの畑を見にゆきます。天陽くんの妻・靖枝と子供たちは、倒れていた作物を引き抜いています。

 

ジャガイモは売り物にならなそうですが、デンプン用としてなら買い取ってもらえそうです。最悪の事態はさけられました。

 

泰樹「天陽が守ってくれたんだ

 

靖枝は、うなずきます。靖枝は、なつにもお礼を言います。

 

靖枝「ありがとう、なつさん・・・『なっちゃん』って呼んでもいいかい?」

なつ「当たり前だべさ。やっちゃん!」

 

                     第156話(最終回)へつづく。