映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』154話ネタバレ!じいちゃん,ただいま!

f:id:entafukuzou:20190926090335j:plain

ATOHSさんによる写真ACからの写真

 《第153話までのあらすじ》

 アニメ『大草原の少女 ソラ』は、惜しまれつつ終了。【マコ・プロダクション】ではお疲れ会が開かれ、スポンサー企業【ミルコス】の社長もかけつけます。

 

それから、数週間後。

 

夏休みをとったなつは、千遥たちと一緒に十勝へやってきます。じいちゃんが元気なうちに、急げ、なつ!!

 

第153話の、詳しいあらすじ&ネタバレはこちら! 

www.entafukuzou.com

 

 

 

 

『なつぞら』第154話あらすじ!9月26日(木)放送分・・・泰樹じいちゃん、ただいま!

 

なつと千遥、いっきゅうさん、優と千夏は、【柴田牧場】の牛舎に到着します。中では、泰樹じいちゃんが待っていました。

 

なつ「じいちゃん、千遥だよ」

 

なつは、泰樹じいちゃんと千遥を引き合わせます。泰樹じいちゃんは、黙ったまま千遥を抱きしめます。

 

なつ「じいちゃん、ただいま!」

泰樹「おかえり・・・千遥もお帰り

 

千遥「ただいま」

 

年を取ったせいでしょうか? 泰樹じいちゃんは、とても言葉少なです。

 

 

牛舎では、優と千夏が、搾乳(さくにゅう=乳しぼり)を教わっています。

 

いっきゅう「僕もやってみたい」

なつ「いっきゅうさんは、やめたほうがいいと思う

 

 

 

その日の夕方。なつや千遥、いっきゅうさんたちは、柴田家のみんなと晩ご飯を食べます。

 

なつ「じいちゃん。いっきゅうさんと私のテレビ、見てくれた?」

泰樹「うん・・・うん・・・ちょっと疲れた。先に休む」

 

じいちゃんは、会話の途中で席を立ってしまいます。やはり、疲れがたまりやすくなっているようです。

 

 

 

 

154話ネタバレ!第26週(最終)「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」・・・生きててくれてありがとう、千遥!

 

 

 その日の夜遅く。なつと千遥、優と千夏は、4人で枕を並べて寝ます。すでに、子供ふたりは眠っています。なつと千遥は、眠る優と千夏をみて、昔の自分たちを思い出していました。

 

なつ「よく生きたね」

千遥「育ててくれて、ありがとう」

 

なつ「千遥がいたから、生きてこられたのよ」

千遥「わたし、浮浪児(ふろうじ)でよかったと思ってる。今まで出会えた人がいるから。元気でいてくれて、ありがとう、お姉ちゃん!

 

なつ「こちらこそ。生きててくれてありがとう、千遥!

 

 

 

 

翌日。なつといっきゅうさんは、帯広のお菓子屋さん【雪月】へ足を運びます。雪次郎は、ふたりに感謝しきり。『大草原の少女 ソラ』の効果で、売り上げが大幅にアップしたからです。

 

雪之助も店の中から出てきて、なつに感謝します。

 

雪之助「この店が繁盛するってことは、天陽くんの包装紙も全国に広まる、ってことだな」

なつ「あの絵は、ソラの原点なんです

 

雪之助「やっぱりそうか。天陽くんも、嬉しいだろうな」

 

 

 

さて、その日の夕方。

 

なつといっきゅうさんは、柴田家の居間に戻ってきます。居間では、照男と剛生が、新しく建て替える牛舎について話し合っていました。

 

外では、激しい雨が降っています。空には、雷も発生しています。泰樹じいちゃんは、じっと外を見つめています。嵐がきそうです。

 

                    第155話へつづく。